若手研究者学長表彰制度による学長表彰式を挙行しました

トップ記事若手研究者学長表彰制度による学長表彰式を挙行しました

 12月11日、若手研究者学長表彰制度による学長表彰式を挙行しました。
 平成18年度から実施している本表彰制度は、若手研究者の研究能力の向上を図るとともに、若手研究者が自立して研究できる環境の整備を促進することを目的とし、40歳未満の特に優れた若手研究者を表彰し、賞状及び研究支援費を授与するものです。15回目となる今年度は学内部局長等から17名の推薦があり、研究業績、将来性を総合的に評価した結果、5名を表彰し、受賞者には学長から賞状と研究支援経費として100万円の支給目録を手渡されました。
 式後には、学長、理事、副学長、部局長と受賞者が懇談し、受賞者から自己紹介及び研究の現状についてのプレゼンテーションがあり、研究環境の支援の必要性等に関して意見が交わされました。

■ 表彰を受けられた研究者の方々
和田 佳三 特任講師 (大学院医歯薬学研究部・医学域)
 【健常膝関節の動きを再現した人工膝関節置換術の開発】
上番増 喬 特任助教 (大学院医歯薬学研究部・医学域)
 【食事からの栄養素摂取が不足した際の腸内細菌叢の役割の解析】
常松 貴明 助教 (大学院医歯薬学研究部・歯学域)
 【口腔腫瘍の発生・進展の分子機構の解明】
猪熊 翼 助教 (大学院医歯薬学研究部・薬学域)
 【新薬候補物質の創出を指向した多様な側鎖構造を持つアミノ酸およびペプチドの新規合成法開発】
岸川 博紀 准教授 (大学院社会産業理工学研究部・理工学域)
 【光渦(ひかりうず)を用いた光無線通信における大気乱流の影響補償】

hyosho.jpg
野地学長(前列中央)と受賞者(前列右から岸川、猪熊、常松、上番増、和田)

kondan.jpg
学長、理事、副学長、部局長との懇談会

 

カテゴリー

お問い合わせ

徳島大学 研究・産学連携部

閲覧履歴