食事からの栄養素摂取が不足した際の腸内細菌叢の役割の解析

トップ記事食事からの栄養素摂取が不足した際の腸内細菌叢の役割の解析

令和2年度 若手研究者学長表彰 研究成果報告

 

報告者

徳島大学大学院医歯薬学研究部 特任助教  上番増 喬

研究タイトル

食事からの栄養素摂取が不足した際の腸内細菌叢の役割の解析

研究経緯等
 

 徳島大学医歯薬学研究部予防環境栄養学分野のグループは、食事からの栄養素が欠乏した際に、腸内細菌叢がどのような働きを有しているのかについて、ビタミンB群の欠乏をモデルに検証を行いました。その結果、食事からのビタミンB2が欠乏した際に腸内細菌叢が宿主のビタミンB2欠乏が生じないように働いていることを明らかにしました。また、抗生物質により腸内細菌叢を破綻させるとこの作用が失われ、より早期からビタミンB2欠乏が生じました。これらの研究結果は、英文学術誌Nutrientsにオンライン掲載されました(Nutrients. 2020 Mar 11;12(3):736. doi: 10.3390/nu12030736.)。
 

研究概要

栄養状態を正しく評価することは、適切な栄養補給を行うこと、疾病発症の予防や治療効果の最大化にとって重要です。本研究では、腸管内に存在する細菌群(腸内細菌叢)が栄養素欠乏へどのような役割を有しているかについて、ビタミンB群欠乏をモデルに研究を行いました。その結果、正常な細菌叢を有するマウスに比べて、抗生物質により細菌叢を破綻させたマウスでは、ビタミンB2欠乏食摂取後早期からビタミンB2欠乏が生じることがわかりました。

zu.png

 
今後の展望(研究者からのコメント)

この研究成果は、腸内細菌叢が宿主の栄養素摂取不足に対する防御機構として機能していることを示しており、腸内環境を適正に整えることで、短期的な栄養素摂取不足に対する抵抗力を高めることができると考えられます。また、今後の研究の進展により、腸内細菌叢が宿主の栄養状態に及ぼす影響を詳細に明らかにすることで、新しい栄養不良の予防法の確立や、栄養不良の早期発見を可能にする判定指標確立等に繋がることも期待できます。

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

徳島大学 研究・産学連携部

閲覧履歴