口腔腫瘍の発生・進展の分子機構の解明

トップ記事口腔腫瘍の発生・進展の分子機構の解明

令和2年度 若手研究者学長表彰 研究成果報告

 

報告者

徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔分子病態学分野 助教  常松 貴明

研究タイトル

口腔腫瘍の発生・進展の分子機構の解明

研究経緯等
 

【研究グループ】

徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔分子病態学分野 助教  常松 貴明
徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔分子病態学分野 教授  石丸 直澄
徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔生命科学分野 教授  工藤 保誠
徳島大学大学院医歯薬学研究部口腔分子病態学分野 准教授  新垣 理恵子

【学術誌等への掲載状況】

  1. Tsunematsu T, Arakaki R, Kawai H, Ruppert J, Yamada A, Tsuneyama K, Ishimaru N, Earnshaw WC, Pagano M, Kudo Y. APC/C-Cdh1 is required for the termination of Chromosome Passenger Complex activity upon mitotic exit. J Cell Sci,. 2020. 133:jcs251314.
  2. Utaijaratrasmi P, Vaeteewoottacham K, Tsunematsu T, Jamjantra P, Wongkham S, Pairojkul C, Khuntikeo N, Ishimaru N, Sirivatanauksorn Y, Pongpaibul A, Thuwajit P, Thuwajit C, Kudo Y. he microRNA-15a-PAI-2 axis in cholangiocarcinoma-associated fibroblast promotes migration of cancer cells. Mol Cancer. 2018. 17(1):10
  3. Kujiraoka S, Tsunematsu T, Sato Y, Yoshida m, Ishikawa A, Tohyama R, Tanaka M, Kobayashi Y, Kondo T, Ushio A, Otsuka K, Kurosawa M, Saito M, Yamada A, Arakaki R, Nagai H, Nikai H, Takeuchi K, Nagao T, Miyamoto Y, Ishimaru N, Kudo Y. Establishment and characterization of a clear cell odontogenic carcinoma cell line with EWSR1-ATF1 fusion gene. Oral Oncol. 2017. 69:46-55
  4. Tsunematsu T, Fujiwara N, Yoshida M, Takayama Y, Kujiraoka S, Qi G, Kitagawa M, Kondo T, Yamada A, Arakaki R, Miyauchi M, Ogawa I, Abiko Y, Nikawa H, Murakami S, Takata T, Ishimaru N, Kudo Y. Human odontogenic epithelial cells derived from epithelial rests of Malasses stem cell properties. Lab Invest. 2016. 96(10):1063-75.
  5. Obayashi M, Yoshida M, Tsunematsu T, Ogawa I, Sasahira T, Kuniyasu H, Imoto I, Abiko Y, Xu D, Fukunaga S, Tahara H, Kudo Y, Nagao T, Takata T. MicroRNA-203 Suppresses Invasion and Epithelial-mesenchymal Transition Induction via Targeting NUAK1 and SNAI2 in Head and Neck Cancer. Oncotarget. 2016. 7(7):8223-8239
  6. Kondo T, Tsunematsu T, Yamada A, Arakaki R, Saito M, Otsuka K, Kujiraoka S, Ushio A, Kurosawa M, Kudo Y, Ishimaru N. Acceleration of Tumor Growth due to Dysfunction in M1 Macrophages amd Enhanced Angiogenesis in an Animal Model of Autoimmune Disease. Lab Invest. 2016. 96(4):468-480
  7. Tsunematsu T, Arakaki R, Yamada A, Ishimaru N, Kudo Y. The non-canonical role of Aurora-A in DNA replication. Front Oncol. 2015. 5:187.
  8.  Tsunematsu T, Takihara Y, Ishimaru N, Pagano M, Takata T, Kudo Y. Aurora-A controls pre-replicative complex assembly and DNA replication by stabilizing geminin in mitosis. Nat Commun. 2013. 4:1885.
研究概要

世界で6番目に多いがんである頭頸部がんは、超高齢化社会を迎える我が国では今後益々増加することが予測されます。加えて、発生部位の特性から摂食・嚥下といった機能的損失、併せて審美的損失を引き起こし、がん患者のQOL低下が著しいことが特徴の一つです。従って、世界的に効果的な診断・治療法の開発は早急に解決されるべき重要な課題と考えられます。しかし、頭頸部がんに関する研究は肺がん、乳がんや大腸がんなどといった他臓器のがんと比較して、有用な分子標的薬の開発や分子診断法の確立が遅れているのが現状です。
 本研究グループでは、この問題を解決するために、口腔腫瘍の発生・進展の分子機構の解明を目指して、以下の視点で研究に取り組んできました。①がんの必須の異常の一つとされる細胞周期の異常に着目して、その重要な制御機構であるタンパク質のユビキチン化を介した分解の詳細を明らかにしてきました。②がん患者予後を決める重要な因子であるがんの浸潤・転移機構に着目して、その重要な制御機構である上皮間葉転換(Epithelial Mesenchymal Transition: EMT)の分子機構を明らかにしてきました。③頭頸部特有の希少ながんの診断や治療法の開発は研究材料が限られていることもあり、困難です。そこで我々は実際の患者がん組織を用いて細胞株を樹立し、その性質を明らかにすることで、希少ながんの病態の理解を進めています。

 

gankenkyu.png

 
今後の展望(研究者からのコメント)

日々患者さんの病気を顕微鏡で診断する病理医の視点から病気の原因や発生機序を解明し、頭頸部がんを含めたがん研究の発展に貢献していきたいと考えています。今後はこれまでの研究をさらに発展させていくとともに、視点を変えて“がん”を理解できるよう新しいことにチャレンジしていきたいと考えています。

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

徳島大学 研究・産学連携部

閲覧履歴