栄養生命科学教育部

 

 

大学院栄養生命科学教育部は、人間栄養科学専攻の大学院で、博士前期課程(2年)を修了すれば修士、さらに博士後期課程(3年)を修了すれば、博士の学位が与えられます。

この教育部は基幹講座の人間栄養科学講座(分子栄養学、生体栄養学、食品機能学、代謝栄養学、予防環境栄養学、臨床食管理学、実践栄養学、疾患治療栄養学)の8分野と連携講座(素材応用学、機能設計生産学、治療栄養学研究、宇宙栄養学、栄養化学)の5分野で構成されています。

栄養生命科学教育部に入学後は、これらのいずれかの研究室(分野)でそれぞれの分野の研究課題に取り組んで研究することとなります。

栄養生命科学教育部では、医学・歯学・薬学ならびに食品素材の応用開発研究を担当する国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、公益財団法人東京都医学総合研究所と連携し、栄養学教育研究センターとして人材を育成するとともに、研究成果を通じた社会貢献により栄養学の発展に寄与するとともに、総合医療技術と高度な専門知識を有する職業人として医療機関や地域社会・産業分野で活躍できる人材の育成を担っております。

さらに、世界各国からの留学生や研究者の往来も盛んに行われ、栄養学の分野では一つの国際的研究センターとしてさらなる発展を続けています。

専攻

人間栄養科学専攻

教育内容

教育研究者総覧の栄養生命科学教育部のページへリンクしています。(別ウインドウで開きます。)

シラバス(授業概要)ページへリンクしています。

 

最終更新日:2016年4月1日