学長室

学長メッセージ

野地学長

徳島大学は、2019年に創立70周年を迎えます。 地域から世界の課題を解決する大学として、さらに飛躍するために、 教育・研究・社会貢献を一層強化する計画です。

徳島大学大学院では、高度な教育・研究を行っており、特に生命科学に関連した分野では、病気に関わることから、植物に関わること、ロボットなどに関わることまで、世界トップクラスの教育・研究を行い、世界の人々が豊かに、安心・安全に生きることに貢献していきたいと、様々な活動を展開しています。

大学院は、7教育部(総合科学教育部、 医科学教育部、 口腔科学教育部、 薬科学教育部、 栄養生命科学教育部、 保健科学教育部、 先端技術科学教育部)と2研究部(社会産業理工学研究部、 医歯薬学研究部)から構成されており、 教育組織である教育部と教員組織である研究部が分離され、 教育・研究の時代変化に柔軟に対応できる構成となっています。 学部は、 6学部(総合科学部、医学部、歯学部、薬学部、理工学部、生物資源産業学部)により構成されています。さらに、世界最先端の生命系研究をリードする先端酵素学研究所、光で世界を救うイノベーションを起こす研究をリードするポストLEDフォトニクス研究所、 最先端の医療をリードする大学病院、スタートアップを組織的に産み出す産業院があります。 理系の学部がほとんどであり、文系の学部は総合科学部のみです。

この構成が徳島大学の特徴であり、これまで多くの優秀な人材を育成してきました。その一人は、大学院工学研究科修士課程を修了し、 2014年のノーベル物理学賞受賞者となった中村修二教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校 (UCSB) 材料物性工学科)です。 医歯薬学系では、文化功労者として顕彰された田中啓二所長(東京都医学総合研究所)です。 他にも多くの卒業生が多方面で活躍しています。

徳島大学では、全学一体となって教育・研究に取り組むために、研究クラスターや教育クラスターと名付けた協働体制を構築しています。また、新たな外部資金を獲得するために、「クラウドファンディング」やイノベーションのタネを育成する「クラウドソーシング」などにも取り組んでいますので、 是非、 徳島大学の取り組みにご参加ください。今後とも、教職員、学生をご支援いただくとともに、忌憚のないご意見などお寄せいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。


徳島大学長 野地 澄晴
学長プロフィール

式辞・告辞

 

 

最終更新日:2018年10月25日