徳島大学基本方針

<基本方針>

【教育】

  1. 幅広い教養と汎用的技能を身につけ、個の感性を尊重した主体的な行動をとり、人類や地球社会の普遍的な価値のために奉仕する人材の育成を行う。
  2. 専門知識と技術を身につけ、自律して社会の諸問題に立ち向かい、リーダーシップをもって、課題解決にあたることができる進取の気風を身につけた人材の育成を行う。
  3. 高度な専門知識・最先端技術を修得するとともに、広範な応用力、深い洞察力、豊かな創造力を身につけ、国際的・学際的に展開できる人材の育成を行う。
  4. 学生の学修成果の把握と教育評価を基礎とした教育の質保証を行う。

【研究】

  1. 本学の個性、強みを活かし、生命科学、理工科学及び地域科学の研究分野をさらに強化する。
  2. 独創的な学際融合分野の研究を推進するため、国内連携のみならず、世界を視野に入れた研究機関との連携を推進する。
  3. 大学の最大の資源は人材という観点から、優秀な研究者を採用するとともに、若手研究者、女性研究者に重点を置いた人材育成を行う。
  4. 大学の知を活用し、イノベーションによる新技術開発や新産業創出などの研究成果を積極的に社会に還元する。

【社会貢献】

  1. 地域社会から世界へ活躍できるグローカルリーダーを輩出するため、地域社会や国際社会のニーズに対応した人材養成を行う。
  2. 地域の知の拠点としての責務を果たすため、自治体、企業、NPO法人等と協働して、地域産業の振興と雇用の創出、文化の継承、高度医療の提供、環境と防災対応など地域課題への解決を担う。
  3. 地域社会においてニーズの高い生涯学習や産業人材の育成等社会人の学び直しを支援する。

【運営】

  1. 教育、研究及び社会貢献機能を最大限発揮させるため、学長のリーダーシップによる戦略的な大学運営を行う。
  2. 教育研究の進展、社会や時代の要請を踏まえ、本学が有する個性、強みを活かした柔軟な教育研究組織の設置等を行う。
  3. 本学の教育、研究及び社会貢献等の機能強化のため、教職員の意識向上を図るとともに、本学の強みや特色を伸長させる教職員の適正配置を行う。
  4. 健全な財政基盤の確立のため、外部資金の獲得に努めるとともに、新たな財源を開拓する。また、計画的に施設・設備を充実しながら、全学的施設マネジメントによる資産の有効活用を図る。
最終更新日:2016年7月19日