医歯薬学研究部

 

 

先端的な医療創生を目指した教育研究拠点として

平成16年(2004年)4月に発足してから11年が経過する「ヘルスバイオサイエンス研究部」の名称を、平成27年4月から「医歯薬学研究部」に変更致しました。併せて英語名称も「Graduate School of Biomedical Sciences」に変更致しました。さらに分野の部門配置も、医科学部門(5系41分野)、口腔科学部門(3系26分野)、薬科学部門(4系20分野)、栄養科学部門(1系8分野)、保健科学部門(3系24分野)、特定研究部門(3系9分野)、連携研究部門(2系8分野)にまとめ、学部との一体的な配置として解りやすくしました。変更の目的は、漢字を使った研究部名称を採用し外部から解りやすくすること、また同様に、医学、歯学、薬学が混在している部門・講座の配置を、解りやすい部門・系の配置にすること、現在進んでいる大学改革プランに並行して研究部組織の改革を加速する必要性から、将来の再編に備える体制を作ること、第三期中期目標中期計画を睨んで教員・職員の人心の一新を図ることにあります。

長年馴染んだHBS研究部の名称は消え、新しく医歯薬学研究部となり、蔵本キャンパスの生命科学研究の目的をしっかり見据えて、プロフェッショナル集団として、有意義な成果を適正に世界に発信していきます。

 

先端的な医療創生を目指した教育研究拠点として

最終更新日:2016年4月20日