保健科学教育部

 

 

大学院保健科学教育部は平成18年4月に博士前期(修士)課程、平成20年4月に博士後期課程が設置された。

博士前期課程は、看護学領域、医用情報科学領域、及び医用検査学領域の3領域、博士後期課程は、生涯健康支援学領域、医用情報科学領域、及び医用検査学領域の3領域からなる。

 

<看護学領域><生涯健康支援学領域>

医療機関での高度な専門看護の実践者や地域の人々の健康支援者、教育・研究者を育成することを目指し、博士前期課程には、基盤形成支援看護学分野、健康生活支援看護学分野、ウイメンズヘルス・助産学分野、保健医療学分野の4分野を、博士後期課程には、生涯健康支援看護学分野と生涯健康支援医療学分野の2分野を設けている。理論と実践を統合し、質の高いケアの実践と開発ができる教育者・研究者・高度実践者の育成を行う。

 

<医用情報科学領域>

高度な画像診断・治療技術を修得し、技術革新に対応できる人材の養成を目指し、医用情報理工学分野と放射線科学分野の2分野を設ける。絶えず進展する理学・工学を応用して先進医療機器の研究・開発を進めるとともに、放射線や電磁界を用いた生体情報の解析を行い治療技術の高度化に対応できる技能を有する人材育成を可能にする。

さらに遠隔医療などの医療情報システムや病院情報管理システムの高度化に即応するための画像管理や情報システム管理能力を有する高度専門家の育成を行う。

 

<医用検査学領域>

医用検査学領域に先端医療技術・支援学分野を設ける。本分野では生体機能解析学・病態解析学の専門教育・研究を通して生理機能学的、病理・細胞学的、臨床化学的解析法に習熟した高度専門家の育成を行う。

また、細胞・免疫解析学、感染防御遺伝子診断技術学、生殖補助医療学の専門教育・研究を通して分子遺伝学的手法による迅速・簡便・高精度検査法や、臨床現場での要請に即応した遺伝子診断や、細胞培養生殖補助医療など先端医療技術に習熟し、かつ生命倫理を尊重する高度専門家教育を行う。

専攻

保健学専攻

教育内容

教育研究者総覧の保健科学教育部のページへリンクしています。(別ウインドウで開きます。)

シラバス(授業概要)ページへリンクしています。

最終更新日:2016年4月1日