授業料納付及び在学中の諸手続き

授業料納付

授業料は前期(4月から9月)分を4月末日までに、後期(10月から翌年3月)分を10月末日までに納入しなければなりません。

なお、申出により、前期分納入の際、後期分も納入することができます。

授業料の納入方法として、本学では、窓口での納入に替えて、指定金融機関(阿波銀行・三菱東京UFJ銀行・四国銀行・徳島銀行・ゆうちょ銀行の各本・支店)より、学生又は保証人名義の預金口座から引き落として、大学へ納付する「口座振替制度」を実施しています。

この制度を利用することにより、授業料の納付が便利になります。

ついては、口座振替の手続きを早めに行ってください。

 

注意事項
  • 1)指定金融機関の口座名は学生又は保証人名義でお願いします。
  • 2)授業料口座振替申込書は合格通知書を送付した際に同封されていますので、その用紙を使用してください。紛失又は汚損した場合には、常三島会計課第一経理係及び蔵本会計課第一経理係にあります。
  • 3)正当な理由なく納付を怠り、催告しても、なお、納付しない者は学則28条第2号により除籍されます。

在学中の諸手続き

1)学校学生生徒旅客運賃割引証

帰省、旅行等で鉄道会社(JR)や船舶を利用する場合の運賃割引乗車券を購入するには、学校学生生徒旅客運賃割引証と学生証が必要です。学校学生生徒旅客運賃割引証は諸証明自動発行機で(各種証明書の発行手続き及び諸手続き窓口参照のこと)交付されます。

 

学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)について

年間10枚までを限度として使用できます。あらかじめ計画を立て、有効に利用してください。

学割証によりJR等の乗車券を購入する際には、学割証の裏面の注意事項を熟読の上、以下の事項に注意してください。

  • ア)学割証は、記名人に限って使用できます。
  • イ)学割証によって購入した割引普通乗車券は同学割証の記名人以外の者は、使用できません。
  • ウ)学割証によって購入した割引普通乗車券を使用するときは、学生証を必ず携帯してください。
  • エ)学割証によって購入した割引普通乗車券の不正使用は絶対にしないこと。不正使用した場合は、多額の追徴金が徴収されます。

2)在学証明書

本学に在学していることを証明する必要があれば、在学証明書が諸証明自動発行機で(各種証明書の発行手続き及び諸手続き窓口参照のこと)交付されます。

3)通学証明書

鉄道やバスを利用する場合の定期券を購入するには、通学証明書が必要です。願い出により通学証明書が交付されます。

4)成績証明書

成績を証明する必要があれば、諸証明自動発行機で各種証明書の発行手続き及び諸手続き窓口参照のこと)成績証明書が交付されます。

5)休学願

疾病その他の理由により2か月以上にわたり修学を中止し、休学をしようとする場合には、所定の手続きを経て、その許可を受けなければならないので、そのような事態になったときは、速やかに願い出てください。
休学期間が満了になっても、なお引き続いて休学する必要がある場合は、許可されている期間が終わるまでに、休学の延長を願い出てください。
疾病により休学するときは、休学願に医師の診断書を添えてください。

6)復学願

休学期間中に休学の理由が消滅したときは、復学を願い出てください。願い出なかった場合は、休学を許可された期間を休学したものとして取り扱われます。
また、疾病により休学が許可された者が休学期間内に全快したので、復学しようとするときは、医師の診断を受け、修学に支障がないとの判定を得た上で、復学願と医師の診断書を提出してください。

7)退学願

やむを得ない事情により、退学しようとするときは、退学を願い出なければなりません。もし、退学願を出さないで、又は許可されないままで通学しなかった場合は、引き続いて在学しているものとして取り扱われます。特に留意してください。

8)宿所(変更)届

宿所を変更したときは、速やかに届け出てください。

9)保証人住所・保証人変更届

保証人の住所変更、又は保証人を変更するときは、速やかに届け出てください。

10)改姓(名)届

姓・名が変わった場合、住民票記載事項証明書、改姓(名)したことの分かる書類等を添えて、速やかに届け出てください。

11)他大学(他学部)受験許可願

他の大学又は本学の他学部の入学試験を受けようとするときは、願い出なければなりません。

12)転学部願

本学の他の学部に転学部を希望するときは、願い出なければなりません。

13)転学科願

所属の学部内の学科と異なる学科に転学科を希望するときは、願い出なければなりません。

14)卒業(修了)見込み証明書

就職、進学等で卒業(修了)見込者であることを証明する必要があれば、卒業(修了)見込み証明書が諸証明自動発行機で各種証明書の発行手続き及び諸手続き窓口参照のこと)交付されます。

15)その他

このほか、履修科目選択届、追試験願、卒業研究題目届等必要に応じて願い出るものや届け出るものがあり、所属学部の学務係・教務係又は学務部教育支援課共通教育係が通知しますので、掲示に注意してください。

最終更新日:2015年6月2日