インターンシップ

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が在学中に、企業や官公庁等において、実際に就業体験ができる制度のことです。実際に企業の現場に触れることで、企業や業界への理解が深まり、自分の進路を考えるうえでの貴重な経験をすることができます。

期間は、1日だけのワンデーインターンシップから、数週間、それ以上に渡るのものなどさまざまで、内容も、業務説明や社内見学が中心の企業見学型、グループワークなどを中心とした企業研修体験型、実際の現場での体験を行う労働実践型など、受入先によりさまざまです。

 

 

インターンシップに参加する前に

1.保険に加入しているか確認しよう!

インターンシップに参加する場合は、自分が怪我などをした場合の「傷害保険」と、他人(企業等)に損害を与えてしまった場合の「損害賠償責任保険」に必ず加入してください。

 

<傷害保険>

    • 全学生が、入学時に「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」に加入しています。学部生は入学後4年間、院生は入学後2年間、有効です。
    • 学生教育研究災害傷害保険について、詳しくはこちらをご覧ください。
    • 生協の保険に加入している方は、生協にお尋ねください。

 

<損害賠償責任保険>

    • 工学部・理工学部及び先端技術科学教育部(博士前期)の学生は、全学生が入学時に「学研災付帯賠償責任保険」に加入しています。学部生は入学後4年間、院生は入学後2年間、有効です。
    • 学研災付帯賠償責任保険について、詳しくはこちらをご覧ください。
    • 生協の保険に加入している方は、生協にお尋ねください。

 

<未加入の方へ>

    • 留年等で有効期間が切れている学生や未加入の学生は、総合科学部・理工学部は学務部学生支援課、医学部・歯学部・薬学部は所属学部の教務係・学務係で手続きをすれば加入することができます。

 

 

2.インターンシップ参加届を提出しよう!

インターンシップに参加する前に、必ず「インターンシップ参加届」をキャリア支援室へ提出してください。参加届の提出がない場合は、保険が適応されませんので注意してください。

 

<様式>

インターンシップ参加届   Wordファイル(20KB) PDFファイル(138KB)

 

<提出方法>

次のいずれかの方法で提出してください。

      • キャリア支援室(教養教育4号館1階)に紙で提出する。
      • キャリア支援室蔵本分室(蔵本会館2階)内に設置している「インターンシップ届出書回収箱」に投函する。
      • キャリア支援室宛てに電子メール(gkseisyu@tokushima-u.ac.jp)で提出する。

 

提出先

徳島大学キャリア支援室

〒770-8502 徳島市南常三島町1-1 教養教育4号館1階

電話番号:088-656-7635

ファックス番号:088-656-7636

メールアドレス:gkseisyu@tokushima-u.ac.jp

 

 

インターンシップの探し方

インターンシップ先を探す方法はいろいろありますが、

  • ポートフォリオから探す
  • 各企業や団体等のホームページを調べる
  • 就職ナビサイトを利用する

といった方法で探すことができます。

 

キャリア支援室に届いた案内は、全てポートフォリオに掲載しています。直接企業へ申し込むものや、大学を通して申し込むものなど、応募方法や締切は受入先によって異なりますので、それぞれの詳細をよく確認してください。

大学を通して申し込むインターンシップの場合、実施団体が設定している締切よりも早く学内の締切を設けているので、必ずポートフォリオで確認してください。(官公庁、地方公共団体は大学の窓口を通して応募する場合がほとんどです。)

 

<学生用教務事務システム>

 

キャリア支援室提携インターンシップ

主に徳島県内の企業や地方公共団体を中心に、インターンシップ先を斡旋しています。毎年、5月第二週目頃に提携先一覧を公開し、5月から6月にかけてキャリア支援室で申込みを受け付けています。県内企業が中心ですので、県内でのインターンシップを希望する学生はぜひ利用してください。詳細や提携先一覧はポートフォリオに掲載するので、ポートフォリオを確認してください。

 

自由応募型のインターンシップ

直接企業に応募してください。自由応募で申込んだものでも、手続きの過程で受入先から大学を通す手続きが必要になった場合(協定書の締結など)は、要項など詳細が分かるものを持ってキャリア支援室に相談してください。