修士・博士課程に進学するには受験前からある程度の準備が必要となってきます。 ここでは、準備段階~入学までに必要な情報をまとめています。

情報収集

大学院によってスケジュールは大きく異なります。 まずは、志望する大学院の入試情報を収集することからはじめましょう。
問い合わせ先:大学院(教育部)入試情報

入試案内

指導教員を探す

自分が研究したい分野の教員を探して研究計画を立てることをおすすめします。

教育研究者総覧から探す

興味のある分野について研究分野検索やキーワード検索をしてみよう。
教育研究者総覧

機関リポジトリから探す

興味のある分野についてキーワード検索をしてみよう。
徳島大学の学術研究成果を公開しています。
現職でない教員の成果も掲載されているので教育研究者総覧と併せて活用してください。
機関リポジトリ

募集要項をチェックする

指導教員と指導内容を確認しよう。
指導可能な教員のリストが記載されています。退職予定教員は指導教員にはなれないので注意が必要です。
上記入試案内をご参照ください。

オープンキャンパス・進学相談会に参加する

研究計画について相談してみよう。
大学院ごとに行われているので、各大学院の担当係にご確認ください。
問い合わせ先:大学院(教育部)入試情報

研究計画をたてる

どの程度具体的な計画を立てる必要があるかについては、大学院や課程によって異なりますので、入試案内をご確認ください。

必要書類をそろえる

受験する専攻によってはTOEIC等のスコアが必要な場合もあります。 大学院や年度毎に異なりますので、詳細は各大学院の最新の入試案内をご確認ください。

費用を見通す

修士・博士課程の受験から修了までには、以下のような費用が必要です。
検定料:30,000円、入学料:282,000円、一年ごとの授業料:前後期合計:535,800円(2019年現在)。
この他に、書籍購入費や学会費、交通費など、研究にかかる費用が必要になります。
奨学金や授業料免除制度等の活用もご検討ください。

とくぽん

入試情報をしっかり確認してじっくり計画を立てることが大切です。

カテゴリー

最終更新日:2019年8月28日

閲覧履歴