【第8報】徳島大学における新型コロナウイルス感染者の発生について

トップ記事【第8報】徳島大学における新型コロナウイルス感染者の発生について

【第8報(1月9日)】
 徳島大学における新型コロナウイルス感染者の発生について令和3年1月8日(金)、本学学生2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。なお、そのうち1名は帰省先(徳島県外)にてPCR検査を受け、現在も帰省先に滞在中です。両学生とも、令和2年12月25日(金)以降は登校していないこと、大学関係者との接触はないことを確認しています。
 また、第7報(1月8日(金))にてお知らせした本学学生1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認された件に関連して,感染した学生の濃厚接触者として特定された本学学生1名のPCR検査の結果が1月8日(金)に判明し,「陰性」であることを確認しました。

【第7報(1月8日)】徳島大学における新型コロナウイルス感染者の発生
 令和3年1月7日(木)、本学学生1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
 学生・保護者の皆様、地域の皆様、関係の皆様には大変ご心配をおかけしております。
 現在、保健所の指導を受けて感染が判明した学生の接触者の特定を進めています。

【本学の対応】
 当該学生は、令和2年12月25日(金)以降は登校していないこと、これまでに接触が確認できた学生も接触日以後に登校していないことを確認しておりますが、来週末には大学入学共通テストの実施を控えていることから、令和3年1月12日(火)から1月15日(金)まで常三島キャンパスの授業を、原則、遠隔授業のみとします。
 なお、大学入学共通テストは、予定どおり実施いたします。
 また、大学病院の診療についても影響はございません。

 感染が確認された方の一日も早い回復をお祈りするとともに、本学では今後も感染防止に取り組んでまいります。

 感染者やご家族の人権尊重にご配慮をお願いいたします。

【第1報~第6報】徳島大学における新型コロナウイルス感染者の発生について

カテゴリー

閲覧履歴