一般的留意事項

学生への連絡方法について

1 掲示による連絡・通知

学生への連絡・通知は、原則として所定の掲示板での掲示により行いますので登下校の際には必ず掲示板を見る習慣をつけてください。

授業料免除や奨学金の申請などのように受付期間を定めてある場合は、期間終了後の受付は一切行われませんので特に注意が必要です。

 

2 呼び出し・照会

保護者の方や友人等から電話による呼び出しを大学に依頼される場合がありますが、大学では学生一人ひとりの居場所について把握することはできません。従って、電話口への取り次ぎや放送は一切行いませんので、予め保護者の方や友人たちに知らせておいてください。緊急の場合でも原則として掲示板による連絡しかできません。
住所・電話番号等の問い合わせにも応じることができません。

 

マイカー通学の禁止

徳島大学のキャンパスでは、教育・研究の場にふさわしい環境保持及び緊急災害時の通路確保、歩行者の安全確保、騒音の防止のため交通規制を実施しており、身体障害者等特別な事情のあるものを除き、マイカー通学は原則として禁止となっています。通学に当たっては、徒歩や自転車又は公共交通機関を利用するようにしてください。

 

1 自転車、バイクは定められた駐輪場へ

自転車、バイクは、歩行者の安全・避難経路確保等のため、駐輪場が指定されていますので、必ず所定の場所に置くようにしてください。また、放置自転車は強制的に撤去されることがあります。

 

2 自転車走行のモラル向上について

最近、本学近辺で本学学生が関係した自転車による交通事故が増えています。自転車による逆走や無謀な走行、夜間の無灯火等が見受けられ、モラルの欠如がいわれています。本学の周辺道路は、近隣住民の方々の生活と密接な関わりをもっており、生活環境の破壊や、交通事故誘発にもつながりますので、特に交通道徳を十分に順守し、自転車走行のモラル向上に努めてください。

 

自転車盗難の被害に遭わないために

自転車の盗難事件が昼夜を問わず頻発しており、その大半は「鍵をかけていない」という状況にあります。自転車盗難の被害に遭わないために「必ず鍵をかける」(2ロックならさらに安心)という防犯意識が最も必要です。
また、盗難被害にあったときは、所属学部の教務係又は学務部学生支援課に届け出を出してください。

 

コンパ等での飲みすぎに注意

新入生歓迎の行事やコンパなど飲酒の機会が多いですが、近頃大学生の飲酒事故が多発し、死亡事故も発生しています。「イッキ飲み」等危険な飲酒は絶対にしないよう、またコンパなどでは無理に他人にすすめたり、先輩のすすめだからといって安易に飲まないようにしてください。飲酒は満20歳を過ぎてから、イッキは危険!

 

喫煙について

構内の喫煙については、灰皿のある喫煙コーナー以外の場所での喫煙は禁止しています。また、歩きたばこや吸い殻のポイ捨てもしないでください。喫煙は決められた場所でマナーを守って吸いましよう。

 

「悪質商法」にだまされないために

学生をねらった悪質商法が多発しています。これらの悪質商法は、学生の社会的経験の少なさなどにつけこみ、「楽して儲かる」といった気持ちを起こさせ、時には脅迫まがいの方法で引き込んだりします。次にあげるような悪質商法の他にも巧妙な新しい手口もでてきていますので、くれぐれも注意してください。

 

《キャッチセールス》

街で「アンケートに答えてください……」などと呼び止められ、営業所に連れて行かれて、高価な化粧品や会員権などの契約をさせられます。
あいまいな態度をとらず、はっきり断ること

 

《アポイントメントセールス》

「格安で海外旅行ができ、レジャー施設も安く利用できる」などと電話で営業所に呼び出され、実際には別の商品(ビデオ教材等)とのセット販売で結局高額な商品を買わされることになります。
見知らぬ人からのうまい話に要注意

 

《マルチ商法》

「人を紹介するだけで、どんどん収入がふえる」などのうまい話で誘われます。商品を買って会員になり、知人や友人を紹介して商品を買ってもらうと、リベートがはいり、さらに孫・ひ孫からのリベートがはいるというものです。手軽にできるアルバイトと思って契約したものの、結局残ったのは買い込んだ商品と借金だけ。
うまい話はありません。もうけ話には注意しましょう!

 

《携帯電話の不当請求》

使ってもいない電話情報料を請求されたり、使っていても請求業者と利用業者が違ったり、高額な請求をされたときは、相手に電話せず、無視するか、消費者センターなどにすぐ相談してください。

 

「振り込め詐欺」に注意

最近、振り込め詐欺が多発し、手口も巧妙になっています。このような電話を受けた場合には、まず本人に連絡を取り確認する、家族や親戚、警察に相談するなどの点に注意するようご家族に伝えてください。
振り込め詐欺の被害に遭わないためにも、家族の携帯電話番号や勤務先の電話番号、友人の連絡先を把握し、日頃から家族間で連絡を取るようにしましょう。

 

カルト宗教団体の勧誘に注意

カルト宗教団体は、大学キャンパスや一人住まいのマンションなどで「サークル」を装い学生を勧誘する集団で、最初はカルト集団の名前を明かさず、サークル活動と称して勧誘します。
このような団体に入会すると、マインドコントロールにより正常な判断ができなくなり、皆さんの貴重な学生生活が台無しになってしまいます。

 

カルト宗教の勧誘手口

  • カルト宗教の勧誘員は、アンケートを装って個人情報を聞き出す。
  • この場合、初めから宗教的な話をすることはありません。「意識調査」などの名目で「友達になろう」、「パーティーに参加しない?」などの話題で油断させてから、個人情報を聞き出す。

 

こんなことがあったら要注意

  • お世辞や賛美によって気分を高めたり、自尊心をくすぐったりする。
  • 親切そうな勧誘を受けたその場で、判断や決定を迫ってくる
  • 親しくなるにつれて「パーティー」や「セミナー」に参加しようと誘ってくる。
  • 恐怖心、不安感、はく奪感などの弱点をついてくる。
  • 有名人、権威者の名前を使って信頼を得ようとする。
  • 正式の団体名や代表者の名前を名乗らず、勧誘者個人の名前を使ったり、ダミーの名称を使ったりする。

 

撃退法

  • はっきりと断る。
  • 1人で判断せず、家族、友達などの意見を聞く。
  • 氏名、電話番号などの個人情報を教えない。

 

被害にあったら

被害に遭ったり、誘惑を見かけた時は、保健管理・総合相談センター(学生相談)(電話番号088-656-7637)又は学務部学生支援課(電話番号088-656-7086)に相談する。

 

いたずら電話の対応

最近、女子学生への「いたずら電話(脅迫電話)」の被害が増えてます。
「あなたの友達があなたを怒っている…。仲裁してあげたい…。実はあなたを盗撮している…。住所も知っている…。」など、本人は全く身に覚えのないことを言います。
電話番号など個人情報の管理には十分気をつけてください。また、いたずら電話と分かったら相手にせずはっきりと断り、学生相談室(電話番号088-656-7637)又は学務部学生支援課(電話番号088-656-7086)などに相談してください。

 

対応策

  • (1)知らない相手から電話がかかってきたら、「はい、○○です」と自分の名前を言わない。又は電話に出ない。
  • (2)いたずら電話とわかったら相手にせずはっきりと断る。(電話を切る。)
  • (3)常に留守番電話にしておき、相手を確認してから電話に出る。
  • (4)「迷惑電話ストップサービス」などを利用する。
  • (5)しつこい場合は日時・時間・内容をメモ書きにして記録(出来れば録音が望ましい)しておき、後日警察に相談する。
  • (6)一人でいるのが怖い場合は、友人等に泊まってもらうなど一人にならない。
  • (7)電話番号を変更する。

 

不審電話に注意

最近、徳島大学の職員と名乗る者から、学生の保護者宅に「進路指導のため必要なので、学生の下宿先の住所と連絡先を教えて欲しい。」との電話があり、保護者が不審に思い大学に確認したところ、そのような事実はありませんでした。
不審な電話だなと思われる場合は、即答せず、折り返し大学に連絡するなど、必ず事実確認をするよう、ご家族を含め十分に注意してください。

 

インターネット、携帯電話による被害

インターネットや携帯電話によるワンクリック詐欺やネット通販・ネットオークション等の契約トラブルが近年増加しています。こうした被害に遭いやすいのが、インターネットや携帯電話を多く利用する学生です。

 

(1)ネット通販

ネット通販は、大変便利な販売方法ですが、顔が見えないことから、「注文した商品が届かない」「届いた商品が壊れていた」「返品したいが大丈夫か」といった相談が多く寄せられています。ネット通販の注意点としては、電話番号など特定商取引法で義務づけられている表示があるかどうか、利用規約が「一切責任は持たない」「キャンセル料50%」といった一方的内容になっていないか確認することが大切です。とにかく、信頼のおけるネット通販業者を利用することが安全です。

 

(2)ネットオークション

ネットオークションの主なトラブルは、「代金を振り込んだのに商品が届かない」「相手と連絡が取れない」「商品が壊れている・傷が多い・偽物だった」となっています。中には「一番手が辞退したため、次点のあなたに決定しました」とメールが送られてきたので、代金を振り込んだところ商品が送られてこないという「次点落札詐欺」の相談もあります。この「次点落札詐欺」はオークションサイトの補償制度が受けられないため特に注意が必要です。また、入札の際、間違って金額を1桁多く入力してしまったが、取り消しに応じてくれないというのもあります。

 

(3)ネットサービス

オンラインゲームでは、「ある日アカウントが永久停止措置されてゲームに参加できなくなってしまった」というトラブルが半分近くを占めています。また、ゲームキャラクターのアイテムや衣装が有料になっており、アイテムを増やし過ぎて請求が高額になっていた相談や、中には本人の知らない間にIDが勝手に使われていたという相談もあります。

アダルトサイトでは、無料と思っていた出会い系サイトから料金が請求された相談が最も多くなっています。無料と表示されていても、無料は登録だけで利用ポイントは有料と、全てが無料というサイトはまずありません。出会った相手は「サクラ」だったという相談もあり、とにかく、出会い系サイトは利用しないことです。

 

(4)不当請求・架空請求

「アダルトサイトの画像をクリックしたら請求画面が表示された」が典型的な事例ですが、中には画像をクリックすると悪意のあるプログラムがダウンロードされ、パソコンを立ち上げる度に、請求画面が表示されるものもあります。不当・架空請求に遭遇したら、身に覚えのない請求には一切応じてはいけません。また、「雑誌に載っていたフリーダイヤル(0120)の音声サービスに電話したところ、相手先の着信履歴に残り執拗に請求電話がかかって来る」という手口もあります。個人情報を知らせないよう注意することも大切です。

 

(5)ウィルス・セキュリティー

「ともこ」「鈴木」というよくある名前を使うことで知人と思わせるメールや異性からの誘惑を内容とするスパムメールを使って、そのメールを開いたらウィルスに感染するケースがあります。また、「ウィニー」等のファイル交換ソフトを利用していたら、ウィルスに感染して自分のパソコンの情報が全て流出してしまったという被害があります。ウィルスソフトの導入はもちろんですが、OSとウィルス定義ファイルは常に最新のものにアップデートしておくことが必要です。

 

(6)ソーシャル・ネットワーキング・サービス

ソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用する人が増えています。参加者が自分のプロフィールと友人一覧を公開し、身近な友人や、趣味・関心が同じ人とのコミュニケーションを楽しんだり、遠方の人とネット上で交流したりできるツールで、学生の加入が急増しています。
しかし、一方で、サイト上に個人情報を開示することにもなります。漏洩した個人情報は、場合によっては、悪質商法に利用される可能性もあり、トラブルを招く恐れがあります。また、ブログ上で無責任な発言や誹謗中傷などを書くと、コメントで責められます。掲示板などに「このブログではこんなコトを言っている」と載せられることでその人のブログが大量の批判コメントで埋め尽くされるケースもあります。発言は慎重に行うよう心がけてください。

 

海外旅行へ行く前に安全性の確認を

夏季休業等を利用して海外旅行に行く機会もありますが、特定の国・地域によっては治安の悪化等により、渡航を自粛したり、特別の注意が必要な場合があります。海外旅行へ行く前に旅行先の安全性を詳しく調べるようにしましょう。
これらの安全情報は、外務省から提供されていますので活用してください。また旅行社でも確認するようにしてください。

 

学生ローン・クレジットカード

学生証ですぐ借りることができる学生ローン、また、サインするだけで手軽にショッピングやレストラン等の利用ができるクレジットカードを安易に利用すると、その返済に追われ学生生活の継続が危ぶまれることになります。
本学では、「学生金庫」という無利子の短期融資貸付制度がありますので、病気、不慮の事故、送金の延着等により、急に出費が必要となった場合は、所属学部の学務係・教務係の窓口で相談してください。

 

災害に備えるあなたの身のまわり(防災・ボランティアハンドブックより抜粋)

阪神・淡路大震災があれほどの大災害になったのは、人々が地震に対して無防備だったこともあります。地震がないという油断が被害を大きくしたのかもしれません。その記憶から、災害に備えることを学んでほしいと思います。

 

最終更新日:2016年7月27日