災害に備えるあなたの身のまわり

家の中の防災対策

□寝ている時、頭に物が落ちてこないように。特に、テレビ・本棚に注意。

□家具の置き場所を見直す。積み重ねに注意。

□家具を固定する。重い物やガラス・陶器などは、棚の下部に移す。

□食器棚や窓のガラスに、飛散防止フィルムを貼る。食器の下に滑り止めのシートを敷く。

□照明器具、額、時計、装飾品が落下しないよう補強する。

□消火器を備える。浴槽にはいつも水を張っておく。初期消火が被害の拡大をくい止める。

□廊下や階段に荷物を置かない。避難する時の通路を確保しておこう。

□部屋の中の危険な場所と安全な場所を確認しておく。

□非常持ち出し袋を準備・点検する。

 

家のまわりの防災対策

□家の地盤・基礎に注意しよう。軟弱地盤や埋め立て地は要注意。

□家の構造、壁の配置に偏りがないかどうかを調べる。

□家の老朽度を調べる。

□建物の外壁や瓦が落ちないように補修・補強する。

□電気のブレーカーや、ガス・水道の元栓の位置を確認する。
プロパンガスのボンベは鎖で固定する。
地震後、ガス漏れなどにすぐ対処できるようにしておく。

□ブロック塀は補修・補強する。

□避難所まで非常持ち出し袋をかついで歩いてみる。

 

1 非常持ち出し品の例

水や食料、電気・ガスの供給が止まっても、2~3日は自力で過ごせるだけの物を非常用にまとめておく。持ち運べる重さに収まるよう厳選し、食品の賞味期限・品質保持期限やライトの電池などを定期的に点検する。飲料水は1人1日3リットルが目安。このほか予備の眼鏡など、人によっても必要な物が異なる。携帯コンロや固形燃料、レジャーシートなど、役に立つアウトドアグッズも多い。自分にとっての必需品を考え、身近な所に備えておきたい。
阪神・淡路大震災では、トイレットペーパー、ウェットティッシュ、ビニール袋、ラップなどが必需品だった。水が不足していたので、タオルやガーゼの代わりに使い捨ての紙製品が役立った。ラップを器に掛ければ食器として何度も使えた。大型ビニール袋は頭の穴をあければ雨合羽、段ボールに重ねて使えば簡易トイレにもなる。

 

2 地震から身を守る

1 まず、わが身の安全を
2 すばやく火の始末・消火
3 危険な場所から離れよう
すぐ机やテーブルの下にもぐり、頭を覆い、机の脚を握る。もぐる、覆う、握るの三つの動作が身を守る。
あわてて外に飛び出さない。危険の中に飛び込むことになる。

台所やストーブ、タバコの火を消す。アイロンなど使用中の電気製品のスイッチを切る。
火が出たらすぐ消火。でも、天井に火が届いたら初期消火の限界。ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを下ろして逃げよう。

津波は追いかけて来る。急いで高台など安全な場所へ。また崩崖れの危険を少しでも感じたら、すばやく避難すること。
川べりや狭い路地は危険。ブロック塀や門柱、石垣、自動販売機など倒れる危険がある物に近寄らない。




4 正しい情報をつかもう
5 避難は徒歩で身軽に
6 地域の人たちと冷静に協力
ラジオや地域の緊急非常放送から正確な情報を得る。根拠のないデマに惑わされないこと。
動きやすい服装で。緊急車両の妨げになるので、車は使わずに歩いて避難する。
力を合わせて救援を。近所に逃げ遅れた人はいないか確かめる。
秩序を保って行動する。声をかけ合って冷静に。



避難場所
常三島地区:徳島大学体育館
(総合科学部構内)
蔵本地区:医学部運動場