【プレスリリース】心不全パンデミックにAIで立ち向かう支援システムを産官学連携で開発するプロジェクトがAMEDの医工連携・人工知能実装研究事業に採択

トップ記事【プレスリリース】心不全パンデミックにAIで立ち向かう支援システムを産官学連携で開発するプロジェクトがAMEDの医工連携・人工知能実装研究事業に採択

 徳島大学、国立循環器病研究センター、名古屋大学医学部附属病院、九州大学病院、株式会社ハート・オーガナイゼーションは、「日本全地域で心不全診療連携を最適化するAI実装DtoDシステムの開発と実用化」が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和4年度「医工連携・人工知能実装研究事業」に採択されたことを報告いたします。本研究は、国立循環器病研究センターをリーダーとし、徳島大学、名古屋大学医学部附属病院、九州大学病院、株式会社ハート・オーガナイゼーションの共同研究として進めてまいります。


1004press.jpg

DtoD(Doctor to Doctor)のイメージ図

【本研究の背景】
 近年、日本は生活習慣の欧米化による虚血性心疾患や高齢化による高血圧、弁膜症の増加などにより、心不全患者が激増する「心不全パンデミック」のさなかにあります。医師不足や専門医の偏在が叫ばれる中コロナパンデミックが発生し一部地域の医療崩壊を引き起こしたことは、医師のタスクシェア・シフトの重要性を再認識するきっかけとなりました。また、2024年には、「時間外労働の上限規制」を中心とした医師の働き方改革の法案が適用され、医師の勤務環境改善に向けた取り組みがますます進められます。現在の循環器専門施設3000か所と循環器専門医1.5万人で全ての心不全患者を診るのは極めて難しい状況で、かかりつけ医とのタスクシェア・シフトが必須です。しかし、心不全診療は新薬や最新の治療方法を常にアップデートし続けなければならず、治療法が複雑であるため、最適な治療の実施率は低いことがわかっています。


【心不全診療支援AI実装システムで解決できること】
 本サービスは、医師から医師への遠隔コンサルテーションシステムCaseline(ケースライン)を基礎としたITプラットフォームであり、AIによる心不全診断・心不全診療支援の機能を搭載することで、心不全診療連携円滑化を可能にします。また、医師をサポートするAI医師による診療支援システムの開発にも取り組みます。心不全診療連携における専門医、非専門医および非専門医療機関のあらゆる業務負荷を減らし、心不全パンデミックにおいても、最適な心不全診療を日本の全ての地域で享受できる社会をつくることを目指します。


【プレスリリース】心不全パンデミックにAIで立ち向かう支援システムを産官学連携で開発するプロジェクトがAMEDの医工連携・人工知能実装研究事業に採択 (PDF 1.06MB)

 

お問い合わせ先

総務部未来創造課
電話番号:088-656-7021
メールアドレス:kohokakari@tokushima-u.ac.jp

カテゴリー

閲覧履歴