新型コロナや鳥インフルエンザ感染の鍵となるプロテアーゼと阻害剤の複合体構造を決定

トップ記事新型コロナや鳥インフルエンザ感染の鍵となるプロテアーゼと阻害剤の複合体構造を決定

 大学院医歯薬学研究部の真板(大野)綾子研究員(現 株式会社キュライオ主任研究員)、二川健教授、先端酵素学研究所の真板宣夫准教授(現 放射線医学総合研究所研究員)らは相模女子大学大学院栄養科学研究科の奥村裕司教授と共同で新型コロナや鳥インフルエンザのウィルス感染の際に働くプロテアーゼ(MSPL)と阻害剤の結晶構造を初めて報告しました。この成果は4月5日にLife Science Allianceにオンライン掲載されました。

詳細はこちら
【報道発表】新型コロナや鳥インフルエンザ感染の鍵となるプロテアーゼと阻害剤の複合体構造を決定(PDF 623KB)


 

カテゴリー

お問い合わせ

徳島大学 大学院医歯薬学研究部

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ