大学院入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

全学

(全学)

徳島大学大学院における入学者受入れの方針

徳島大学は、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した学術および文化を継承するとともに学びの志と進取の気風をもち、未来へ飛躍する人材を養成するため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

(博士前期課程及び修士課程)

  • 専門的知識と論理的思考を備え、明確な問題意識をもって研究を進める能力に加え、専門的な職業に従事できる高度な能力を修得しようとする人
  • 多様な情報を的確に把握し、自らの自由な発想でその真偽と活用を判断し、高い倫理観・責任感を身につけ、自立して行動しようとする人
  • 世界水準を目指す研究成果の発信により、地域を発展させる産業創出又は医療の深化・発展のために貢献しようとする人

(博士後期課程及び博士課程)

  • 広い視野と高度な専門知識・技能を身につけ、自立して研究を遂行し後進を指導する能力、又は当該専門的な職業を牽引できる卓越した能力を修得しようとする人
  • 高い倫理観と強固な責任感、独自の発想力や豊かな創造力、広範な応用力、深い洞察力をもって、地域と国際社会の発展のために高度に貢献しようとする人
  • 高度な国際的視野を有し、世界をリードする研究成果を発信し、高度専門分野を牽引しようとする人

総合科学教育部

(博士前期課程)

総合科学教育部博士前期課程では、人文・社会・自然科学からなる総合科学の視点に基づく幅広い知識と論理的思考を備え、地域科学又は臨床心理学の課題探究と地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に貢献する人材の育成を目指し、次のような人物を求めています。

●求める人物像

  • 総合科学の視点に基づく幅広い知識と論理的思考を備え、地域科学又は臨床心理学の領域において明確な問題意識を持ち研究を進める能力に加え、持続可能な地域社会の構築または心のケアに関わる専門的な職業に従事できる高度な能力を修得しようとする人
  • 多様な情報を的確に把握し、自らの自由な発想でその真偽と活用を判断し、高い倫理観・責任感を身につけ、自立して行動しようとする人
  • 世界水準を目指す研究成果の発信により、地域科学又は臨床心理学の課題探求と地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に貢献しようとする人

(博士後期課程)

総合科学教育部博士後期課程では、人文・社会・自然科学からなる総合科学の視点と地域科学に関連した高度な専門知識を身につけ、地域科学の課題探究と国内外の地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に指導的な立場から貢献できる人材の育成を目指し、次のような人物を求めています。

●求める人物像

  • 総合科学の視点と地域科学に関連する高度な専門知識・技能を身につけ、自立して研究を遂行し後進を指導する能力、又は地域科学に基づく持続可能な地域社会の構築に関わる職業に従事できる卓越した能力を修得しようとする人
  • 高い倫理観と強固な責任感、独自の発想力や豊かな創造力、広範な応用力、深い洞察力をもって、地域と国際社会の発展のために高度に貢献しようとする人
  • 高度な国際的視野を有し、世界をリードする研究成果を発信し、地域科学に関連する研究分野を高い水準で牽引しようとする人、又は国内外の地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に指導的な立場から携わろうとする人

【博士前期課程/地域学専攻/修士(学術)】

博士前期課程地域科学専攻では、人文・社会・自然科学からなる総合科学の視点に基づく幅広い知識と論理的思考を備え、地域科学の課題探究と地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に貢献する人材の育成を目指し、次のような人物を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 自らの専門領域を中心とした幅広い知識や技能を身につけた上で、総合科学の視点と、地域科学の課題探究に強い関心を持ち、将来、持続可能な地域社会の構築に関わる専門的な職業に従事することを志す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 専門領域の知識・技能を活用して多様な情報を的確に把握し、適切な手法を用いて課題を解決する能力、及び自らの考えを論理的にわかりやすく表現する能力を有する人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 高い倫理観と責任感を有し、多様な領域の人々と協働しながら、地域科学の課題探究と地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に主体的に取り組む意欲を持つ人

●入学者選抜の基本方針

  • 筆記試験では、主として各分野の専門領域に係る語学力を含めた知識・技能、思考力・判断力・表現力を評価します。
  • 面接は口頭発表・口述試験を含み、知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士前期日程/臨床心理学専攻/修士(臨床心理学)】

博士前期課程臨床心理学専攻では、人文・社会・自然科学からなる総合科学の視点に基づく幅広い知識と論理的思考を備え、臨床心理学の課題探究と地域社会の問題解決にあたる人材の育成を目指し、次のような人物を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 自らの専門領域を中心とした幅広い知識や技能を身につけた上で、総合科学の視点と、臨床心理学の課題探究に強い関心を持ち、将来、心のケアに関わる専門的な職業(臨床心理士)に従事することを志す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 専門領域の知識・技能を活用して多様な情報を的確に把握し、適切な手法を用いて課題を解決する能力、及び自らの考えを論理的にわかりやすく表現する能力を有する人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 高い倫理観と責任感を有し、多様な領域の人々と協働しながら、臨床心理学の課題探究と地域社会の問題解決に主体的に取り組む意欲を持つ人

●入学者選抜の基本方針

  • 筆記試験では、主として臨床心理学の領域に係る語学力を含めた知識・技能、思考力・判断力・表現力を評価します。
  • 面接は口述試験の形で行い、知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/地域学専攻/博士(学術)】

博士後期課程地域科学専攻では、人文・社会・自然科学からなる総合科学の視点と地域科学に関連した高度な専門知識を身につけ、地域科学の課題探究と国内外の地域社会の問題解決、持続可能な地域社会の構築に指導的な立場から貢献できる人材の育成を目指し、次のような人物を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 自らの専門領域における高度な知識・技能を身につけた上で、総合科学の視点と、地域科学に関連したより応用的・発展的な課題探究に強い関心を持ち、将来、自立して研究を遂行し後進を指導できる又は持続可能な地域社会の構築に指導的な立場から貢献する職業に従事することを志す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 高度な専門知識・技能を活用して多様な情報を的確に把握し、適切な方法を用いて課題を解決する能力、及び自らの考えを論理的にわかりやすく表現する能力を有する人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 高い倫理観と責任感を有し、多様な領域の人々と協働しながら、地域科学の高度な課題探究と国内外の地域社会の問題解決に、より指導的な立場から主体的に取り組む意欲を持つ人

●入学者選抜の基本方針

  • 筆記試験では、主として地域科学に関連した語学力を含めた知識・技能、思考力・判断力・表現力を評価しま
  • 面接は口頭試問・口述試験を含み、専門領域に関する知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

医科学教育部

(修士課程)

医科学教育部修士課程では、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した学術および文化を継承するとともに学びの志と進取の気風をもち、未来へ飛躍する人材を養成するため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 最新の医学・生命医科学・医療に関する知識と技術を学ぶ熱意と能力を有する人
  • 医学・生命医科学・医療の研究を遂行するための生命倫理を尊重できる人

(博士課程)

医科学教育部博士課程では、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した学術および文化を継承するとともに学びの志と進取の気風をもち、未来へ飛躍する人材を養成するため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 医学・生命医科学に対する興味と情熱に溢れ、その研究に意欲を燃やすことのできる人
  • 深い探求心を持ち、高度先進医療の開拓に意欲を有する人
  • 卓越した臨床能力を身につけて、地域医療に貢献する意欲を有する人
  • 高度専門医療人として国際貢献することに意欲を有する人

【修士課程/医科学専攻/修士(医科学)】

医科学専攻では、医学科以外の出身者に医学に関する幅広い知識とともに先端的医科学の教育を行い、多様な背景をもつ医学関連分野の指導的職業人や医学関連分野で博士課程に進学する者を育成することを目的としています。このような目的に基づき、つぎのような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生命科学の専門知識と論理的思考力を持ち、医学上の未解決の問題を解決すべく意欲と情熱を持って取り組むことができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 生命倫理を尊重し、論理的思考、的確な判断力と正しい実験方法・調査方法によって医学上の課題に解答を与えることができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 世界水準を目指す研究成果を発信し、医学の発展のために貢献しようとする人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、英語の読解力・表現力及び専門分野に関する知識・技能を評価します。
  • 面接では、出願書類を参考に、その内容に関連する事項について質疑応答を行い、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士課程/医科学専攻/博士(医学)】

医学専攻では、先端的な医学・生命医科学の研究活動に必要な高度の研究能力と豊かな学識を備えた研究者ならびに医療の高度化に寄与しうる高い専門知識・能力を持った臨床医を育成し、個性的な研究を進めるとともに生命倫理を尊重し、活力のある大学院として医学の進歩と社会福祉の向上に寄与することを目的としています。このような目的に基づき、つぎのような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 医学・生命科学に対する高度な専門知識を身につけ、自らの問題意識を持って主体的に医学上の未解決の問題を解決すべく、意欲と情熱を持って取り組むことができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 生命倫理を尊重し、ユニークな発想力や広範な応用力をもち、独自の研究成果を国内外に発信することができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 国際的視野を有し、世界をリードする研究成果を発信し、高度先進医療の開拓に貢献しようとする人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、英語の読解力・表現力及び専門分野に関する知識・技能を評価します。
  • 面接では、試問試験を含み、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

口腔科学教育部

(博士前期課程)

口腔科学教育部では、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した歯科医学と口腔保健学の知識と技術を継承するとともに、学びの志と進取の気風をもち、未来へ飛躍する人材を育成するため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 学士で得た基本的な教養、専門科目の基礎学力およびコミュニケーション能力を有し、口腔保健学への深い関心をもって教育・研究分野での活躍を目指す人
  • 保健・医療・福祉分野に従事する専門家に求められる思考力・判断力に加え、生命の尊厳を尊重し、豊かな人間性の醸成を目指す人
  • 保健・医療・福祉の現場において、指導的役割を果たす意欲をもつ高度専門職業人として多職種と協働し貢献しようとする人

(博士後期課程及び博士課程)

口腔科学教育部では、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した歯科医学と口腔保健学の知識と技術を継承するとともに、学びの志と進取の気風をもち、未来へ飛躍する人材を育成するため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています

●求める人物像

  • 口腔科学に関する高度な専門的知識・技能と、隣接する分野にわたる広い視野を身につけ、自立して研究を遂行し後進を指導する能力、又は専門医等の資格取得につながる卓越した能力を修得しようとする人
  • 高い倫理観と強固な責任感、独自の発想力や豊かな創造力、広範な応用力、深い洞察力を備え、地域保健医療と国際社会の発展のために高度に貢献しようとする人
  • 高度な国際的視野を有し、世界をリードする研究成果を発信し、他分野とも協働して高度専門分野を開拓・牽引しようとする人

【博士前期課程/口腔保健学専攻/修士(口腔保健学)】

口腔保健学専攻では、長寿福祉口腔保健学の分野で活躍できる人材の育成を目指しています。口腔保健に関する専門的知識・技能および科学的探究心に加え、豊かな人間性や倫理観を身につけた次世代の歯科衛生士教育を担う教育研究者、または健康長寿社会の実現に貢献する高度専門職業人を養成するため、課題に対して自ら進んで取り組む主体性や社会での協働性をもった次のような人材を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 学士で得た基本的な教養、専門科目の基礎学力およびコミュニケーション能力を有し、口腔保健学への深い関心をもって教育・研究分野での活躍を目指す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 保健・医療・福祉分野に従事する専門家に求められる思考力・判断力に加え、生命の尊厳を尊重し、豊かな人間性の醸成を目指す人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 保健・医療・福祉の現場において、指導的役割を果たす意欲をもつ高度専門職業人として多職種と協働し貢献しようとする人

●入学者選抜の基本方針

  • 学力試験の「専門科目」では、人体と口腔の構造と機能、歯・口腔の健康と予防に関わる人間の社会の仕組み、臨床歯科医学、歯科予防処置、歯科保健指導など口腔保健学に関する「知識・技能」「思考力・判断力」を、また「英語」では口腔保健学全般にわたる英文情報に関する「知識・教養」「思考力・判断力」を評価します。
  • 面接では、専門知識についての試問試験を含め、口腔保健学への「関心・意欲」「表現力」「態度・協働性」を総合的に評価します。

【博士後期課程/口腔保健学専攻/博士(口腔保健学)】

口腔保健学専攻では、長寿福祉口腔保健学の分野で活躍できる人材の育成を目指しています。口腔保健に関する専門的知識・技能および科学的探究心に加え、豊かな人間性や倫理観を身につけた次世代の歯科衛生士教育を担う教育研究者、または健康長寿社会の実現に貢献する高度専門職業人を養成するため、課題に対して自ら進んで取り組む主体性や社会での協働性をもった次のような人材を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 博士前期課程で培った研究活動を遂行する上で必要な専門分野の学力やコミュニケーション能力を有し、長寿福祉口腔保健学に対する深い関心を持って教育・研究分野での活躍を目指す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 豊かな人間性と生命倫理の尊重に加え、口腔保健・栄養・社会福祉に関する卓越した思考力・判断力を身につけ、指導的役割を担う高度専門職業人を目指す人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 我が国の口腔保健・栄養・社会福祉分野での卓越した研究手法を修得し、その成果をアジア諸国においても展開するなど、関係する人々と協働して長寿福祉口腔保健学の発展を志す人

●入学者選抜の基本方針

  • 学力試験の「専門科目」では、長寿福祉口腔保健学に関する「知識・技能」「思考力・判断力」を、また「英語」では長寿福祉口腔保健学などの英文情報に関する「知識・教養」「思考力・判断力」を評価します。
  • 面接では、専門知識についての試問試験を含め、長寿福祉口腔保健学への「関心・意欲」「表現力」「態度・協働性」を総合的に評価します

【博士後期課程/口腔保健学専攻/博士(学術)】

口腔保健学専攻では、長寿福祉口腔保健学の分野で活躍できる人材の育成を目指しています。口腔保健に関する専門的知識・技能および科学的探究心に加え、豊かな人間性や倫理観を身につけた次世代の歯科衛生士教育を担う教育研究者、または健康長寿社会の実現に貢献する高度専門職業人を養成するため、課題に対して自ら進んで取り組む主体性や社会での協働性をもった次のような人材を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 博士前期課程で培った研究活動を遂行する上で必要な専門分野の学力やコミュニケーション能力を有し、長寿福祉口腔保健学に対する深い関心を持って教育・研究分野での活躍を目指す人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 豊かな人間性と生命倫理の尊重に加え、口腔保健・栄養・社会福祉に関する卓越した思考力・判断力を身につけ、指導的役割を担う高度専門職業人を目指す人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 我が国の口腔保健・栄養・社会福祉分野での卓越した研究手法を修得し、その成果をアジア諸国においても展開するなど、関係する人々と協働して長寿福祉口腔保健学の発展を志す人

●入学者選抜の基本方針

  • 学力試験の「専門科目」では、長寿福祉口腔保健学に関する「知識・技能」「思考力・判断力」を、また「英語」では長寿福祉口腔保健学などの英文情報に関する「知識・教養」「思考力・判断力」を評価します。
  • 面接では、専門知識についての試問試験を含め、長寿福祉口腔保健学への「関心・意欲」「表現力」「態度・協働性」を総合的に評価します

【博士課程/口腔科学専攻/博士(歯学)】

口腔科学専攻では、口腔科学ならびに隣接する分野に関する学術の理論および応用を教授研究し、幅広い科学的基盤をもち、かつ専門性にも秀でた、教育・研究・臨床ならびに歯科行政などの分野で指導的役割を担う人材の養成を目指しています。そのために、次のような人物を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • ・口腔科学に関する興味と情熱に溢れ、歯学科課程(6年制)で修得すべきレベルの口腔科学および歯科臨床についての高度な専門的知識と技能を有し、これをさらに磨くことにより後進を指導する能力を身につけ、口腔科学の進歩と社会的課題の解決に意欲を燃やす人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 生命倫理を尊重し、論理的思考と科学的根拠に基づく歯科医療の開発と実践を志す人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 自立して社会や地域の問題に向き合い、その課題解決のために他者の意見を真摯に受けとめ、協働して国際社会や地域社会の発展に貢献しようする人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力検査では、主として専門分野に係る語学力を含めた知識・技能を評価します。
    「専門科目」試験では、人体と口腔の構造・機能、歯と口腔の健康と疾患発症に関する生命科学、臨床歯科医学に関する歯学科課程(6年制)で修得するレベルの専門的な問題とします。
    「英語」試験では、一般医学・歯学の全般に関わる英文情報の理解を問う問題とします。
  • 面接では、専門知識と技能に関する試問試験を含め、歯学・口腔科学への関心・意欲、思考力・判断力・表現力、倫理観、主体性、協働性を総合的に評価します。

【博士課程/口腔科学専攻/博士(学術)】

口腔科学専攻では、口腔科学ならびに隣接する分野に関する学術の理論および応用を教授研究し、幅広い科学的基盤をもち、かつ専門性にも秀でた、教育・研究・臨床ならびに歯科行政などの分野で指導的役割を担う人材の養成を目指しています。そのために、次のような人物を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 口腔科学に関する興味と情熱に溢れ、歯学科課程(6年制)で修得すべきレベルの口腔科学および歯科臨床についての高度な専門的知識と技能を有し、これをさらに磨くことにより後進を指導する能力を身につけ、口腔科学の進歩と社会的課題の解決に意欲を燃やす人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 生命倫理を尊重し、論理的思考と科学的根拠に基づく歯科医療の開発と実践を志す人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 自立して社会や地域の問題に向き合い、その課題解決のために他者の意見を真摯に受けとめ、協働して国際社会や地域社会の発展に貢献しようする人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力検査では、主として専門分野に係る語学力を含めた知識・技能を評価します。
    「専門科目」試験では、人体と口腔の構造・機能、歯と口腔の健康と疾患発症に関する生命科学、臨床歯科医学に関する歯学科課程(6年制)で修得するレベルの専門的な問題とします。
    「英語」試験では、一般医学・歯学の全般に関わる英文情報の理解を問う問題とします。
  • 面接では、専門知識と技能に関する試問試験を含め、歯学・口腔科学への関心・意欲、思考力・判断力・表現力、倫理観、主体性、協働性を総合的に評価します。

薬科学教育部

(博士前期課程)

博士前期課程では、生命科学に関心を持ち、専攻分野に関する研究を通じて社会に貢献できる資質あるいは意欲のある者で、未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき、問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する研究者および薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 創薬・製薬研究を学ぶために必要な専門的知識と論理的思考を備え、明確な問題意識をもって研究を進める能力に加え、専門的な職業に従事できる高度な能力を修得しようとする人
  • 創薬・製薬研究の専門家として、習得した知識・教養を基盤に思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する
  • 世界水準を目指す研究成果の発信により、地域を発展させる産業創出又は医療の深化・発展のために貢献しようとする人

(博士後期課程及び博士課程)

博士後期課程では、生命科学に関心を持ち、独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献できる資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

博士課程では、生命科学に関心を持ち、臨床に根ざした先端的研究能力を有した臨床薬剤師を志望する者、高度な職能を持つ専門薬剤師を志望する者、レギュラトリーサイエンスに精通した医療薬学研究者を志望する者で、未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき、問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用するpharmacist-scientistを目指す者、及びこれらの人材を養成する医療系薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 博士後期課程:創薬・製薬研究に関わる未知の課題を解決するために必要な、薬学の広範な知識・技能を有する人
  • 創薬・製薬研究に関わる広範な領域に強い関心とそれらの学びに対する意欲があり、独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献しようとする姿勢・態度を有する人
  • 博士課程:薬学部で習得すべき基礎的かつ広範な知識や技能及び教養を有する人
  • 薬剤師免許を有する人、もしくは取得する可能性のある人
  • 生命科学を主体とする薬学に関わる広範な領域に強い関心と、医薬品の適正使用及び薬物治療の安全性確保に貢献する意欲を持ち、自ら未踏分野を開拓しようとする姿勢・態度を有する人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 博士後期課程:創薬・製薬研究の専門家として、習得した専門知識及び教養を基盤に思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
  • 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に、相手の視点に立って表現できる人/li>
  • 博士課程:薬物療法の専門家として、習得した知識・技能を基盤に、思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
  • 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に、相手の視点に立って表現できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 博士後期課程:創薬・製薬研究の専門家として、他分野の人と協働でき、活躍できる素養を有する人
  • 博士課程:薬物療法の専門家として、他職種の人と協働でき、活躍できる素養を有する人
  • チーム医療を推進できる協調性を有する人

【博士前期課程/創薬科学専攻/修士(薬科学))

創薬科学専攻では、生命科学に関心を持ち、独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献できる資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 創薬・製薬研究を学ぶために必要な、薬学の広範な知識・技能を有する人
  • 創薬・製薬研究に関わる広範な領域に強い関心とそれらの学びに対する意欲があり、自ら未踏分野を開拓しようとする姿勢・態度を有する人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 創薬・製薬研究の専門家として、習得した知識・教養を基盤に思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
  • 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に、相手の視点に立って表現できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 創薬・製薬研究の専門家として、他分野の人と協働でき、活躍できる素養を有する人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力検査では、英語の読解力、表現力及び出願書類を総合して判定する。なお、社会人・外国人留学生においては、上記のほか専門科目の試験も実施する

【博士後期課程/創薬科学専攻/博士(薬科学)】

創薬科学専攻では、博士前期課程創薬科学専攻の方針に加え、未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき、問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 創薬・製薬研究に関わる未知の課題を解決するために必要な、薬学の広範な知識・技能を有する人
  • 創薬・製薬研究に関わる広範な領域に強い関心とそれらの学びに対する意欲があり、独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献しようとする姿勢・態度を有する人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 創薬・製薬研究の専門家として、習得した専門知識及び教養を基盤に思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
  • 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に、相手の視点に立って表現できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 創薬・製薬研究の専門家として、他分野の人と協働でき、活躍できる素養を有する人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力検査では、英語の読解力、表現力を判定する。
  • 面接では、研究発表を行い、出願書類を参考に、その内容に関連する事項について質疑応答を行い、思考力、判断力、表現力を判定する。

【博士課程/薬学専攻/博士(薬学)】

薬学専攻では、生命科学に関心を持ち、臨床に根ざした先端的研究能力を有した臨床薬剤師を志望する者、高度な職能を持つ専門薬剤師を志望する者、レギュラトリーサイエンスに精通した医療薬学研究者を志望する者で、未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき、問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用するpharmacist-scientistを目指す者、及びこれらの人材を養成する医療系薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 薬学部で習得すべき基礎的かつ広範な知識や技能及び教養を有する人
  • 薬剤師免許を有する人、もしくは取得する可能性のある人
  • 生命科学を主体とする薬学に関わる広範な領域に強い関心と、医薬品の適正使用及び薬物治療の安全性確保に貢献する意欲を持ち、自ら未踏分野を開拓しようとする姿勢・態度を有する人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 薬物療法の専門家として、習得した知識・技能を基盤に、思考を深化、展開し、科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
  • 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に、相手の視点に立って表現できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 薬物療法の専門家として、他職種の人と協働でき、活躍できる素養を有する人
  • チーム医療を推進できる協調性を有する人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力検査では、英語の読解力、表現力を判定する。
  • 面接では、研究発表を行い、出願書類を参考に、その内容に関連する事項について質疑応答を行い、思考力、判断力、表現力を判定する。

栄養生命科学教育部

(博士前期課程)

栄養生命科学教育部博士前期課程では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、生命科学および医学に基づいた栄養学の高度な専門知識を持ち、人々の食生活を改善し、健康の保持・推進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 医学に立脚した高度な専門知識と技術を有する臨床管理栄養士をめざす人
  • 栄養施策を企画し、国内外において社会に貢献することをめざす人
  • 栄養学分野の研究・教育機関で活躍することをめざす人

(博士後期課程)

栄養生命教育部博士後期課程では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、生命科学および医学に基づいた栄養学のより高度な専門知識をもち、日本国内にとどまらず世界において、人々の健康の保持・増進に寄与することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

  • これまでに習得した高度な専門知識や技術を臨床の場で応用・発展させることのできる管理栄養士
  • 国内外の行政機関で、習得した高度な専門知識や技術を生かした栄養施策を企画・立案し、社会福祉に貢献したい人
  • 栄養生命科学に関する国内外のより専門性の高い研究・教育機関で活躍することをめざす人

【博士前期課程/人間栄養科学専攻/修士(栄養学)】

人間栄養科学専攻では、生命科学および医学に基づいた栄養学の高度な専門知識を持ち、人々の食生活を改善し、健康の保持・推進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 医学に立脚した高度な専門知識と技術を有する臨床管理栄養士をめざしすとともに、社会情勢を鑑み将来、病院や行政機関や研究機関で活躍し、社会に貢献することをめざす人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 幅広い視野と柔軟な感性を有し、今までの知識・技能をもとに思考を深めて適切に判断かつ表現し伝えることができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 今までに培った自分の意思や判断力を駆使し、問題解決のために、国籍や世代、考え方にとらわれること無く、相手の立場や多様性を尊重しながら互いに協力出来る人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、主として栄養生命科学分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接は、諮問試験を含み、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/人間栄養科学専攻/博士(栄養学)】

人間栄養科学専攻では、生命科学および医学に基づいた栄養学のより高度な専門知識をもち、日本国内にとどまらず世界において、人々の健康の保持・増進に寄与することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 医学に立脚した高度な専門知識と技術を有し、応用・発展させることのできる管理栄養士をめざしすとともに、社会情勢を鑑み将来、栄養生命科学に関する国内外のより専門性の高い研究・教育機関等活躍し、社会に貢献することをめざす人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 幅広い視野と柔軟な感性を有し、今までの知識・技能をもとに思考を深めて適切に判断かつ表現し伝えることができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 今までに培った自分の意思や判断力を駆使し、問題解決のために、国籍や世代、考え方にとらわれること無く、相手の立場や多様性を尊重しながら互いに協力出来る人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、主として栄養生命科学分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接は、プレゼンテーション、諮問試験を含み、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

保健科学教育部

(博士前期課程)

保健科学教育部博士前期課程では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、実地臨床に役立つ新しい知識をもち、健康の維持・増進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 生命の尊厳を尊重し、健康の維持・増進を援助する使命感と医療人としての豊かな人間性を有する人
  • 学士課程の教育によって修得した保健学の知識を、博士前期課程においてさらに深め、高度専門職業人として、地域社会の保健医療に貢献する意欲の高い人
  • 生命倫理や高い人権意識を獲得し、高度医療の現場において指導的役割を果たす意欲の高い人

(博士後期課程)

保健科学教育部博士後期課程では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、実地臨床に役立つ新しい知識をもち、健康の維持・増進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 臨床応用を志向し、かつ健康増進と疾病の予防、医療、回復支援及び生活支援に資する学問を推進、発展させることに意欲を持っている人
  • 従来の学問の枠組みでは対応しきれない新しい医療に果敢に取り組む気概のある人
  • 最新の医療に関する知識を吸収・理解する熱意と能力を有し、将来、保健科学における教育者、研究者を志望する人

【博士前期課程/保健学専攻/修士(保健学)】

保健学専攻では、実地臨床に役立つ新しい知識をもち、健康の維持・増進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 高度専門職業人として、地域社会の保健医療に貢献する意欲の高い人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 医療人としての豊かな人間性を有し、これまでに修得した知識や技能に基づき、適切に判断し表現することができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 自ら学ぶ姿勢を持ち学際的に協働できる人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、主として各領域専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接は、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士前期課程/保健学専攻/修士(看護学)】

看護学専攻では、実地臨床に役立つ新しい知識をもち、健康の維持・増進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 高度専門職業人として、地域社会の保健医療に貢献する意欲の高い人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 医療人としての豊かな人間性を有し、これまでに修得した知識や技能に基づき、適切に判断し表現することができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 自ら学ぶ姿勢を持ち学際的に協働できる人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、主として各領域専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接は、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/保健学専攻/博士(保健学)】

保健学専攻では、実地臨床に役立つ新しい知識をもち、健康の維持・増進に資することができる、次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 高度専門職業人として、地域社会の保健医療に貢献する意欲の高い人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 医療人としての豊かな人間性を有し、これまでに修得した知識や技能に基づき、適切に判断し表現することができる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 自ら探求する姿勢を持ち学際的に協働して研究することができる人

●入学者選抜の基本方針

  • 個別学力試験では、主として各領域専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接は、試問試験を含み、主として知識技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

先端技術科学教育部

(博士前期課程)

先端技術科学教育部は、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した学術及び文化を継承するとともに、学びの志と進取の気風をもって未来へ飛躍する人材を養成します。そのため、課題に対して自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 社会人としてだけでなく、研究者あるいは技術者としての高い倫理観を持ち、社会を豊かにすることを目的とした科学技術の習得に意欲的に取り組むことができる人
  • 与えられた問題に対して、自身の専門分野の立場から論理的に解決法を提案し、それを遂行できる人
  • 自分の専門分野に限らず幅広い学問分野に対する興味を持ち合わせ、積極的に知識獲得を進めることができる人

(博士後期課程)

先端技術科学教育部は、その理念、目標、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を踏まえ、卓越した学術及び文化を継承するとともに、学びの志と進取の気風をもって未来へ飛躍する人材を養成します。そのため、課題に対して自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

  • 社会人としてだけでなく、研究者あるいは技術者としての高い倫理観を持ち、社会を豊かにすることを目的とした科学技術の習得に意欲的に取り組むことができる人
  • 自身の専門の立場から現代の科学技術に対する課題を提起し、専門知識と洞察力を発揮してその本質を捉え、独自の発想や創造によって解決することに旺盛な意欲を持っている人
  • 豊かな国際的視野と社会性を持ち、世界をリードする研究者として最先端の研究成果を世界に発信し、かつ地域社会の中で技術を牽引する立場として活躍することを強く望む人

【博士前期課程/知的力学システム工学専攻/修士(工学)】

知的力学システム工学専攻では、基礎的知識である力学的理論を学習した上で、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、知的力学システムを独創的に創造できる人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 工学に関する基礎技術・知識を修得したうえで、専門分野に関する基礎知識を学修し、自立的かつ自発的に探究しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 論理的な思考や判断に基づいた表現力を有し、社会や自然の変化に柔軟に対応しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 責任感と倫理感を有し、かつ、自主的・継続的に学習し、多様な人々と協働して地域や国際社会に貢献しようとする人

■建設創造システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生活・生産基盤施設、交通施設、防災施設、環境保全施設等の調査・解析・計画、設計・施工・運用システム及び維持管理に関わる技術を研究するのに必要な基礎学力を持ち、向学心の旺盛な学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する知識・技能を評価します。
  • 面接では、主として知識・技能、関心・意欲、表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

知的力学システム工学専攻では、基礎的知識である力学的理論を学習した上で、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、知的力学システムを独創的に創造できる人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 工学に関する基礎技術・知識を修得したうえで、専門分野に関する基礎知識を学修し、自立的かつ自発的に探究しようとする

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 論理的な思考や判断に基づいた表現力を有し、社会や自然の変化に柔軟に対応しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 責任感と倫理感を有し、かつ、自主的・継続的に学習し、多様な人々と協働して地域や国際社会に貢献しようとする人

■機械創造システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 機械工学に関する基礎学力を有し、より高い専門性と幅広い専門基礎の素養を身につけたい優秀な学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する知識・技能を評価します。
  • 面接では、主として知識・技能、関心・意欲、表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士前期課程/物質生命システム工学専攻/修士(工学)】

物質生命システム工学専攻では、化学工学、生物工学を融合させ、新素材の開発、生体分子の構造と機能解析、資源循環、化学プラントの開発及び生命現象の解明と技術応用を通じて、人間性豊かで想像力に富み、工学の幅広い分野に関する汎用的能力を備えた人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生命及び地球環境の保全、グリーン・ケミストリー、食料・化学物質・資源などの物質循環、生物多様性の保全、などのテーマに関する知識や技能を習得し、修了後はそれらを通じて社会に貢献しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • グローバル化へ向かう多種多様な情報や価値観の中において、独自の思考力、判断力に基づいて問題を考察し、その結果を表現しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 様々な問題を解決する上で、自らの主体性を持つと同時に、異なる教育・研究の背景を持つ人々の考えも尊重して学び、協働しようとする人

■化学機能創生コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 化学及び化学技術に関する研究テーマを深く探求し、その過程で身につけた専門知識や実験技能、問題解決能力などを通じて社会や産業界の要請に答えることのできる学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

物質生命システム工学専攻では、化学工学、生物工学を融合させ、新素材の開発、生体分子の構造と機能解析、資源循環、化学プラントの開発及び生命現象の解明と技術応用を通じて、人間性豊かで想像力に富み、工学の幅広い分野に関する汎用的能力を備えた人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生命及び地球環境の保全、グリーン・ケミストリー、食料・化学物質・資源などの物質循環、生物多様性の保全、などのテーマに関する知識や技能を習得し、修了後はそれらを通じて社会に貢献しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • グローバル化へ向かう多種多様な情報や価値観の中において、独自の思考力、判断力に基づいて問題を考察し、その結果を表現しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 様々な問題を解決する上で、自らの主体性を持つと同時に、異なる教育・研究の背景を持つ人々の考えも尊重して学び、協働しようとする人

■生命テクノサイエンスコース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生物工学技術者・研究者をめざし、本コースに強い入学意欲を持った向学心の旺盛な学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士前期課程/システム創生工学専攻/修士(工学)】

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを応用したシステムを創生するための基礎的な知識と技能を体系的に修得しており、地域及び国際社会が抱える技術課題に高い関心を持って自ら課題探求とその解決に努めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を豊かな表現力で社会に発信しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

■電気電子創生工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 電気電子工学に関する課題を、幅広い視野と論理的な思考で解決し、地域社会、国際社会に貢献できる研究者・技術者を育成するため、勉学に強い意欲を持った学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを応用したシステムを創生するための基礎的な知識と技能を体系的に修得しており、地域及び国際社会が抱える技術課題に高い関心を持って自ら課題探求とその解決に努めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を豊かな表現力で社会に発信しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

■知能情報システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 知能情報工学の技術者としての標準的水準の能力を持ち、広い視野と自律的に行動できる能力を持つ国内外の社会に貢献できる人材を育成するために、基礎学力と旺盛な勉学意欲を持つ学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを応用したシステムを創生するための基礎的な知識と技能を体系的に修得しており、地域及び国際社会が抱える技術課題に高い関心を持って自ら課題探求とその解決に努めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を豊かな表現力で社会に発信しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

光システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 高い専門能力と広い視野で、社会のリーダーとなり、また国際的なコミュニケーション能力を身につけた研究者・技術者を育成します。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/知的力学システム工学専攻/博士(工学)】

知的力学システム工学専攻では、基礎的知識である力学的理論を学習した上で、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、知的力学システムを独創的に創造できる人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 工学における幅広い教養と知的力学システム工学における高い専門知識を修得し、幅広い視点から問題を分析・解決しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 論理的な思考や判断に基づいた豊かな表現力を有し、応用力及び創造力を駆使して社会や自然の変化に柔軟に対応しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 強い責任感と高い倫理観を有し、かつ、自主的・継続的に学習し、多様な人々と協働して地域や国際社会に貢献しようとする人

■建設創造システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生活・生産基盤施設、交通施設、防災施設、環境保全施設等の調査・解析・計画、設計・施工・運用システム及び維持管理に関わる技術を研究するのに必要な高い専門能力と自立的に行動できる能力を持つ学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

知的力学システム工学専攻では、基礎的知識である力学的理論を学習した上で、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、知的力学システムを独創的に創造できる人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 工学における幅広い教養と知的力学システム工学における高い専門知識を修得し、幅広い視点から問題を分析・解決しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • 論理的な思考や判断に基づいた豊かな表現力を有し、応用力及び創造力を駆使して社会や自然の変化に柔軟に対応しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 強い責任感と高い倫理観を有し、かつ、自主的・継続的に学習し、多様な人々と協働して地域や国際社会に貢献しようとする人

■機械創造システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 機械工学に関する基礎学力を有し、より高い専門性と幅広い専門基礎の素養を身につけたい優秀な学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/物質生命システム工学専攻/博士(工学)】

物質生命システム工学専攻では、化学工学、生物工学を融合させ、新素材の開発、生体分子の構造と機能解析、資源循環、化学プラントの開発及び生命現象の解明と技術応用を通じて、人間性豊かで想像力に富み、工学の幅広い分野に関する汎用的能力を備えた人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生命及び地球環境の保全、グリーン・ケミストリー、食料・化学物質・資源などの物質循環、生物多様性の保全、などのテーマに関する高度な知識や技能を習得し、修了後は当該研 究分野のさらなる発展や、社会の発展に貢献しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • グローバル化へ向かう多種多様な情報や価値観の中において、自分独自の思考力、判断力に基づいて問題を考察し、国際的コミュニケーションを通じてその結果を表現しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 様々な問題を解決する上で、自らの主体性を持つと同時に、異なる教育・研究の背景を持つ人々の考えも尊重して学び、協働しようとする人

■化学機能創生コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 化学及び化学技術に関する研究テーマを深く探求し、その過程で身につけた高度な専門知識や実験技能、問題解決能力などを通じて社会や産業界に貢献できる学生を求めています

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

物質生命システム工学専攻では、化学工学、生物工学を融合させ、新素材の開発、生体分子の構造と機能解析、資源循環、化学プラントの開発及び生命現象の解明と技術応用を通じて、人間性豊かで想像力に富み、工学の幅広い分野に関する汎用的能力を備えた人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生命及び地球環境の保全、グリーン・ケミストリー、食料・化学物質・資源などの物質循環、生物多様性の保全、などのテーマに関する高度な知識や技能を習得し、修了後は当該研 究分野のさらなる発展や、社会の発展に貢献しようとする人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • グローバル化へ向かう多種多様な情報や価値観の中において、自分独自の思考力、判断力に基づいて問題を考察し、国際的コミュニケーションを通じてその結果を表現しようとする人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 様々な問題を解決する上で、自らの主体性を持つと同時に、異なる教育・研究の背景を持つ人々の考えも尊重して学び、協働しようとする人

■生命テクノサイエンスコース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 生物工学技術者・研究者をめざし、本コースに強い入学意欲を持った向学心の旺盛な学生を求めています

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

【博士後期課程/システム創生工学専攻/博士(工学)】

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを統合したシステムを創生できる十分な知識と技能を持つ研究者としての素養を備えており、地域及び国際社会が抱える技術課題にいち早く着眼し、その解決を自立的に進めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を正確かつ豊かな表現力で社会に発信できる

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

■電気電子創生工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 電気電子工学に関する課題を、幅広い視野と論理的な思考で解決し、地域社会、国際社会に貢献できる研究者・技術者を育成するため、勉学に強い意欲を持った学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを統合したシステムを創生できる十分な知識と技能を持つ研究者としての素養を備えており、地域及び国際社会が抱える技術課題にいち早く着眼し、その解決を自立的に進めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を正確かつ豊かな表現力で社会に発信できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

■知能情報システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 知能情報工学の技術者としての標準的水準の能力を持ち、広い視野と自律的に行動できる能力を持つ国内外の社会に貢献できる人材を育成するために、基礎学力と旺盛な勉学意欲を持つ学生を求めています。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。

システム創生工学専攻では、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の基礎技術を体系的に教育したうえで、これらの技術を統合したシステムを創生することのできる総合的な人材の育成を目指しています。そのため、課題に対し自ら積極的に取り組む主体性、社会の多様性を理解できる能力、協働性をもった次のような人を求めています。

●求める人物像

(知識・技能、関心・意欲)

  • システムを構成する電気、電子、光、情報分野などの要素技術から、これらを統合したシステムを創生できる十分な知識と技能を持つ研究者としての素養を備えており、地域及び国際社会が抱える技術課題にいち早く着眼し、その解決を自立的に進めることができる人

(思考力・判断力・表現力等の能力)

  • システムとその構成要素の本質について、広い視野のもとで深く洞察することができ、俯瞰的視点から柔軟で創造的な解決手段を見いだすことができる判断力を有するとともに、その思考過程と結論を正確かつ豊かな表現力で社会に発信できる人

(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)

  • 課題探求とその解決において、国内外及び専門分野を超えたチームを構成してその協力のもとで課題解決を図ることのできる、国際的な高いコミュニケーション能力を持ち、自らが修得した知識と技能を主体的に世界及び地域に展開して社会貢献をしようとする積極的な姿勢を持つ人

■光システム工学コース

(知識・技能、関心・意欲)

  • 高い専門能力と広い視野で、社会のリーダーとなり、また国際的なコミュニケーション能力を身につけた研究者・技術者を育成します。

●入学者選抜の基本方針

  • 学力検査では、主として各コース専門分野に関する語学力を含めた知識・技能を評価します。
  • 面接では、プレゼンテーション、試問試験を含み、主として知識・技能、関心・意欲、思考力・判断力・表現力、主体性、協働性を総合して評価します。
最終更新日:2017年3月21日