センター長挨拶

 南海トラフなどを震源域とする大規模地震,地球温暖化に伴う世界的な異常気象,生物多様性の劣化,少子高齢化過疎などの問題が,環境,経済,社会の持続可能性を大きく脅かしつつあることを日々の生活の中でも感じるようになってきました。
 問題の解決にあたっては,環境保全と防災を一体として捉え,大学,企業,行政,市民が協働し,対策に取り組んでいく必要があります.また工学,理学,農学,人文・社会科学,医学,薬学といった学術分野や他大学など様々な組織との有機的な連携も重要です。
 本センターは平成16年4月にそうした持続可能性を高める研究や取り組みの拠点となることを理念に設置され,活動をしてきました.これからも切れ目なく,地球的視野を持ち,最先端の研究・技術開発,教育・人材育成,社会実装などを続けてまいります.今後ともよろしくお願いいたします。

徳島大学環境防災研究センター
センター長 上月 康則

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ