災害医療研究部門

部門長

西村 明儒 教授

災害時の医療活動には救急医療のみならず避難生活中の健康管理や疾病の治療、死亡者に対する死体検案があります。 医師や救急救命士が迅速に対応できない現場では市民による活動が望まれ、心肺蘇生術の普及は重要です。

しかし、地震災害では救命不可能な損傷を受けることが多く、その予防は被災死亡者の死因分析なしでは行い得ません。 また、損壊や腐敗のひどい遺体に関わる家族や救援関係者に対する心のケア体制の整備も必要です。

キーワード:緊急医療体制、被災者医療、衛生管理、衛生薬理、トリアージ、死体検案、個人識別、DNA鑑定、家族支援、心のケア

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ