国際交流により、異文化を理解し、世界の教育研究の発展に寄与することは大学の重要な使命の一つです。本学では、(1)学術交流協定校との連携強化、(2)外国人留学生及び研究者の受け入れ支援体制の整備、(3)本学学生の海外派遣制度の充実、(4)教員、職員など各層の国外研修制度の整備などを進めています。
徳島県内の企業のご寄附による「徳島大学国際教育研究交流資金」、及び、大塚製薬様、大塚製薬工場様、(財)藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会様のご寄附による「藤井・大塚国際教育研究交流資金」によって、研究者の招へい(短期、長期)、協定校との学生相互交流支援、日本人学生の海外留学援助、私費外国人留学生への奨学金支給、研究シンポジウム開催などの事業を行っています。

徳島大学国際教育研究交流資金、藤井・大塚国際教育研究交流資金による国際交流事業

事業の概要

外国人留学生に対する奨学金事業

外国人留学生の勉学意欲を高めるため、本学に在学する外国人留学生(学部学生及び大学院生)に奨学金を支給する事業

国際センターホームページ 留学生奨学金(国費以外)

外国人研究者招へい事業

優れた研究業績を有する外国人研究者、若手研究者(研究開始時点で原則として満35歳以下の者とする。)で、本学の教員との討議、意見交換又は共同研究等を通じて、本学の教育研究の進展に大きく寄与すると認められる者を招へいする事業(招へい期間は14日以上60日未満:毎年5月頃に募集)

寄附者

本事業は,次の法人・企業様から毎年いただくご寄附により運営されています。

徳島大学国際教育研究交流資金(平成元年4月創設)

・阿波銀リース株式会社
・株式会社阿波銀行
・四国化工機株式会社
・日亜化学工業株式会社
・日本フネン株式会社
(敬称略:五十音順)

藤井・大塚国際教育研究交流資金(昭和63年12月創設)

・一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会
・大塚製薬株式会社
・株式会社大塚製薬工場
(敬称略:五十音順)

カテゴリー

最終更新日:2019年2月28日

閲覧履歴