はじめに

徳島大学は、平成2年4月1日から令和3年3月31日までの第17期事業年度の財務諸表を作成し、これに事業報告書、決算報告書、監査報告及び会計監査報告を添えて文部科学大臣に提出しておりました。
この度、令和3年8月31日付けで文部科学大臣の承認を得ましたので、決算の概要とともにご報告いたします。

財政状態

徳島大学の財政状態を表す貸借対照表は、令和3年3月31日における全ての資産、負債及び純資産を記載しています。

(資産の部)

資産の総額は約1,108.7億円であり、前年度に対して約3.0億円(約0.3%)増加しています。
主な増加要因としては、投資有価証券が約11.0億円増加したことなどが挙げられます。

(負債の部)

負債の総額は約453.4億円であり、前年度に対して約13.0億円(約2.8%)減少しています。
主な減少要因としては、病院の施設、設備に係る借入金の返済を行ったことにより借入金が約15.8億円減少したことなどが挙げられます。
 

(純資産の部)

純資産の部の総額は約655.3億円であり、前年度に対して約16.0億円(約2.5%)増加しています。内訳として資本金は約467.3億円で、前年度と同額です。資本剰余金は約69.9億円で、前年度に対して約0.9億円増加しています。利益剰余金は約118.2億円であり、そのうち前中期目標期間繰越積立金が約86.6億円、教育研究診療等積立金が約4.8億円、積立金が約10.4億円、当期未処分利益が約16.4億円となっています。当期未処分利益については、前年度に対して約9.5億円増加しています。

運営状況

徳島大学の運営状況を表す損益計算書は、一事業年度内に実施した事業等から発生する全ての費用とこれに対応する全ての収益を記載しています。国立大学法人の会計は、企業会計原則に基づいて行いますが経営成績を明らかにする企業会計とは異なり、公共的な性格を有すること、利益の獲得を目的としないこと、独立採算制を前提としないことなどから、経営成績ではなく運営状況を明らかにするための損益計算となっています。

(費用)

経常費用の総額は約476.4億円であり、前年度に対して約3.1億円(約0.7%)増加しています。
主な費用の構成は、人件費が約218.6億円で全体の約45.9%、診療経費が約172.3億円で全体の約36.2%、教育・研究・支援経費が約53.0億円で全体の約11.1%となっています。
主な増加要因としては、新型コロナウイルス感染症対策の遠隔授業体制の整備などにより教育・研究経費が約5.6億円増加したことなどが挙げられます。また、主な減少要因としては、医薬品、診療材料費の減少により診療経費が約1.3億円減少したことなどが挙げられます。

(収益)

経常収益の総額は約492.5億円であり、前年度に対して約12.2億円(約2.5%)増加しています。
主な経常収益の構成は、運営費交付金収益が約119.6億円で全体の約24.3%、学生納付金収益(授業料、入学金、検定料収益)が約41.3億円で全体の約8.4%、附属病院収益が約257.0億円で全体の約52.2%となっています。
主な増加要因としては、新型コロナウイルス感染症関連の補助金の増加等により補助金等収益が約12.7億円増加したことなどが挙げられます。また、主な減少要因としては、退職手当等の減少により運営費交付金収益が約4.2億円減少したことなどが挙げられます。

(当期純利益)

当期総利益は約16.4億円であり、前年度に対して約9.5億円(約136.6%)増加しています。

おわりに

令和2事業年度は第3期中期目標・中期計画(平成28事業年度~令和3事業年度)の5年目にあたります。本事業年度の徳島大学は、新型コロナウイルス感染症による財務状況の悪化が危惧されていましたが、各種補助金の活用、自己収入の確保、予算の効率的執行に努めた結果、経常収益が12.2億円増加し、それに伴い当期総利益が9.5億円増加する等、当初想定していた財務状況の悪化に至ることはありませんでした。
しかし、徳島大学の財政基盤を支える国からの運営費交付金については、毎年減額されている状況であり、本学を取り巻く環境は一層厳しさを増しています。このような状況のもとで安定した経営を行うためには、更なる経費の節減、自己収入の増加、クラウドファンディングを活用した研究資金の確保及び競争的資金の獲得に努めるとともに「知を創り、地域に生き、世界にはばたく徳島大学」として、教育・研究・社会貢献及び診療の各分野にわたり、その充実と不断の見直し・改善を進めて参りますので、今後ともご支援、ご協力の程、よろしくお願いいたします。
 
決算の詳細についてはこちらをご覧ください。

最終更新日:2021年9月24日

閲覧履歴