学部案内

応用理数コース

応用理数コース

 

コースの詳細

応用理数コースでは、自然に属する対象を取り扱い、自然科学の基礎となる数学、物理学、化学、生物学、地学を学びます。また、社会の抱える諸問題に対して、他コースと連携しながら解決し、社会をより良くする知恵を追及します。そのために、自然界における諸現象を総合的に解明するのに必要な基礎的知識、論理的思考、情報技術、コミュニケーション能力など自然科学に関する能力と共に、工学系科目の履修を通じて、理学・工学的観点から総合的かつ論理的なアプローチのできる能力人材を育成します。

 

コースの特徴

本コースでは、主に「論理」と「自然」に目を向け、緊密な連携のもとに「自然」を 論理的に理解するための言語となる数学を含む自然科学の教育・研究が行われます。進路に応じて、数学、物理、化学、生物、地学の各分野を専攻し基礎から専門知識までを深く修得して、理学的な素養を身に付ける教育プログラムを準備しています。
これらの講義、実習、実験には教員だけでなく、先輩大学院生たちが十分にサポートしてくれます。重要科目の教育は多数の教員による少人数編成で行われます。
特定の分野に偏ることなく、幅広く自然科学の基礎を身に付けることが出来、入学時には自分の本当に進みたい専門が決まってない人でも、勉強しながら自分の専門分野を見つけることができるコースです。

 

系の紹介

数理科学系

数理科学系では、数学を学びたい人、コンピュータや情報科学に興味がある人、「数学」や「情報」の教員を目指す人などを広く求め、数学と情報科学の教育と研究を行っています。数学の基礎から応用まで幅広く学べ、高校数学では味わえない数学の奥深さ、幅広さを学ぶことができます。数学や情報科学の学習を通じて、問題の表面にとらわれずに本質に迫り、柔軟な発想で様々な問題を解決できる抽象的・論理的な思考力や判断力を養います。数理科学系には、女子学生も比較的多いため、リケジョにも研究しやすい環境作りを目指しています。系としては、数理情報講座、応用数理講座、数理解析講座の3つの講座で構成されていますが、互いに協力・連携して、学生の学習と生活の両面をサポートしています。

 

自然科学系

宇宙・地球から生物、さらには原子や素粒子の性質まで、全ての物質・生命に関わる現象を理論・実験を通して研究します。物理、化学、生物、地学といった既存の分野にとらわれない幅広い視点を有する人材を育成するための教育と研究を行います。卒業研究ではそれまでに培われた幅広い知識を活用して高度な知識と技術を素早く吸収し、世界に通用する問題解決力を養います。