健康リカレント

令和4年度の募集は終了しました

「とくしま健康寿命からだカレッジ」基礎課程開講

とくしま健康寿命からだカレッジとは

 徳島県との連携の下、徳島大学人と地域共創センターにおいて開設する、全学協働によるリカレント学習プログラムです。社会的、地域的課題である「健康寿命の延伸」と、それに係る「地域ボランティア並びに地域リーダーの育成」を目的としています。このたび募集する基礎課程と、令和5年度には専門課程を開講します。基礎課程では、健康寿命を延ばす基礎資質の向上と、健康寿命パートナー(健康寿命延伸に係るボランティア)の育成を目指します。
  専門課程では、基礎課程修了者や専門職やそのOB等を対象として、健康の目的に応じた具体的な健康運動指導、生活支援ができるリーダー・指導者(とくしま健康寿命マスター)の養成を目指します。

学習内容

 講義では、健康寿命に関して徳島県における現状や課題を知り、予防医学の観点から健康寿命に関わる3大要因(メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、認知症)を専修科目として、それぞれの医学、歯学、栄養、運動の領域における基礎知識を学習します。人材育成の科目では、地域におけるボランティア活動について理解を深め、体験談視聴や実践経験も学習内容とします。また、実習として、健康目的に応じた各種運動の方法や注意点を学びます。行動変容実習では、生活習慣の改善や目標の設定と達成に取り組み、各種測定(体力テスト、心理アンケート、健康アンケート)により心身の変化を確認することとします。

  カリキュラムは講義(24時間)と実習(36時間)の組合せです。

詳細は下記URLをご確認ください。
https://www.cue.tokushima-u.ac.jp/docs/news/295.html

カテゴリー