徳島大学人と地域共創センター協働教育COC+R事業文部科学省「大学による地方創生人材教育 プログラム構築事業(事業通称名:COC+R)」

文部科学省「大学による地方創生人材教育 プログラム構築事業(事業通称名:COC+R)」

とくしま創生人材・企業共創プログラム

事業責任大学 徳島大学
参加校 四国大学、四国大学短期大学部、徳島文理大学、徳島工業短期大学、阿南工業高等専門学校
参加自治体 徳島県
参加企業等 参加企業等一覧.pdf (PDF 122KB)
事業期間 令和2年度~令和6年度

1.事業の目的

 地域を担う質の高い人材を大学が地元企業等と協働して育成し、県内企業等の魅力・経営の向上と県内への人材定着の促進という好循環を創出することを目的としています。


2.取り組み内容

 下記の教育プログラムを構築します。


地域学習・実習科目の設置

 地域定着意識、地域企業との関係性の構築、企業内の人材育成を目指します。

  • 企業等の経営者・OB/OGとの対話型授業と短期訪問実習(エクスターンシップ)の新設
  • 実践力育成型インターンシップ COC+事業で開発した企業課題協働解決型インターンシップ
  • 地域定着意識醸成のためのライフデザイン、キャリアデザイン科目の新設

基礎力育成科目群の提供

 次世代を担う基礎力の育成を目指します。

  • 「情報処理」「マネジメント」「デザイン・コミュニケーション」の基礎力を育成する既存科目群を構成
  • 専門外の資格取得支援 情報、マネジメント、デザイン資格の取得

地域クリエーターズ・マイレージ・ポイントによる認証状交付と高ポイント者の表彰制度の導入

  • 地域企業のニーズにあった科目の体系的履修
  • 地域企業との関係性構築、地域企業課題に取り組む実践的インターンシップからなるプログラム

 ポイント認定の認定書を交付。高マイレージポイント学生は徳島大学長・徳島県知事から表彰されます。


遠隔履修の導入 参加校学生の履修、県出身県外大学生やリカレント生の履修

 参加大学生、県外大学生やリカレント非正規履修生が受講できる展開を志向して、単位互換・公開授業・遠隔参加型授業の整理、導入を図ります。


学生と企業のマッチングサポート キャリア情報データベースの開発とマッチィング支援

 履修生、卒業生、県内企業を対象に、進路選択行動と意識、選択企業の特性、経営者・ OB/OG との関係といったキャリア情報データベースを開発し、学生の地域定着の要因についてAI を活用した分析を進め、学生と企業のマッチングのサポートや企業の魅力向上、プログラム参画企業の拡充、教育プログラムの改善に役立てます。


コンソーシアムとくしまによる事業運営 産学官連携組織による事業統括と運営

 平成27年度からのCOC+事業において、徳島県内の高等教育機関並びに自治体・企業・NPO 等との間で「とくしま元気印イノベーション人材育成協議会」を組織し、これを母体として、令和2年度に新機構「コンソーシアムとくしま」を発足。本事業では、コンソーシアムに「創生人材教育開発委員会を設置し、地域とのコミュニケーションの深化、参加企業の拡充、教育科目の拡充・見直し、インターンシップの運営及び改善を進めます。


3.目標

 ・履修者の県内就職 ・県内就職者の定着 ・定着意識 の向上を目標としています。


p01a.jpg

※クリックすると拡大されます

最終更新日:2020年1月7日

PAGE TOP