HOMEお知らせ「徳島大学サイクルツーリズム講座」について

徳島大学サイクルツーリズム講座
―“とくしま”ならではのサイクルツーリズムを創るー

主催 徳島大学人と地域共創センター
担当 徳島大学 教授:山中英生・矢部拓也
講師 ㈱アーチ・ヒーロー北海道 高橋幸博

 全国でサイクリングを楽しむ観光:サイクルツーリズムが勢いづいています。サイクリングは、地域の風景・食・生活を肌で感じられる体験型観光の一つとして、国内外の旅行者の人気を博しています。2017年に成立した自転車活用推進法でも自転車観光が地域活力をもたらす重要な施策として位置づけられています。そして、2019年11月には国内外に誇るナショナルサイクリングルートとして、しまなみ海道、ビワイチ(びわこ一周)、つくば霞ケ浦りんりんロードの3か所が指定され、プロモーションが始まっています。“SHIKOKU”は、しまなみ海道を筆頭に、日本でのサイクリングの目的地となっています。

 徳島大学では、地域のスモールビジネス創出を支援するまちしごとファクトリー、地域活力人材創出のリビングラボなどの活動を行ってきましたが、2019年4月に新設した人と地域創生センターにおいて、新たに徳島大学サイクルツーリズム講座を開始しました。講座では、北海道で際だったビジネスモデルを展開されているアーチ・ヒーロー北海道の高橋幸博さんをメイン講師に迎え、サイクルツーリズムをマネジメントするための講座を開催します。サイクリングを活用した地域活性化・マイクロビジネスに関心をもつ市民と協働して、徳島ならではのサイクルツーリズムのモデル、組織、人材づくりを目指しています。徳島で活躍を始めている担い手たち、魅力的なルートや自転車の楽しみ方を来街者につなげるハブづくりの支援を進めていきます。
image3.jpeg image2.jpeg ty.jpg
徳島大学 山中英生 教授 徳島大学 矢部拓也 教授 アーチ・ヒーロー北海道 高橋幸博氏

 

image4.jpeg

アーチ・ヒーロー北海道 高橋幸博氏 サイクリングツアー・スキーツアーコンシェルジュ

北海道ニセコ地区(倶知安町)在住。北海道美唄市(びばい)出身  
・CSIA (カナダ)プロスキーコーチ、フリースタイルスキーコーチ  
・北海道サイクルツーリズム推進協会 代表理事  
・自転車活用推進本部 ナショナルサイクルルート制度検討小委員会、 同審査委員会委員
・羽田空港 スポーツツーリズムプロジェクト プロデューサー  
・経済産業省 地域じまんづくりプロジェクト北海道地区プロデューサー
・NPO 自転車活用推進研究会会員

大学では都市計画、道路計画を専攻。地元美唄市役所にて土木技術職として従事。退職後、海外 20 ヵ国で主に都市、農村デザイン、スキーリゾートを見回る旅を実施。測量・土木設計コンサル事業に従事。 インバウンド、観光コンテンツつくり、受け入れ商品つくりの知見をいかして、観光庁 VJ 地方連携事業、経産省地域のじまんづくりプロジェクトの北海道担当プロデューサーとして地域振興、観光商品つくりに関わる。北海道のサイクルガイド等と北海道サイクルツーリズム推進協会を設立。難しい産官学民としての事業プロデュース、啓蒙、交流事業を推進中。

2019年度の開催状況

1-1.jpg
1-2.jpg

第1回 サイクルツーリズムの基礎と県内での取り組み

日時 2019年7月3日(水)17:00-20:00
場所 徳島大学 地域創生・国際交流会館3F 301室
参加者 55名
内容 1 サイクルツーリズム基礎講座 高橋幸博
2 徳島県内のサイクルツーリズムの取り組みの紹介
3 グループディスカッション 取り組みの共有

 北海道でのサイクルツーリズムによるビジネス展開、海外との連携、地域活力への寄与などについて、高橋さんより講演の後ブロンプトンを使ったポタリングツアー、世界的に貴重なバイクを活用したツアー構想などの県内の取り組みが紹介されました。グループで、徳島の魅力を活用したツアーのアイデア、課題について議論しました。

 

2-1.jpg
2-2.jpg

第2回 サイクルツーリズムを企画しよう

日時 2019年8月16日(金)17:00-20:00
場所 徳島大学フューチャーセンターA.BA
参加者 30名
内容 1 サイクルツーリズムの企画 高橋幸博
2 サイクルツーリズム企画ワークショップ
3 発表会

 自転車によるツーリズムを企画する上での基礎について、高橋氏の講演の後、第1回で紹介された県内の取り組みに加えて、県外の参加者からの農業との連携事例の話題、徳島県での取り組み、上勝でのガイドツアーの取り組みなどが紹介され、それぞれの取り組みのブラッシュアップについてグループでディスカッションをしました。

 

3-1.jpg
3-2.jpg

第3回 徳島(四国)のサイクルツーリズムをコンセプトづくり

日時 2019年10月21日(月)18:00-20:30
場所 徳島大学フューチャーセンターA.BA
参加者 45名
内容 1 サイクルツーリズムのコンセプト 高橋幸博
2 ディスカッション
 1)徳島での取り組みの共有
 2)周辺地域、国での動きについて
 3)徳島(四国)の“売り”“強み”は?
3 今後の取り組みについて

 徳島、四国でサイクルツーリズムをどのように売り込むか?そのためのコンセプトを共有する試みを行いました。徳島で売り込みたいサイクリングの楽しみ、景色、経験を話し合いで共有しました。県内の取り組みの3回目で大きくブラッシュアップ。次年度の取り組み、企画づくりへのきっかけとなりました。

 

地域交流シンポジウム「サイクル・ツーリズムが紡ぐ地域の活力」 (開催予定)

2019年度講座の締めくくりとして、先進地の事例を学び、県内取り組みの共有とこれからの展開を議論します。
https://www.tokushima-u.ac.jp/ccell/docs/13649.html

日時 2020年3月16日(月)13:30-16:40
場所 徳島グランヴィリオホテル
講演 ・自転車がつなぐインバウンドツーリズム
 ㈱アーチ・ヒーロー北海道 代表 高橋幸博
話題提供 ・サイクル・ツーリズムの成功の鍵―ビワイチの経験から―
 輪の国びわ湖推進協議会 会長 藤本芳一
・しまなみ海道における公民連携
 今治市市役所 中田尚雄
トーク・セッション 「徳島がつなぐサイクル・ツーリズム・ネットワーク」
・ブロンプトン・ポタリング・ツアー ㈱AWA-RE 榮高志
・サイクリング・ゲートウェイ 大杉雅一
・上勝テロワール 杉本勇二
・鳴門市の取り組み 鳴門市長 泉みちひこ
・徳島県自転車活用推進計画について 徳島県
モデレーター:徳島大学 山中英生・矢部拓也

 

お問い合わせ先
徳島大学 人と地域共創センター
E-mail:chkoukenk@tokushima-u.ac.jp
電話:088-656-9910(平日 9:00 ~ 17:00)
FAX:088-656-9880