宮本 洋二
徳島大学歯学部長
宮本 洋二

徳島大学歯学部は,昭和51(1976)年に国立大学としては全国で8番目の、そして四国では唯一の歯学部として設置されました。平成19(2007)年には,歯学科に加え,歯科衛生士と社会福祉士の2つの国家資格が取得できる口腔保健学科を設置し,全国に先駆けて歯科医学と福祉を融合して学ぶことのできる歯学部となりました。

歯学部がある蔵本キャンパスは,医学,歯学,薬学,栄養学,保健学の医療系学部が集まっており,その利点を活かして,地域で活躍する人間性豊かでリサーチマインドを持つ歯科医師,歯科衛生士等の高度専門職の養成と,先端的な歯科医学・医療の研究・開発を推進し,中国・四国地区の歯科医学・口腔保健,福祉をリードする拠点となっています。

超高齢社会を迎えた今,歯科医療は,医療,福祉,行政との連携が不可欠になっています。そこで,徳島大学歯学部では,時代のニーズに沿って多職種協働ができる人材の育成を教育目標に掲げ,卒業時に修得しなければならない能力(コンピテンス)を明示し,徳島大学歯学部を卒業するとどのような歯科医療人としての能力が修得できるかを明確に示すカリキュラムを策定するなど,学修者中心の教育体制構築を進めています。

学生の皆さんが徳島大学歯学部での学生生活を通し医療人としての基盤を築き,次世代の日本の歯科医療を担う,そして世界の歯科医学の発展に寄与する人材となることを期待しています。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ