入試案内

受験生の皆様へ

hashizume.jpg

 徳島大学理工学部は平成28年4月に、総合科学部の理系学科と、工学部の生物工学科を除く7学科から新たに作られた学部です。理工学部への統合前の工学部はその歴史は古く、1922年に徳島高等工業学校として設置され、平成29年に96年目を迎えました。工学部としては中四国地区工学部では学生定員が一番多く、約4万人以上の卒業生を社会に輩出し多くのOB・OGが活躍しておられます。総合科学部は1874年設立の徳島師範期成学校を基に設立された教育学部から1986年に文理融合教育を目指し設置された学部で、人文・社会・理学分野の教育と教員養成が行われてきた学部です。
 近年、産業のグローバル化が進み、日本が得意としてきた安価で高信頼性・高機能なモノ作りから脱皮する必要性が高まり、社会からは大学でのイノベーション教育が強く求められるようになってきました。その要望に応えるためには工学のそれも狭い専門分野だけでなく、理学も含めた広範囲な分野の勉学が求められるようになってきました。その一方で社会からは少子高齢化に伴い現在も既存の人材育成が求められていることから、理工学部を作り、(1)旧総合科学部で行ってきた理学教育と教員養成、(2)旧工学部で行ってきた工学教育も残しながら、(3)工学のセンスをもった理学者、理学のセンスを持った工学者の育成を可能にできる体制に整備致しました。
 本学では改組前の総合科学部、工学部の大学院として博士前期課程と後期課程の大学院を設置しています。工学部においては、OB・OGの社会での活躍で企業が本学の大学院生を積極的に採用して頂いている関係で、工学部生の約半数は大学院博士前期課程に進学しています。平成28年4月の理工学部設置に伴い、理工学部学生のための新たな大学院の設置にむけて現在、準備を行っております。
 本学学内には、保健管理・総合相談センターなどの相談体制も整っており、また理工学部・大学院独自の返済義務を課さない日亜特別待遇奨学生制度注1)(日亜化学工業株式会社様のご篤志によります)、研究発表旅費補助制度なども整備されています。海外留学支援制度やイノベーション教育設備も整っており、有意義な学生生活を送れる教育環境にあります。
 理工学部があるキャンパスの近くには十分整備されたアパートが豊富にあり、66%の下宿生が4万円未満の家賃で住んでいます。そこからキャンパスまで徒歩か自転車で通学しており、大都会にある大学では考えられない生活費で過ごすことができます。キャンパスが徳島市の中心部にあることからアルバイトも豊富で自宅通学者も含め63%の学生がアルバイトをしています。そのキャンパスへは神戸市三ノ宮駅から高速バスで約110分と京阪神から近く、京阪神で開催される就職イベントにも日帰りで参加できるなど四国にある大学でありながら、非常に便利なところにキャンパスがあります。
 このような環境下で理工学部生が社会にでて活躍できる素養を身につけることができるよう教職員一同、努力しておりますので、ぜひこの理工学部で勉学して頂ければと思っています。

 

 注1) 現在のところ社会基盤デザイン,機械科学,応用化学システム,電気電子システム,情報光システムの各コースを対象としています。

 

 徳島大学理工学部長

    hashizume.gif