在宅ケア認定看護師教育課程

トップ認定看護師(Certified Nurse)とは在宅ケア認定看護師教育課程

看護リカレント教育センターでは、認定看護師教育課程在宅ケア分野を令和3年4月に開講します。
在宅ケア分野には在宅・慢性期領域パッケージの特定行為研修が組み込まれています。

看護リカレント教育センターの教育理念

変化する保健・医療・福祉環境の中で、地域で暮らす人々が疾病や障がいがあっても質の高い生活を主体的に継続できる社会をめざして、地域で支える看護の実践家・指導者を育成し、在宅ケアの質の向上及び推進を図ることを掲げています。

看護リカレント教育センター教育の目的

  1. 医療ニーズの高い在宅療養者・障がい者のケースマネジメントならびに専門的看護を提供できる認定看護師を育成する。
  2. ケースマネジメント能力を活かして、訪問看護等在宅ケア領域でリーダーシップが発揮できる認定看護師を育成する。

年間スケジュール(予定)

年間スケジュール

カリキュラム

共通科目 380時間
1. 臨床病態生理学 40時間
2. 臨床推論 45時間
3. 臨床推論 : 医療面接 15時間
4. フィジカルアセスメント:基礎 30時間
5. フィジカルアセスメント:応用 30時間
6. 臨床薬理学:薬物動態 15時間
7. 臨床薬理学:薬理作用 15時間
8. 臨床薬理学:薬物治療・管理 30時間
9. 疾病・臨床病態概論 40時間
10. 疾病・臨床病態概論:状況別 15時間
11. 医療安全学:医療倫理 15時間
12. 医療安全学:医療安全管理 15時間
13. チーム医療論(特定行為実践) 15時間
14. 特定行為実践 15時間
15. 指導 15時間
16. 相談 15時間
17. 看護管理 15時間
選択科目  
とくしま発・在宅ケア学 15時間
認定看護分野専門科目 180時間
1. 在宅ケア概論 15時間
2. 在宅ケアサービスの運営管理 15時間
3. 在宅に特徴的な病態の理解と看護 45時間
4. 在宅ケアにおける医療処置・薬剤管理 15時間
5. 在宅ケアに必要な家族支援 15時間
6. 在宅ケアに必要なセルフケア支援 15時間
7. エンド・オブ・ライフケア 30時間
8. 在宅ケアマネジメント 30時間
特定行為研修区分別科目 82時間
1. 呼吸器関連 11時間
2. ろう孔管理関連 21時間
3. 創傷管理関連 35時間
4. 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 15時間
演習・実習 165時間
特定行為区分別科目実習 各5症例以上
統合演習 15時間
臨地実習 150時間


合計時間数(選択科目は含まない) 807時間

  • 共通科目と専門科目の特定行為研修区分別科目ではeラーニングを使用する授業があります。
  • 特定行為研修区分別科目は在宅・慢性期領域パッケージの4区分4行為を行います。この実習は各行為につき5症例をおえる必要があります。
  • 臨地実習では訪問看護ステーション実習の他、見学実習を行います。
    見学実習先は病院の地域連携室、介護保険の複合型サービス、障がい者施設などを予定しています。

PAGE
TOP