HOME保健科学教育部案内大学院課程大学院課程カリキュラムポリシー

大学院課程カリキュラムポリシー

保健科学教育部

博士前期課程

保健科学教育部では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育
課程を編成・実施します。

1.幅広い学問領域の知識を修得させるため,医療系教育部を横断する共通カリキュラム科目を編成す
る。

2.高度な専門基礎知識の修得及び異なる医療専門職との協働力を育むための専門科目を編成する。

3.最先端の専門的知識と技能を修得させるため,特論科目を編成する。

4.国際的に活躍し得る人材を育成するため,優れた語学力と情報化社会への対応力を修得させる科目
を教育課程に設ける。

5.生命尊厳を基盤とした高い倫理観を形成させ,保健科学分野のリーダーを育成する科目を編成する。

6.より良い医療・保健推進のために解決すべき新しい研究テーマを自ら選択することができ,研究成
果をとりまとめ,研究発表及び論文作成ができる能力を修得させるため,複数教員の研究指導体制に
よる特別研究を設定する。

7.高度専門職業人養成のための科目を編成する。

保健学専攻 修士(保健学)

保健学専攻では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育課程
を編成・実施します。

1.幅広い学問領域の知識を修得させるため,医療系教育部を横断する共通カリキュラム科目を編成す
る。

2.高度な専門基礎知識の修得及び異なる医療専門職との協働力を育むための専門科目を編成する。

3.最先端の専門的知識と技能を修得させるため,特論科目を編成する。

4.国際的に活躍し得る人材を育成するため,優れた語学力と情報化社会への対応力を修得させる科目
を教育課程に設ける。

5.生命尊厳を基盤とした高い倫理観を形成させ,保健科学分野のリーダーを育成する科目を編成する。

6.より良い医療・保健推進のために解決すべき新しい研究テーマを自ら選択することができ,研究成
果をとりまとめ,研究発表及び論文作成ができる能力を修得させるため,複数教員の研究指導体制に
よる特別研究を設定する。

7.高度専門職業人養成のための科目を編成する。

保健学専攻 修士(看護学)

保健学専攻では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育課程
を編成・実施します。

1.幅広い学問領域の知識を修得させるため,医療系教育部を横断する共通カリキュラム科目を編成す
る。

2.高度な専門基礎知識の修得及び異なる医療専門職との協働力を育むための専門科目を編成する。

3.最先端の専門的知識と技能を修得させるため,特論科目を編成する。

4.国際的に活躍し得る人材を育成するため,優れた語学力と情報化社会への対応力を修得させる科目
を教育課程に設ける。

5.生命尊厳を基盤とした高い倫理観を形成させ,保健科学分野のリーダーを育成する科目を編成する。

6.より良い医療・保健推進のために解決すべき新しい研究テーマを自ら選択することができ,研究成
果をとりまとめ,研究発表及び論文作成ができる能力を修得させるため,複数教員の研究指導体制に
よる特別研究を設定する。

7.高度専門職業人養成のための科目を編成する。

博士後期課程

保健科学教育部では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育
課程を編成・実施します。

1.複合的な視点で保健科学を評価・分析・理解させるため,医療系教育部を横断する共通カリキュラ
ム科目を編成する。

2.他領域の研究者と協力し,新たな分野を切り拓く能力を育むための専門科目を編成する。

3.最先端の専門的知識と研究技能を修得させるため,特講科目を編成する。

4.海外教育研究機関の研究者との交流や共同研究を実施でき,研究成果を国際学会や国際雑誌に発表
できる能力を修得させるため,特講演習を編成する。

5.生命尊厳の倫理観に立脚した保健科学の新しい研究領域を切り拓く俯瞰力と独創力を涵養する科目
を編成する。

6.より良い医療・保健推進のために解決すべき独創的な研究テーマを領域横断的視点から自ら設定し,
研究成果をとりまとめ,研究発表及び論文作成,さらには,研究のマネージメントができ,研究者と
して自立した研究活動を行うに必要な高度な研究能力を修得させるため,複数教員の研究指導体制に
よる特別研究を設定する。

保健学専攻 博士(保健学)

保健学専攻では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育課程
を編成・実施します。

1.複合的な視点で保健科学を評価・分析・理解させるため,医療系教育部を横断する共通カリキュラ
ム科目を編成する。

2.他領域の研究者と協力し,新たな分野を切り拓く能力を育むための専門科目を編成する。

3.最先端の専門的知識と研究技能を修得させるため,特講科目を編成する。

4.海外教育研究機関の研究者との交流や共同研究を実施でき,研究成果を国際学会や国際雑誌に発表
できる能力を修得させるため,特講演習を編成する。

5.生命尊厳の倫理観に立脚した保健科学の新しい研究領域を切り拓く俯瞰力と独創力を涵養する科目
を編成する。

6.より良い医療・保健推進のために解決すべき独創的な研究テーマを領域横断的視点から自ら設定し,
研究成果をとりまとめ,研究発表及び論文作成,さらには,研究のマネージメントができ,研究者と
して自立した研究活動を行うに必要な高度な研究能力を修得させるため,複数教員の研究指導体制に
よる特別研究を設定する。

カテゴリー

PAGE TOP