HOME保健科学研究科案内医用情報科学領域

医用情報科学領域

大学院オープンキャンパスのご案内(2023年度入学者対象)

2022年6月8日(水)18:00-20:00 オンラインにより大学院オープンキャンパスを実施しました!
修了生・在学生からのお話や各研究室の紹介を行いました。

医用情報科学領域の概要

高度な画像診断・治療技術を修得し、技術革新に対応できる人材の養成を目指し、医用情報理工学分野と病態情報科学分野の2分野を設けています。絶えず進展する理学・工学を応用して先進医療機器の研究・開発を進めるとともに、放射線の人体・環境影響、および放射線や電磁界を用いた生体情報の解析を行い治療技術の高度化に対応できる技能を有する人材育成を行なっています。さらに遠隔医療などの医療情報システムや病院情報管理システムの高度化に即応するための画像管理・情報システム管理能力を有する高度専門家や,物理工学に精通した医学物理士の育成を行なっています。

やる気に溢れる皆さんの募集を心よりお待ちしています。

博士前期課程(医用情報科学領域)

分野 専門
医用情報理工学 先端医用画像情報学先端医用画像機器工学核医学治療・核化学(旧 先端放射分析化学) 、放射線障害分子医学脳機能画像解析学
放射線科学 医用画像解析学代謝・機能画像情報解析学放射線治療学先端医用画像評価学

試験案内(募集要項)

出願期間は 2022年7月14日(木)〜 7月21日(木)(募集要項にある出願資格⑦と⑧で出願するものは事前相談や出願資格申請期間が別途定められていますので注意ください)

学力試験は 2022年8月27日(土)

詳細はこちらの大学院保健科学教育部募集要項を参照ください。

募集人員

(看護学、医用検査学と合わせて)27名/年

出願希望者は、事前に指導を受けようとする上記の研究室の教員と連絡を取り、入学後の研究などについて相談を必ず行なってください。

 

博士後期課程(医用情報科学領域)

分野 専門
医用情報科学 先端医用画像機器工学先端医用画像情報学核医学治療・核化学(旧 先端放射分析化学) 、放射線治療学代謝・機能画像情報学放射線障害分子医学

試験案内(募集要項(後期課程))

出願期間は 2022年7月14日(木)〜 7月21日(木)※(募集要項にある出願資格⑦と⑧で出願するものは事前相談や出願資格申請期間が別途定められていますので注意ください)

学力試験は 2022年8月27日(土)
 (前期課程と同じ出願期間・学力試験日です)

詳細はこちらの大学院保健科学教育部募集要項を参照ください。

募集人員

(看護学、医用検査学と合わせて)5名/年

出願希望者は、事前に指導を受けようとする上記の研究室の教員と連絡を取り、入学後の研究などについて相談を必ず行なってください。

 ーーー 医用情報科学領域には医学物理学コースが開講されています! ーーー

医学物理学コースの概要

高度専門家の育成にあたり、当領域では医学物理学コースを開設しています。臨床領域における昨今の医学物理士の要望は、放射線医学分野における著しい技術発展と物理工学に精通した人材による医療の分担化、医療安全への真摯な取り組みによって益々強くなっています。当コースは、医用情報科学領域の博士前期課程に設置されており、医学物理士認定機構の定めるガイドラインに則った講義・演習と医学の最先端の研究を経て、世界に通用する医学物理士を育成することを目指します。

本コースは、医学物理士認定機構教育コースとして医学物理士認定機構の認定を受けています。

  • 医用情報科学領域に入学した大学院生全員が対象になります(以下に示す履修要件があります)。
  • 医学物理学コースの説明会や履修手続きは、大学院入学後に行います(募集時や学力試験等では行いません)。
  • 履修の概要は以下の通り;
  1. 医学物理士認定機構が定めるガイドラインに準拠した科目(別表)を履修すること.ただし,学部で履修したとみなされる科目については免除することができます.
  2. 必修科目については,指導教員の担当する医用情報科学特別研究を履修すること.
  3. 選択科目については,以下のとおりです.
    • 全専攻系共通カリキュラム科目,各専攻系間の共通カリキュラム科目及び保健学専攻共通科目から3科目6単位以上を履修すること.
    • 指導教員の担当する専門科目から2科目6単位(講義2単位,演習4単位)以上を履修すること.
    • 他の専門科目(講義)から3科目6単位以上を履修すること.
    • 原則として特別研究以外の授業科目については1年次に履修し,特別研究は1年次(後期)及び2年次に履修すること.
    • 医学物理学コースを履修する者は,全専攻系共通カリキュラム科目から研究法論,悪性腫瘍の管理と治療,医療情報学及び医療倫理と法律的・経済的問題を履修し,かつ,保健学専攻共通科目から臨床腫瘍学概論を履修すること.
  4. 医学物理学コースを履修する者においては,1~3で述べた修了要件となる授業科目を効率よく履修することを目的とした「医学物理学コース履修モデル」を入学直後のガイダンスにて提案しますので,指導教員と履修科目を検討する際の資料としてください.

本コースでは、上記ガイドラインの科目単位を取得するために、学部講義の履修を可能にしています。
ただし、学部単位の振替が10単位を超えるような場合、履修プランを変更してもらうことがあります。

徳島大学大学院医用情報科学領域およびその医学物理学コースに興味をお持ちの方で不明な点等がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

2認定機構別表 (PDF 63.7KB)

PAGE TOP