学科長あいさつ

保健学科長 安井 敏之

2019保健学科長 安井敏之.jpg 

 

 

 

 

  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        医療技術が飛躍的に進歩し、元気で年老いたいという人々が増え、健康に対する関心は高まっています。そのため健康を包括的に探求し、様々な健康段階にある人々をいろんな方面から支援する保健学を基盤とした医療専門職への期待は大きくなっています。その期待に応えるのが保健学科の使命と考えています。

 蔵本キャンパスには、医学部、歯学部、薬学部と医療系の学部が集まっています。医学部には医学科、医科栄養学科、保健学科の3学科があり、保健学科には、看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の3専攻があります。将来、医療系の様々な分野で活躍したい学生さんが蔵本キャンパスに集まっています。勉強だけではなく、サークルなどを通していろんな学部、学科、専攻の学生さんと触れ合う機会を持ち、お互いの考えを聞き、チーム医療の基本を学ぶための基盤があります。講義を受ける場所は大学病院の隣に位置し、実習も大学病院が中心であり、医療について臨場感あふれる場所での学習は良い刺激となり、モチベーションにもつながります。また、国際交流も高めることができるように、米国、フィンランド、フィリピンなどと協定を結んでおり、国際的な点からも刺激をうけることができます。日本と異なった文化を知ることはこれからの国際社会に向けて必要になるでしょう。

 さらに、大学院には、生涯健康支援学領域、医用情報科学領域、医用検査学領域の3つの領域があり、教育や研究者の育成とともに、助産実践コースや養護教諭(専修免許状)、専門看護師、医学物理士など、高度医療専門職者を養成するカリキュラムも設けています。

眉山が見えるこの学び舎で、いろんなチャンスを生かして充実した大学生活を送られることを心より期待しています。