分野紹介

画像医学・核医学分野では核医学を用いた腫瘍、循環器(心臓)、呼吸器の代謝・機能イメージングと解析を含めた臨床画像評価、動物用PET/CT装置を用いた種々の疾患モデル動物のイメージング,および生体機能評価および医療の現場で利用するX線や磁気共鳴現象を用いた画像の成り立ちから解析・評価までの各過程におけるそれぞれの有用性や問題点を明らかにしながら,最先端の画像形成技術や評価法を検討している。

Department of Medical Imaging/Nuclear Medicine
 Focuses on following metabolism and function ;

  1. Oncology
  2. Cardiology
  3. Respiratory(lung)
  4. Molecular imaging
  5. Animal model

Utilizes following modalities ;

  1. Nuclear medicine(clinical and experimental PET/CT)
  2. Magnetic Resonance Imaging
  3. Dual energy computed tomography
  4. Analog/Digital imaging system for general X-ray device

カテゴリー

PAGE TOP