HOME研究分野医用放射線科学講座近況報告 (Status Updates)

近況報告 (Status Updates)

西山助教らの論文が、Genes誌の特集 "Role of ATM and MRE11 in Genomic Stability and Oxidative Stress Responses" に掲載されました。

慶応大学薬学部、放射線医学研究所、東北大学大学院医学系研究科、東京理科大学薬学部との共同研究成果になります。

フラボノイドの1種であるイソラムネチンに放射線による腸管障害を防ぐ活性があることを発見しました。

Published on September 26, 2021.  https://www.mdpi.com/2073-4425/12/10/1514

 

西山助教らの論文が、International Journal of Radiation Biology誌に掲載されました。

オルトバナジン酸による放射線防護効果には組織特異性があることを明らかにしました。

Published on June 14, 2021.  https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09553002.2021.1941377

 

西山助教が申請した科研費 基盤研究(C)、

放射線防護剤バナデートの新規放射線防護作用と放射線治療用腸管保護剤としての応用

が採択されました。

 

放射線医学研究所・量子医科学研究所、東京理科大学薬学部との共同研究論文が、Frontiers in Public Health誌に掲載されました。

粒子線による正常組織障害にもp53制御剤が有効であることを明らかにしました。

Published on December 3, 2020.  https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpubh.2020.601124/full

カテゴリー

PAGE TOP