赤池 雅史
徳島大学医学部長
赤池 雅史

徳島大学医学部は、第二次世界大戦中の昭和18(1943)年に四国最初の医学専門学校である「徳島県立徳島医学専門学校」として設立され、昭和20(1945)年4月には官立に移管されて「徳島医学専門学校」となりました。戦後、昭和23(1948)年2月に徳島医科大学に昇格し、昭和24(1949)年5月には国立大学設置法により四国唯一の国立大学医学部となり、令和元(2019)年の本年で76周年になります。当初は医学科のみでしたが、昭和39(1964)年に栄養学科が設置され、平成26(2014)年に、医科栄養学科に改組されています。また、平成13(2001)年には、医療技術短期大学部を併合し保健学科が設置されました。

医学科は、基礎系ならびに臨床系の各分野と徳島大学病院が中心となって医療、教育、研究、保健・福祉活動を通じて社会に貢献し、医学の発展に寄与できる人材を育成します。6年間の課程を修了すると医師国家試験受験資格が得られますが、カリキュラムでは、10か月にわたる本格的な研究室配属と、多種多様なシミュレータを有するスキルスラボでの臨床技能トレーニングや日本全国や海外での学外臨床実習が充実している点を特徴としています。大学院は昭和30(1955)年に大学院医学研究科として設置され、平成16(2004)年に大学院医科学教育部に改組されて、今日に至っております。また、医学科4年次修了時に休学して大学院博士課程に進学し、学位を取得した後に医学科5年次へ復学する「MD-PhD コース」も設けています。このコースでは、9年間で医学博士と医師免許の両方を取得することが可能であり、基礎ならびに臨床の領域で研究医として活躍する人材を育成することを目指しています。徳島大学病院では、医学科教員が病院スタッフとして診療を行いながら、学生の診療参加型臨床実習とともに、医師の初期臨床研修や専門研修等の卒前・卒後教育に携わっています。また、多くの最先端の医療機器を整備し、特定機能病院、がん診療連携拠点病院としてさまざまな高度先進医療を行っています。隣接する徳島県立中央病院とはブリッジで繋がり、両者の特徴を活かしながら密接に連携をはかることで、「総合メディカルゾーン」として質の高い医療と教育の場を構築しています。さらに、国際貢献の一環として、愛媛大学とともに、JICA(独立行政法人国際協力機構)が支援するモンゴル国立医科大学附属病院建設に伴う人材育成支援を行っています。

医科栄養学科は、「食律生命」の理念のもとに、医学と連携した医科栄養学を通して、高度化する医療と人々の食生活の改善・健康の維持増進に資することができる人材を育成します。国立大学法人の医学部にある唯一の栄養学の高等教育・研究機関として、医学的見地から、わが国の栄養施策の啓発・推進役となる管理栄養士、臨床の場で、高度な知識をもって医師と連携して患者をサポートできる管理栄養士、栄養学の基礎的研究、教育を担う研究者・教育者の養成を行っています。また、昭和44(1969)年には大学院栄養学研究科が設置され、平成16(2004)年、大学院栄養生命科学教育部に改組されました。

保健学科は、高度化、専門化する医療を支え、保健・医療・福祉において多様化するニーズに対応できる有能な医療技術者を育成します。看護学専攻、放射線技術科学専攻、検査技術科学専攻の3専攻があり、看護師、保健師、助産師、診療放射線技師、臨床検査技師を養成します。看護学専攻では、生命尊重を基調とした高潔な人格形成を図るとともに、科学性、倫理性を基盤にした看護実践ができる専門職を目指します。さらに、看護学の教育・研究・管理を担うことができるスペシャリストの育成を目指し、保健・医療・福祉の充実や発展に寄与することを理念としています。放射線技術科学専攻では、放射線医療についてしっかりとした基礎知識と技術を習得し、豊かな人間性と科学的な判断力を持って、患者のために専門的知識と技術を自ら高め、医療現場での放射線技術に関する管理だけでなく、教育・研究が推進できる人材を養成します。検査技術科学専攻では、生命の尊厳や倫理を理解し、広い教養と専門知識を持ち、広く国民の保健医療の向上と発展に寄与できる想像性豊かな臨床検査技術者を養成しています。平成18(2006)年には大学院保健科学教育部も設置され、また、近年、海外協定校との交流も活発であり、より高度な専門的内容の教育・研究活動を行っています。

近年、医療教育では自己点検と外部評価により教育の質を常に改善することが求められています。医学科では、平成30(2018)年10月に一般社団法人日本医学教育評価機構(JACME)による医学教育分野別評価を受審し、令和元(2019)年6月1日付で認定されました。医学部ではこれからも国際基準に基づいた教育の質保証をはかりながら、同じ蔵本キャンパスにある歯学部、薬学部、先端酵素学研究所や、常三島キャンパスにある理工学部、生物資源産業学部、総合科学部、教養教育院等とも密接に連携しながら、地域医療へ貢献するとともに、世界に情報を発信できる国際性とリーダーシップを兼ね備えた人材を育成していく所存です。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ