予防医学分野

有澤孝吉教授

ヒト集団における環境要因と健康との関連を疫学的手法によって明らかにし、疾病予防に貢献することを目的としている。

主要研究テーマ

  1. 生活習慣、遺伝要因と慢性疾患との関連についての前向きコーホート研究(J-MICC 研究徳島地区調査)
  2. 一般日本人における塩素系・臭素系ダイオキシン類の血液中レベルおよび食事摂取量とその関連要因に関する研究
  3. カドミウム曝露と死亡率・がん罹患率との関連についての追跡調査およびメタアナリシス
  4. 女性医学に関する臨床疫学
  5. ヒトT 細胞白血病I 型ウイルスの疫学
  6. プロテオミクス解析を用いた環境汚染物質の生体影響に関する実験的研究。

予防医学分野の詳細はこちら

医療教育学分野

赤池雅史教授

本分野では、医療教育開発センター、医学部教育支援センター、徳島大学病院キャリア形成支援センター等と連携して、下記をはじめとする医療人の卒前~卒後~生涯教育支援ならびに新しい教育プログラムの研究開発とその検証に取り組んでいる。

主要研究テーマ

  1. PBLチュートリアル教育
  2. 診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)
  3. スキルスラボでのシミュレーション教育
  4. 模擬患者参加教育
  5. 客観的臨床能力試験(OSCE)
  6. 医療人としてのキャリア形成教育

医療教育学分野の詳細はこちら

総合診療医学分野

谷 憲治 特任教授

総合診療医学分野は、2010年4月に徳島県の寄附講座として徳島大学大学院に開設され、地域医療レベルの向上と地域医療に貢献できる総合診療医育成に向けて、地域医療現場での情報収集を行いながら研究を行っている。

主要研究テーマ

  1. 地域医療に貢献できる医療人育成のための地域密着型臨床実習の研究開発
  2. 総合診療医育成のための一貫教育研修プログラムの研究開発
  3. 地域医療機関における効果的連携システムの研究開発
  4. 医療資源を有効に活用する疾患別診療連携システムの研究開発

総合診療医学分野の詳細はこちら

公衆衛生学分野

森岡久尚教授

ヒトの疾病や健康を考えるとき、宿主、環境、病因のそれぞれの要因を把握することが重要です。還元的に諸要因を分析する研究がある一方、統合的にこれらの要因に働きかけ変化させることにより、人間社会とその構成員の健康の維持・増進に役立てようという研究があります。

主要研究テーマ

  1. ゲノム,プロテオミクスに関連したテーマ
    • Y染色体の進化と日本人のル-ツ
    • 縄文人と弥生人
    • ヒトの性分化
    • ヒトにおける精子形成とその異常
  2. 臨床遺伝学の実践
    • 遺伝カウンセリング(大学病院・遺伝相談室)
  3. 公衆衛生に関連したテーマ
    • 徳島県の子どもの体格調査と介入
    • 徳島県における保健・医療関連の調査
    • 生活習慣病と体質に関する基礎的研究
    • 生活習慣病の予防に向けた地域介入研究
    • 痴呆予防など高齢者を対象とした研究
  4. その他のテーマ
    • ナノデバイス等のバイオ手法・技術に関する研究

公衆衛生学分野の詳細はこちら

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ