臨床では入院患者の栄養管理(低栄養、肝硬変、糖尿病)を行っています。基礎研究では、分子生物学のみならず種々の方法を用い以下の分野の研究を行っています。

主要研究テーマ

  1. イオン(電解質)輸送、糖、アミノ酸輸送に関する研究……電気生理学と分子生物学的の両手法を用いて研究。糖尿病(インスリン抵抗性と糖輸送、GLUT4)、下痢(Cl イオン分泌)、高血圧(K およびCa イオン輸送)などの疾患に関連。
  2. 糖尿病の合併症の発生機構と治療に関する研究……糖尿病モデル動物(OLETF)を用いて、インスリン抵抗性、心血管合併症などを研究
  3. 運動の効果……実験動物および人における運動の効果、特に酸化ストレスおよびサプリメントの効果をDNA マイクロアレイなどにより研究。高運動習性を持つモデル動物(SPORTS ラット)を開発中で運動習慣の形成のメカニズムを研究

オリジナルサイトはこちら

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ