応用化学システムコース

コースの詳細

応用化学システムコースでは,物質合成化学分野,物質機能化学分野,化学プロセス工学分野の構成の下に,基礎化学から応用化学,化学工学までの幅広い化学技術に関する専門性の深化と,合成開発,物質機能創造,あるいはプロセス開発に関する知識・技術を基礎として広い視野に立って他分野との融合化を図り,現代社会の基幹を成す科学技術分野である有機・無機物質の新規合成法の開発,新素材の開発,機能性分子の構造解析と機能解析,資源循環,化学プラントの開発に貢献することができる高度専門職業人の養成を目指します。

コースの特徴

関連分野の中でも複合的な課題解決が求められる応用化学システム特別研究と,より高い専門性が要求される応用化学システム特別輪講について,体系的に深く学修するとともに,研究科内の関連する他の分野とも連携した教育を行います。

講座の紹介

物質合成化学講座

有機化合物・高分子化合物の合成、分離分析、反応メカニズムの解明などの基礎化学とその手法を応用して、高付加価値物質、高機能性材料の創造について教育・研究します。有機合成化学と高分子化学の研究グループがあり、生活に役立つ新しい物質、素材をつくる夢を追求します。21世紀は真の意味で原子・分子の時代といって過言ではなく、当コースのめざしている「分子設計」の夢は果てしなく広がります。

物質機能化学講座

物質を分子や原子のレベルで観測する先端的手法と、そこで得られた構造や動態の知見を物質機能の創成に利活用する方法論について研究・教育する分野です。高分解能の新規な分離・分析手法の開発から、超高圧・超臨界など極端条件下の物性化学、高機能バイオセンサ開発、ナノ粒子・ナノシートの合成と制御、宇宙ステーションでの無重力結晶成長観測まで、化学の最前線の広がりと可能性を体感するとともに、多様性の中の普遍性を物理化学の基礎理論と応用技術に学ぶことで、技術革新に貢献し得る能力を培います。

化学プロセス工学講座

高度な現代社会では、「画期的な新機能」と「環境へのいたわり」を同時に満たす材料や反応の創造し、それを実際のプロセスで実現することが生産現場に密接に関連する講座に求められます。このために、化学工業における製造プロセスの開発、装置およびプラントの設計保全ならびに新しい材料の機能設計に関する基礎理論と応用技術について教育・研究を行う化学装置工学、移動操作工学、化学反応工学の研究グループを設置しています。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ