学部案内

教育研究上の目的

 理工学部理工学科では、自立した一人の人間として社会の中で力強く生きる力(知力、社会・対人関係力、自己制御力)及び社会や世界の諸問題に対する鋭敏な知覚力を有し、科学技術を通じて高い倫理観をもって解決に取り組む能力を修得することができます。

  • 社会基盤デザインコースでは、数学・物理・地球科学の理学と建設・建築・都市・環境・防災を融合的に学び、国・都市・地域の社会基盤(インフラ・建築物)のデザイン(計画・設計・管理)に必要なハードとソフトの幅広い理論と技術を修得することができます。
  • 機械科学コースでは、物理・数学の理学と機械工学を融合させ、材料、運動、エネルギー、設計、加工、自動制御、計測手法等に関する知識と技術を修得することができます。
  • 応用化学システムコースでは、基礎化学とともに幅広い理工学の基盤に関する知識に立脚し、化学技術を応用できる広範な理工学分野に適合するための応用化学、化学工学、グリーンテクノロジーに関する知識と技術を修得することができます。
  • 電気電子システムコースでは、数学・物理・化学の理学と電気電子工学を融合的に学び、電子物性工学、電力工学、計測制御工学、通信工学、電子機器工学等、電気の発生と応用技術に関する知識と技術を修得することができます。
  • 情報光システムコースでは、基礎科学と情報工学、光工学、知能工学を融合させ、情報光システムの全体を大局的に把握でき、知的で創造的な情報光システムの開発ができる幅広い知識と技術を修得することができます。
  • 応用理数コースでは、数理及び自然科学の広範な知識と理工学センスのものづくりを学び、数理的概念と身の周りの自然現象の理解を深め、科学の最先端に触れながらその背後にある数理的構造と性質に関する知識と技術を修得することができます。