酒井 徹
栄養生命科学教育部長
医科栄養学科長
酒井 徹

元号が平成から令和となりました。栄養生命科学教育部の母体である医学部医科栄養学科は1964年に創設され、55年目を迎えます。本学科は「食律生命」の理念のもと栄養学分野の指導的な研究者および教育者を養成するために設立されました。平成26年(2014年)には「栄養学科」を「医科栄養学科」へと改組を行い、医学部内にあるメリットを十分に生かし医療分野で広く活躍する管理栄養士を養成する教育体制を構築しました。学部教育の改組に伴い大学院改革も現在進行で進めています。栄養生命科学教育部の基幹分野は、生体栄養学分野、応用栄養学分野(分子栄養学分野)、食品機能学分野、予防栄養学分野、代謝栄養学分野、臨床食栄養学分野、実戦栄養学分野、疾患治療栄養学分野の8分野です。大学院生は、細胞や動物を用いた基礎的な研究から人を対象とした臨床研究まで栄養・健康に関わる幅広い分野の研究に日夜・休日を問わす携わっています。 “ブラック”的な環境を想像されるかもしれませんが、少なくとも私の目には自らの研究を楽しみ、研究を通じて自分自身を成長させているように映ります。
栄養生命科学教育部の前身である大学院栄養学研究科は、昭和44年(1969年)に修士課程、昭和46年(1971年)に博士課程が設置され数多くの修了生が教員、病院、企業、公務員など各界で活躍しております。本教育部の特徴は、360名を超える博士(栄養学)を輩出し、150名を超える教授・准教授が全国の栄養学系国公私立大学において教壇に立ち、栄養学教育研究のリーダーとしての役割を果たしてきたことです。本教育部がさらなる発展を遂げることができるよう、みなさまのご支援をお願いいたします。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ