赤池 雅史
医科学教育部長
赤池 雅史

徳島大学医学部は昭和18(1943)年に四国初の医学専門学校である徳島県立徳島医学専門学校として創設され、昭和24(1949)年5月には四国唯一の国立大学医学部となりました。大学院は昭和30(1955)年に大学院医学研究科(博士課程)が設置され、平成15(2003)年に修士課程も設置されました。平成16(2004)年に医学、栄養学、歯学、薬学の各研究科が統合され、教員組織であるヘルスバイオサイエンス研究部(2015年に「医歯薬学研究部」に名称変更)が設置されたことに伴い、教育組織である大学院医科学教育部(医科学専攻、医学専攻)に改組され今日に至ります。

本学蔵本地区には、医科学、口腔科学、薬科学、栄養生命科学、保健科学の5つの大学院教育部)があり、医学部、歯学部、薬学部、先端酵素学研究所、ならびに徳島大学病院とともに、医療系の教育・研究・診療の一大拠点を形成しています。先端酵素学研究所は、世界をリードする多くの人材を輩出してきた医学部附属酵素研究施設(1961年設置)を源流とする「疾患酵素学研究センター」とゲノム研究を推進する「疾患プロテオゲノム研究センター」を改組し、「藤井節郎記念医科学センター」と「糖尿病臨床・研究開発センター」を統合することによって設置された附置研究所で、医科学教育部の大学院教育にも積極的に参画していただいています。また、医科学教育部では医療教育開発センターの支援の下で他の教育部と連携して、大学院共通科目、統合医療学際教育英語プログラム、Tokushima Bioscience Retreatならびに教育クラスター等の組織横断的大学院教育にも積極的に取り組んでいます。今後はさらに理工学部やポストLEDフォトニクス研究所等と連携して、医光・医工連携研究を大学院教育に取り入れていく予定です。
 
医科学教育部では、このような本学の教育・研究環境の特徴・強みを生かして、基礎系分野と臨床系分野が学際的に研究連携を深める中で、高度の研究能力と豊かな学識を備え、医学・医療の発展に貢献し、世界に発信できる研究者、ならびに臨床医を育成していきたいと思います。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ