徳島大学白菊会会員様への御連絡(令和3年3月18日)                                                                                                                                                                                                                                      徳島大学白菊会会員並びにご家族の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素からの白菊会へのご支援・ご協力を賜り、心から御礼申し上げます。
 さて、先日より新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、死因が新型コロナウイルス感染症及びその疑いがあるご遺体のお引き取りを控えさせていただいております。
 現在、徳島県の感染状況はとくしまアラートの発動もされておらず、徳島大学の事業継続計画(BCP)もレベル1と比較的落ち着いておりますが、なおも、職員の行える業務には制限がつき、ご遺体のお引き取りが困難となるケースが予想されます。引き続きご理解のほどよろしくお願い申し上げます。何かご不明の点がございましたら、徳島大学白菊会までご連絡ください。

徳島大学白菊会会員様への御連絡(令和2年8月7日)
 徳島大学白菊会会員並びにご家族の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素からの白菊会へのご支援・ご協力を賜り、心から御礼申し上げます。
 さて、先日より新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、死因が新型コロナウイルス感染症及びその疑いがあるご遺体のお引き取りを控えさせていただいておりました。
 現在、徳島県はとくしまアラート(感染拡大注意)が発動され、それに伴い、徳島大学の事業継続計画(BCP)もレベル3まで引き上げられました。職員の行える業務に制限が付き、ご遺体のお引き取りが困難となるケースが予想されます。引き続きご理解の程よろしくお願い申し上げます。今後、お引き取りに関しての方針変更があった場合は、このHPにてお知らせいたします。
 何かご不明な点がございましたら、徳島大学白菊会までご連絡ください。

徳島大学白菊会会員様への御連絡(令和2年5月21日)
 徳島大学白菊会会員並びにご家族の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素からの白菊会へのご支援・ご協力を賜り、心から御礼申し上げます。
 さて、先日より新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、死因が新型コロナウイルス感染症及びその疑いがあるご遺体のお引き取りを控えさせていただいておりました。
 現在、徳島県は緊急事態宣言が解除になり、新たな日常のスタートとなりましたが、まだ予断を許さない状況であることには違いありません。今後も新型コロナウイルス感染症を疑われるご遺体のお引き取りを控えさせていただく可能性もございます。引き続きご理解の程よろしくお願い申し上げます。
 今後とも何かご不明の点がございましたら、徳島大学白菊会までご連絡ください。

 白菊会年間行事予定(R2/5/21 現在)
・白菊会総会(本年度中止)
・地区集会(本年度中止)
・御遺骨返還、感謝状贈呈式(10月開催予定)
・学生との懇談会、解剖体慰霊祭(未定)

徳島大学白菊会
TEL:088-633-7027
メールアドレス:shiragiku@tokushima-u.ac.jp

 

白菊会理事長の挨拶

徳島大学白菊会理事長 香西 孝史

いま、命を大切にする社会全体のとりくみが、とても大切になっているように思います。徳島大学医学部や歯学部は、社会が求める人材の育成に日々努められており、その事業に無条件・無報酬のボランテイアとして貢献できればと、献体の登録をしている人々の会が徳島大学白菊会です。

1967年の発足から、大学とともに県民のご理解をえるために広報などにもつとめてきましたが、最近では会員が千名を越えるようになりました。

会員は毎年の総会、地区集会、学生さんとの懇談会などを通じて、献体の意義や社会に役立つ喜びを感じ、成願まで健康で長生きしようとの新たな意欲がでて、「登録は早く、成願はゆっくり」を心がけています。

皆さまのご協力を心からお願いいたします。

献体とは

献体とは、医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究に役立たせるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいいます。
「自分の死後、遺体を医学・歯学の教育を研究のために役立てたい」とこころざした人が、生前から献体したい大学またはこれに関連した団体に名前を登録しておき、亡くなられた時、遺族あるいは関係者がその意志にしたがって遺体を大学に提供することによって、はじめて献体が実行されることになります。

解剖には、大きくわけて次のような種類があります。

  1.  人体の構造をしらべるための系統解剖(正常解剖)
  2.  死後、すぐ病変をしらべるための解剖(病理解剖)
  3.  変死体の死因をしらべるための解剖(法医解剖または司法・行政解剖)   

献体に直接関係があるのは上記1)系統解剖(正常解剖)で、医学・歯学教育の基礎といわれております。良い医師・歯科医師を育てるためには、全身の構造を学ぶ「解剖学」の教育を充実させることが必要なのです。
平成25年度に開催された白菊会総会において、今まで医学生・歯学生の教育が中心であった系統解剖に加えて、希望する会員は医師・歯科医師の教育・研究にもご遺体を提供することができるようになりました。

白菊会年間行事

  • 御遺骨返還・感謝状贈呈式(5月)
  • 白菊会総会(5月または6月)
  • 地区集会(9月)
  • 学生との懇談会、解剖体慰霊祭(10月)

令和元年 御遺骨返還・感謝状贈呈式,解剖体納骨式及び追悼式 

令和元年5月22日(水)  

蔵本キャンパス内の青藍会館に於いて「令和元年 御遺骨返還・感謝状贈呈式」が行われました。平成30年度の解剖に供された方の御遺骨49柱を御遺族にお返しするとともに文部科学大臣からの感謝状と徳島大学医学・歯学部からの感謝状を贈呈しました。歯学部長の挨拶、解剖学分野教授挨拶の後、医学部及び歯学部の 学生代表がお礼の挨拶を述べて御遺骨返還・感謝状贈呈式は終了しました。引き続き解剖体慰霊碑前に於いて「納骨式及び追悼式」が執り行われ、御遺族、教職員と多数の学生が参列し献花を行い、御献体賜った方々の御冥福をお祈りしました。その後、大学への納骨を希望された方の御遺骨を解剖学実習を行った医学・歯学部生たちが納骨堂に納めて終了しました。

白菊会総会

令和元年6月18日(火)

 ホテルクレメント徳島において第52回徳島大学白菊会総会が開かれました。総会には約170名の会員が出席されました。学務課長の司会進行により、はじめに平成30年度に成願された会員氏名の奉読があり、その後御霊に対し出席者全員で黙祷を捧げました。続いて医学部長の挨拶、徳大病院長の挨拶、医・歯学部の解剖学分野を代表して歯学部教授の挨拶、そして理事長の挨拶とすすみ、平成30年度の新入会員の紹介の後、議事に入りました。議事では平成30年度の収支決算および令和元年度収支予算案、令和元年度事業計画等が承認されました。その後、クリニカルアナトミー教育・研究センター 副センター長 後東知宏先生による記念講演が行われ、盛況のうちに本総会は終了しました。 

地区集会

令和元年9月11日(火) 

白菊会南部地区集会が阿南市商工業振興センターにおいて開催されました。出席会員数は28名。学務課長の司会進行により、はじめに副理事より挨拶があり、続いて参加者の自己紹介、意見交換とすすみ、その後、理事長による健康相談がありました。最後に理事のハーモニカ伴奏により参加者全員で合唱をしました。昼食の後和やかなうちに地区集会は終了しました。

解剖体慰霊祭

令和2年12月18日(金) 

第 67回徳島大学解剖体慰霊祭には白菊会会員、また本学教職員・学生等が参列しました。慰霊祭では、はじめに全員で献体者の尊い御霊に黙祷を捧げました。続いて医学部長、歯学部長、解剖学関係の教授、白菊会理事長が追悼のことばを述べられました。その後、参列者全員が祭壇に献花し、最期に御遺族代表の挨拶があり、厳かに慰霊祭は終了しました。

問い合わせ先

住所:〒770-8503 徳島市蔵本町3丁目18-15
徳島大学大学院医歯薬学研究部 解剖教育支援室(白菊会事務局)
電話番号/ファックス番号:088-633-7027 平日 8時30分~17時15分
            :088-633-9211 土日・祝祭日及び平日の上記時間外

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ