HOMEセンターについてセンター長挨拶

20220324_石田先生.jpg

 データサイエンス・AIは、いわゆる第4次産業革命において中核的な役割を果たしています。これらの技術は、我々の日常生活のさまざまな分野で応用が進んでいます。  いま我々は単にデータサイエンス・AI技術の恩恵を受けるだけの立場にあるわけではありません。誰もがデータサイエンス・AI技術を活用して、文化・芸術・産業・社会・環境など問題解決に寄与できる基盤が整いつつあるのです。  データサイエンス・AIを学び活用するのに、これまでの文系・理系の区別は意味をなしません。どのような専門分野で学ぼうとも、データサイエンス・AIの知識と技術をあわせ持つことが、我々すべてに求められているのです。  徳島大学デザイン型AI教育研究センターは、デザイン思考とデータサイエンス・AI技術の両輪をもって社会課題の解決にあたる人材の育成を、大学また地域と一丸になって進めていきます。

デザイン型AI教育研究センター
センター長 石田 基広


徳島大学デザイン型AI教育研究センター規則  (PDF 168KB)