電気電子システムコース

コースの詳細

電気電子システムコースでは、物性デバイス分野、電気エネルギー分野、知能電子回路分野、電気電子システム分野の構成の下に、次世代のIoT社会を支える電子デバイス開発技術,電気エネルギーの発生と有効利用技術,通信計測制御システム開発技術とそれらを支えるエレクトロニクス回路技術など現代社会の基幹を成す科学技術分野である電気電子工学の専門性の理解を深め、広い視野に立って異分野融合により地域社会、国際社会に貢献できる知識・技術について学びます。

コースの特徴

これまでの電気電子・情報関連の産業構造が急速に、大きく変化していることに伴い、分野横断的な課題への対応が求められています。本コースでは、今までの物性デバイス分野、電気エネルギー分野、知能電子回路分野、電気電子システム分野もさることながら、ロボティクス分野、フォトニクス分野、メディカルサイエンス分野等において、機械系、光系、情報系等の分野を横断して体系的に深く学修するとともに、研究科内の関連する他の分野とも連携した教育を行うところが特徴です。

講座の紹介

物性デバイス講座

新しい電子材料や電子デバイスによるエレクトロニクスに関連する分野です。紫外発光半導体素子の開発、半導体プラズマエレクトロニクス技術、ポストシリコン・ナノ材料・デバイスプロセスの開発、GaN 系新型電子デバイス、半導体センサの開発などを行います。

電気エネルギー講座

電気エネルギーの発生・輸送と、動力へのエネルギー変換・利用法に関連する分野です。電力設備や超電導磁気浮上式鉄道のための診断技術、プラズマやパルスパワー技術の応用、電力システムからモータドライブまで、パワーエレクトロニクス技術の応用、知的な情報処理技術を応用したモノづくりに取り組みます。

電気電子システム講座

制御システムや各種の情報処理と情報通信に関連する分野です。情報化社会の要となるディジタル通信技術、現代社会に欠かせないシステム制御理論、電気電子工学と医学のコラボレーション生体医工学の研究開発を行います。

知能電子回路講座

電子回路の解析・設計法やコンピュータ等の知能をもつハードウェアとソフトウェアに関連する分野です。大規模集積回路(LSI)の高信頼性を保証する検査技術、電子回路による脳情報処理機能、動画像処理、LSI上流設計、LSIレイアウト設計などの開発を行います。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ