分取用HPLC

HOME新着情報分取用HPLC
研究分野 応用製品分析評価
機器番号 9
設備名 分取用HPLC
規格 (株)島津 高速液体クロマトグラフ
用途 様々な波長のLED光照射下で生育した植物から高速液体クロマトグラフを用いてタンパク質や代謝産物を分離する。
仕様・特徴 ・流量設定範囲:0.001〜10mL/min
・PDA検出器:測定波長範囲190〜800nm
・示唆屈折率検出器:測定範囲1〜1.75RIU
・蛍光検出器:測定波長範囲200〜750nm、水ラマンピークS/N 2000以上
・オートサンプラ:注入量設定範囲1〜100μL
・カラムオーブン:温度制御範囲(室温-10)〜85℃
・冷却機能付きフラクションコレクタ装備
・サンプルクーラー装備
設置場所 生物応用技術開発室
連絡先 とくしま地域産学官共同研究拠点
Tel:088-656-9330
E-mail:kyotenjim@tokushima-u.ac.jp

 

09.jpg

PAGE TOP