沿革

平成14(2002)年 10月1日 研究連携推進機構を設置した。
平成15(2003)年 8月1日 研究連携推進機構に知的財産本部を設置した。
平成17(2005)年 4月1日 地域共同研究センターを知的財産本部に統合した。
平成22(2010)年 7月16日 知的財産本部を産学官連携推進部に改組した。
イノベーション人材育成センターを統合し、研究推進部門とイノベーション部門の2部門となった。
平成23(2011)年 12月1日 安全環境管理部門を設置し、3部門となった。
平成24(2012)年 5月15日 プロジェクトマネジメント推進室を設置した。
平成27(2015)年 4月1日 産学官連携推進部を研究支援・産官学連携センターに改組した。
プロジェクトマネジメント推進室を統合し、知財法務部門、イノベーション推進部門、リサーチ・アドミニストレーション部門の3部門となった。
平成30(2018)年 4月1日 産業人材育成部門を設置し、4部門となった。
平成31(2019)年 4月1日 産業人材育成部門を人と地域共創センターに移管した。
イノベーション推進部門を産官学連携部門に、リサーチ・アドミニストレーション部門を研究推進部門に改称した。
令和2(2020)年 4月1日 内閣府事業推進プロジェクトチームを設置した。

 

PAGE TOP