機能分子合成薬学

研究概要

ペプチド・タンパク質化学を基盤とするPeptide-based Chemical Biologyの創生、ならびに分子科学と有機合成化学の英知を統合し、独創的な医薬品開発を指向した研究

 

  • 生体機能探索分子の設計と合成、並びにこれら分子合成のための方法論の開発
  • ペプチド・タンパク質化学先導型ケミカルバイオロジーの開拓
  • 独特のアセタール構造型光学分割剤
  • 投与物性と体内動態改良のための水溶性増強化剤
  • ピンポイント認識の要を目指す直方体型空洞分子
  • MRI増感機能付与剤
  • ペプチドミミック高効率合成剤

 

多くの研究は産官学連携により実用化されたり、その途上に位置している。

 

研究室について