○徳島大学生物資源産業学部規則

平成28年3月25日

規則第102号制定

第1章 総則

(通則)

第1条 徳島大学生物資源産業学部(以下「本学部」という。)に関する事項は,徳島大学学則(昭和33年規則第9号。以下「学則」という。)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。

2 学則及びこの規則に定めるもののほか,本学部に関する事項は,徳島大学生物資源産業学部教授会(以下「教授会」という。)の議を経て生物資源産業学部長(以下「学部長」という。)が定める。

(教育研究上の目的)

第2条 本学部は,人類が抱える生物資源と生命の諸問題を理解し,国際的視野に立って解決できる能力を持つ人材を育成することを目的とする。

第2章 入学者選考

(入学者選考)

第3条 本学部の入学者は,学則の定めるところによって選考を行うものとする。

第3章 教育課程及び履修方法

(コース)

第4条 本学部の生物資源産業学科に次のコースを置く。

応用生命コース

食料科学コース

生物生産システムコース

(コース専攻及び変更)

第5条 本学部の学生は,前条に掲げる各コースのうち,いずれか一つを専攻するものとする。

2 前項のコースを変更しようとするときは,第1年次以降の学年末に,所定の願書を学部長に提出しなければならない。

3 前項の願出については,教育上支障がない場合に限り選考の上,許可することがある。

(教育課程)

第6条 本学部の教育課程は,教養教育の授業科目(以下「教養教育科目」という。)及び専門教育の授業科目(以下「専門教育科目」という。)により編成する。

(教養教育科目の履修等)

第7条 教養教育科目の履修等に関することは,徳島大学教養教育履修規則(平成27年度規則第39号。以下「教養教育履修規則」という。)の定めるところによる。

2 教養教育履修規則第5条に定める履修要件は,別表第1のとおりとする。

(専門教育科目)

第8条 専門教育科目の区分は,必修科目及び選択科目とする。

2 専門教育科目及びその単位数は,別表第2のとおりとする。

3 他の学部に属する専門教育科目は自由科目とし,これを履修することができる。

(履修手続)

第9条 専門教育科目を履修するには,学期の始めに前条に規定する授業科目から履修しようとする授業科目を選択して,授業担当教員の承認を得た後,履修科目登録届を提出しなければならない。

2 履修科目登録届の提出に当たっては,履修科目として登録することができる単位数の上限(以下「履修登録単位数の上限」という。)を超えて登録することはできない。ただし,所定の単位を優れた成績をもって修得した学生については,履修登録単位数の上限を超えて登録することができる。

3 履修登録単位数の上限及び履修登録単位数の上限を超えて登録することができる場合の認定の基準については,学部長が別に定める。

第10条 第8条第3項の規定により他の学部に属する専門教育科目を履修するためには,学部長を経て関係学部長の許可を得た後,当該専門教育科目担当教員に受講申請するものとする。

(単位の計算方法)

第11条 専門教育科目の単位の計算方法は,学則第30条第2項の規定に基づき,次のとおりとする。

(1) 講義については,15時間の授業をもって1単位とする。

(2) 演習については,30時間の授業をもって1単位とする。

(3) 実験及び実習については,45時間の授業をもって1単位とする。

(進級要件)

第12条 上級学年に進級するためには,原則として各コースにおいて必要と認めた授業科目について,その単位を修得していなければならない。

(卒業研究)

第13条 卒業研究を行うには,各コースにおいて必要と認めた授業科目について,その単位を修得していなければならない。

(留学及び他の大学又は短期大学における授業科目の履修)

第14条 学則第27条の2の規定に基づき外国の大学又は短期大学に留学しようとする学生及び第34条の2の規定に基づき他の大学又は短期大学の授業科目を履修しようとする学生は,所定の願書を学部長を経て学長に提出し,許可を受けなければならない。

(単位の認定)

第15条 前条の規定により許可を受けた学生(以下「派遣学生」という。)が修得した単位の認定は,当該大学又は短期大学が発行する成績証明書により行う。

2 学則第34条の3の規定に基づく大学以外の教育施設等における学修の単位認定及び第34条の4の規定に基づく休学期間中の外国の大学又は短期大学における修得単位の認定は,当該大学以外の教育施設等又は外国の大学若しくは短期大学が発行する成績証明書により行う。

(履修報告書)

第16条 派遣学生は,派遣期間が終了したときは,所定の履修報告書を速やか(外国の大学又は短期大学に留学する者については,帰国の日から1日以内)に学部長を経て学長に提出しなければならない。

(実施細目)

第17条 前3条に定めるもののほか,派遣学生に関し必要な事項は,学部長が別に定める。

第4章 試験及び卒業

(成績の考査)

第18条 成績の考査は,試験の成績並びに授業への出席状況,宿題及びレポート等による授業への取組及びその成果を考慮して行う。ただし,演習,実習及び実験については,試験を行わないことがある。

2 出席時数が著しく少ないときは,その授業科目の受験資格を与えないことがある。

(成績)

第19条 成績は,100点をもって満点とし,60点以上をもって合格とする。

2 成績は,秀(90点以上),優(80点以上)良(70点以上)及び可(60点以上)に区分する。

(再試験及び追試験)

第20条 再試験を行う場合には,原則として当該学期内に行う。

2 追試験は,原則として行わない。ただし,定められた期日に理由があって受験できなかった者は,前項の再試験を受けることができる。

(卒業)

第21条 本学部を卒業するためには,次の単位を修得しなければならない。

応用生命コース

教養教育科目 31単位以上

専門科目

必修科目 70単位

選択科目 24単位以上

計 94単位以上

合計 125単位以上

食料科学コース

教養教育科目 31単位以上

専門科目

必修科目 62単位

選択科目 32単位以上

計 94単位以上

合計 125単位以上

生物生産システムコース

教養教育科目 31単位以上

専門科目

必修科目 64単位

選択科目 30単位以上

計 94単位以上

合計 125単位以上

2 学則第35条の2第2項に規定する卒業の認定の基準については,学部長が別に定める。

3 卒業論文の審査は,教授会において行う。

第5章 編入学,再入学及び補欠入学並びに転学部

(編入学)

第22条 学則第21条の4第4項の規定により入学した者の在学期間は,6年とする。

2 既修得単位の認定は,教授会の議を経て定める。

(再入学及び補欠入学)

第23条 学則第21条の5及び第22条の規定により入学した者の在学期間及び既修得単位の認定については,次のとおりとする。

(1) 在学期間は,第2年次に入学した者は6年,第3年次に入学した者は4年とする。

(2) 既修得単位の認定は,教授会の議を経て定める。

(転学部)

第24条 学則第22条の3の規定により本学部に転学部を願い出た者があるときは,教育上支障がない場合に限り選考の上,許可することがある。

2 転学部を許可する時期は,入学後1年以上を経過した学年の初めとする。

3 転学部を許可した学生を在籍させる年次は,教授会の議を経て定める。

4 転学部を許可した学生の既修得単位の認定は,教授会の議を経て定める。

附 則

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

別表第1

教養教育科目の履修要件

(応用生命コース,食料科学コース及び生物生産システムコース共通)

区分

授業科目

所要単位数

一般教養教育科目群

歴史と文化

2単位

左のうちから3科目6単位以上

人間と生命

2単位

生活と社会

2単位

自然と技術

2単位

グローバル化教育科目群

グローバル化教育科目

2単位

イノベーション教育科目群

イノベーション教育科目

2単位

基礎基盤教育科目群

高大接続科目

2単位

基礎数学,基礎物理学及びウェルネス総合演習を含め8単位以上

自然科学入門

6単位

基礎数学

4単位

基礎物理学

2単位

基盤教育学

2単位

ウェルネス総合演習

2単位

汎用的技能教育科目群

SIH道場

1単位

SIH道場及び情報科学を含め3単位以上

情報科学

2単位

スタディスキル

2単位

地域科学教育科目群

地域科学教育科目

2単位

外国語教育科目群

英語

6単位

英語以外の外国語

2単位

合計

31単位

別表第2

専門教育科目表

学科共通科目(応用生命コース,食料科学コース及び生物生産システムコース共通)

授業科目

単位数

必修科目

選択科目

キャリアパス

2


*生物資源産業学概論

2


※分析化学

2


基礎物理化学


2

※基礎有機化学


2

*基礎生化学


2

*基礎生理学


2

*基礎食品化学


2

▽生物生産科学概論

2


▽食と健康概論

2


#基礎微生物学

2


△食品・生物資源関連法規

2


▽生産フィールド科学概論

2


*生物化学工学概論

2


生物情報処理学

2


技術者倫理

2


生物資源産業学特別講義

2


24

10

備考 選択科目8単位を履修すること。

専門英語教育科目(応用生命コース,食料科学コース及び生物生産システムコース共通)

授業科目

単位数

必修科目

選択科目

生物資源産業学基礎英語

2


生物資源産業学専門英語

2


英語論文講読

1


5


経済・経営関連科目(応用生命コース,食料科学コース及び生物生産システムコース共通)

授業科目

単位数

必修科目

選択科目

経済学基礎

2


経営学入門

2


起業体験実習

1


地域資源経済学

2


フードシステム論

2


知的財産の基礎と活用

2


国際農業論


2

ブランド戦略論


2

アグリビジネス起業論

2


食品マーケティング論

2


商品開発プロジェクト演習

1


16

4

コース専門科目

応用生命コース

授業科目

所要単位数

必修科目

選択科目

*生化学

2


◎▽生体高分子学


2

○#微生物学


2

○生物物理化学


2

○▽生物有機化学


2

○分子生物学


2

◎▽応用微生物学


2

◎タンパク質工学


2

◎細胞情報学


2

◎バイオリアクター工学


2

◎細胞バイオ工学


2

◎創薬学


2

◎免疫工学


2

◎#微生物検査科学


2

◎応用発酵学


2

◎バイオマス利用学


2

◎再生医学


2

◎医用工学


2

生物生産フィールド実習

1


※基礎化学実習

1


物理化学実習

1


※有機化学実習

1


▽生物資源産業学実習

2


#微生物学実習

1


*生化学実習

1


コンピュータプログラミング演習

1


インターンシップ

2


バイオマス実習

1


細胞工学実習

1


応用生命演習Ⅰ

1


#発酵学実習

1


応用生命創成実習

1


応用生命演習Ⅱ

1


卒業研究

6


25

34

備考

1 選択科目のうち,○印の授業科目から6単位,◎印の授業科目及び酵素化学(食料科学コース専門科目)から10単位を履修すること。

2 他コース専門科目の授業科目の履修単位については,選択科目の単位数に含めることができる。

3 食品衛生管理者及び食品衛生監視員になる資格を取得しようとする者は,本学部で開講されるすべての専門科目のうち※印,*印,#印,△印及び▽印の科目から合計40単位を履修する。ただし,このうち22単位以上は,※印,*印,#印及び△印の科目から履修しなければならない。この場合において各印の科目からそれぞれ1科目以上を履修するものとする。

食料科学コース

授業科目

所要単位数

必修科目

選択科目

※天然物化学


2

▽食品・栄養学概論


2

▽バイオアセスメント学


2

#食品加工保蔵学


2

▽遺伝子資源利用学


2

#食品微生物学


2

*機能食品学


2

*酵素化学


2

△食品衛生学


2

*栄養生理学


2

▽ビタミン学


2

▽食と漢方


2

*食品アレルギー学


2

▽味覚サイエンス


2

▽病態栄養学


2

#発酵醸造学


2

生物生産フィールド実習

1


※基礎化学実習

1


物理化学実習


1

※有機化学実習


1

▽生物資源産業学実習

2


#微生物学実習


1

*生化学実習


1

コンピュータプログラミング演習

1


インターンシップ

2


*食料科学実習Ⅰ

2


*食料科学実習Ⅱ

2


#発酵学実習


1

卒業研究

6


17

37

備考

1 選択科目の授業科目及び分子生物学(応用生命コース専門科目)から24単位を履修すること。

2 他コース専門科目の授業科目の履修単位については,選択科目の単位数に含めることができる。

3 食品衛生管理者及び食品衛生監視員になる資格を取得しようとする者は,本学部で開講されるすべての専門科目のうち※印,*印,#印,△印及び▽印の科目から合計40単位を履修する。ただし,このうち22単位以上は,※印,*印,#印及び△印の科目から履修しなければならない。この場合において各印の科目からそれぞれ1科目以上を履修するものとする。

生物生産システムコース

授業科目

所要単位数

必修科目

選択科目

▽植物生理学

2


フィールド環境生態学

2


○農業科学総論


2

○植物学総論


2

○グローバル生産環境論


2

○森林科学


2

○▽動物生産科学


2

○▽水圏生産科学


2

◎栽培育種工学


2

◎▽植物病理学


2

◎森林代謝学


2

◎応用昆虫学


2

◎▽植物環境応答生理学


2

◎▽水産資源学


2

◎▽家畜繁殖学


2

◎植物細胞工学


2

◎生物多様性学


2

◎生産環境制御システム論


2

生物生産フィールド実習

1


※基礎化学実習

1


▽生物資源産業学実習

2


コンピュータプログラミング演習

1


生物生産システム実習Ⅰ

1


インターンシップ

2


細胞工学実習


1

生物生産システム実習Ⅱ

1


卒業研究

6


19

33

備考

1 選択科目のうち,○印の授業科目から8単位,◎印の授業科目から14単位を履修すること。

2 他コース専門科目の授業科目の履修単位については,選択科目の単位数に含めることができる。

3 食品衛生管理者及び食品衛生監視員になる資格を取得しようとする者は,本学部で開講されるすべての専門科目のうち※印,*印,#印,△印及び▽印の科目から合計40単位を履修する。ただし,このうち22単位以上は,※印,*印,#印及び△印の科目から履修しなければならない。この場合において各印の科目からそれぞれ1科目以上を履修するものとする。

徳島大学生物資源産業学部規則

平成28年3月25日 規則第102号

(平成28年4月1日施行)