2016年 見学会報告

 

 徳島大学工業会徳島支部では、2016年10月6日木曜日に、見学会を開催しました。

 工業会関係参加者(55名)、乗務員(2名)、バス1台での旅でした。

 見学先は、四国コカ・コーラ小松工場、タオル美術館ICHIHIRO、日本食研食文化博物館(宮殿コース見学)でした。

 ほぼ予定通りに、8時に徳島駅を出発し、目的地の愛媛県に向かい、スケジュールは、順調に進み、帰りは、少し、予定より早く徳島に着きました。

 見学会当日は、台風一過で良い天気で楽しい1日でした。

 バスガイドさんの(小豆島出身?)阿波弁丸出しの楽しい語らい、良かったです。

 参加者家族様の詩吟での富士山に始まり、阿波踊りのよしこのでのしめのサプライズがありました。 

 道中、バスの中で、参加の方が、代わる代わる、マイクを握られて、思い出話、トピックス等々を語り、披露されて、今までにないなかなかの良い雰囲気でした。 

 見学先の四国コカ・コーラさんでは、コカ・コーラの誕生の歴史的説明に始まり、缶のコカ・コーラの製品ができるまでのフルオートの生産ラインを見せていただきました。

また、ペットボトル製品の製造ラインの無菌充填を含めて、興味深く見学できました。 

 日本食研さんでは、ハム研究工場で、手作りに近い、ハム・ソーセージ作りを見せていただきました。 

続いて、宮殿工場及び食文化博物館では、衛生的で、基本に忠実な設計の最新鋭の調味料製造ラインを見学できました。

たれの出荷量日本一の日本食研さんは、工場・研究所と言うより、建物外観・庭園は、宮殿・ホテルのような雰囲気でした。 

 今回、お会いした見学先の社員さんは、皆様、はきはきと元気で、覇気があり、工場の雰囲気も明るかったです。 

 昼食を兼ねて、タオル美術館CHIHIROへ立ち寄りました。建物は庭園に囲まれ、外観はカラフルで素晴らしい建物でした。タオルの模様は、プリントでなく、ちゃんと染めた糸を使用して、織機で織っているデモの製造工程に、圧倒されました。今治タオルとアートが融合した空間でした。 

 天候に恵まれ、皆様のご協力で、楽しく有意義な経験をできましたことに、感謝いたします。  

 次年度も楽しみにしています。ありがとうございました。

 

(化工49 川上敬治)