ディプロマポリシー(大学院)

先端技術科学教育部

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与します。

  1. 学識と研究能力及び高度職業能力
    工学分野の基礎知識を基にした分析力や課題探求・解決能力を備え,社会の変化に柔軟に対応できる自律的な応用力と創造力を有している。
  2. 豊かな人格と教養及び自発的意欲
    コミュニケーションを通して豊かな人間関係を築きながら高い倫理観・責任感を身につけ,知性,理性及び感性が調和し,自立して行動できる。
  3. 国際的発信力及び社会貢献
    工学分野の幅広い視点で現代社会に生じている問題を分析し,その解決に向けた世界水準の研究成果を発信する能力を備えるとともに,地域を発展させる産業創出に貢献できる。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与します。

  1. 深い学識と自立的な研究能力及び高度専門職業能力
    広い視野と高度な専門知識・技能を身につけ,自立して研究を遂行できる能力を備えるとともに,後進を指導し,工学分野の専門的な職業に従事できる卓越した能力を有している。
  2. 倫理観,責任感,創造力,応用力及び洞察力
    高い倫理観と強固な責任感,独自の発想力や豊かな創造力,広範な応用力及び深い洞察力をもって,自立して行動できる。
  3. 国際的発信力及び社会貢献
    高度な国際的視野を有し,世界をリードする研究成果を発信するとともに,専門分野を牽引して地域と国際社会の発展に貢献することができる。

 

知的力学システム工学専攻

建設創造システム工学コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と技能
     工学における幅広い教養と建設工学分野における専門知識及びスキルを備え,それらを実社会で応用する能力を有する。
  2. 問題解決能力と創造力
     現代社会に生じている問題に対して幅広い視点から分析・問題解決にあたる能力を有し,かつ,社会・自然の変化に柔軟に対応できる自立的な応用力および創造力を有する。
  3. 論理的表現能力
     社会の問題を解決する方法とその結果を的確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,不足する知識を自覚し自発的な学習をする能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を確立して,グループによる共同プロジェクトを運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国際社会に対するコミュニケーション能力を有し,平和な社会の構築と国際化に対応できる能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と卓抜した技能
     工学における幅広い教養と建設工学分野における高度な専門知識及び卓抜したスキルを備え,即戦力として実社会で応用する能力や先駆的な学術研究を推進できる能力を有する。
  2. 問題解決能力と新分野創造力
     現代社会に生じている問題に対して指導的な立場から分析・問題解決にあたる能力を有し,かつ,社会・自然の変化に柔軟に対応しつつ新たな分野を創造・構築することのできる能力を有する。
  3. 論理的表現能力
     社会の問題を解決する方法とその結果を的確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,旺盛な自発的学習能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を指導的立場から確立して,グループによる共同プロジェクトを管理運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国際社会に対する高度なコミュニケーション能力を有し,平和な社会の構築と国際化を指導的立場から推進できる能力を有する。

 

機械創造システム工学コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 応用力及び創造力
     分析力や課題探求能力・解決能力を備え,社会の変化に柔軟に対応できる自立的な応用力及び創造力を有する。
  2. 分析力及び解決能力
     幅広い視点で現代社会に生じている問題の分析力及び解決能力を有する。
  3. コミュニケーション能力
     社会の問題を解決する方法及び解決結果を的確に,かつ論理的に表現できるコミュニケーション能力を有する。
  4. 倫理感と自発学習能力
     豊かで健全な社会を創造するために技術者としての倫理観を持ち,常に自発的に学習する能力を有する。
  5. 国際化対応力
     平和な国際社会を構築し,国際化に対応できる能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 高度な専門知識
     知的力学システム工学における最先端の高度な専門知識を有する。
  2. 創造的解決能力
     現代社会に生じている問題の本質を分析するとともに専門知識を高度に駆使し,創造的に解決する能力を有する。
  3. リーダシップ
     問題解決に向けてプロジェクトを立案するとともに,リーダーとしてグループを牽引するリーダシップを有する。
  4. 国際的コミュニケーション能力
     自らの成し遂げた成果を広く社会に発信することのできる国際的なコミュニケーション能力を有する。
  5. 人間的品格
     国際社会に通用する高い見識と倫理観を有する。

 

物質生命システム工学専攻

化学機能創生コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と技能
     物質創生の基礎としての化学分野を,幅広くその周辺領域-物理学や生命科学等-も含め,深く理解し応用させることのできる能力を有する。また,環境工学科目を履修することで,環境に与える化学及び化学技術の影響を具体的に把握する能力を有する。さらに,環境工学履修モデルの学生は,その課程を修了することで,高度環境工学技術者としての能力を有する。
  2. 問題解決能力
     現代社会が直面する種々の問題を主として化学的な視点から分析し,解決する能力を有する。
     特に,化学物質の創製を,人間や自然環境への影響とそれを評価するシステムを考慮しながら進展させることができる能力を有する。
  3. 論理的表現能力及びコミュニケーション能力
     問題分析過程において,問題点を論理的,かつ明確に表現し伝えるコミュニケーション能力を有する。
  4. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     豊かで健全な国際社会を構築するための国際交流に積極的に寄与できる能力を有する。
  5. 統合的な研究推進力と創造的思考力
     化学及び化学技術に関する特定分野とそれに関連する分野を統合的に理解し,その分野に応じた研究手法を用いて,創造的思考力をもって深く探求することができる能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と技能
     物質創生の基礎としての化学分野を,幅広くその周辺領域-物理学や生命科学等-も含め,深く理解し応用させるだけではなく,新たな分野を構築することのできる能力を有する。また,環境工学科目を履修することで,環境に与える化学及び化学技術の影響を具体的に把握する能力を有する。さらに,環境工学履修モデルの学生は,その課程を修了することで,高度環境工学技術者としての能力を有する。
  2. 問題解決能力
     現代社会が直面する種々の問題を主として化学的な視点から指導的立場で分析し,解決する能力を有する。
     特に,化学物質の創製を,人間や自然環境への影響とそれを評価するシステムを考慮しながら指導的立場で進展させることができる能力を有する。
  3. 論理的表現能力及びコミュニケーション能力
     問題分析過程において,問題点を論理的,かつ明確に表現し伝えるコミュニケーション能力を有する。
  4. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     豊かで健全な国際社会を構築するための国際交流に指導的な立場で積極的に寄与できる能力を有する。
  5. 統合的な研究推進力と新たなる分野の構築・発展能力
     化学及び化学技術に関する高度に専門的な研究手法を用いて,新しい原理,方法,現象等の探求を行い.更に高度に発展させる能力を有する。

 

生命テクノサイエンスコース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識の自立的学習能力と活用能力
     生命科学研究の基礎として生命科学の幅広い分野を自立的に学習・理解し、それを応用する能力を有する。
  2. 生命科学技術者倫理の理解と活用能力
     生物の多様性や生物工学技術が生物及び地球環境に与える影響を理解し、健全な社会や環境の保全・創造に寄与する能力を修得している。
  3. 問題分析力と解決能力
     主として生物工学的な視点から、現代社会が直面する種々の問題を論理的かつ明確に分析し、それを解決する能力を有する。
  4. 論理的コミュニケーション能力と情報発信能力
     問題点の把握・分析・解決策立案の過程を論理的に表現して伝え議論するコミュニケーション能力を有する。また,研究成果等の情報を分かり易く社会に発信できる能力を有する。
  5. 国際的貢献能力
     豊かで健全な国際社会構築のための国際交流や国際協力に積極的に寄与できる能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識の自立的学習能力と活用能力
     生命科学研究の基礎として生命科学の幅広い分野を自立的に学習・理解し、それを応用する能力を有する。
  2. 生命科学技術者倫理の理解と活用能力
     生物の多様性や生物工学技術が生物及び地球環境に与える影響を理解し、健全な社会や環境の保全・創造に寄与する能力を修得している。
  3. 問題分析力と解決能力
     主として生物工学的な視点から、現代社会が直面する種々の問題を論理的かつ明確に分析し、それを解決する能力を有する。
  4. 論理的コミュニケーション能力と情報発信能力
     問題点の把握・分析・解決策立案の過程を論理的に表現して伝え議論するコミュニケーション能力を有する。また研究成果等の情報を分かり易く社会に発信できる能力を有する。
  5. 国際的貢献能力
     豊かで健全な国際社会構築のための国際交流や国際協力に積極的に寄与できる能力を有する。
  6. リーダシップ能力
     生命科学の課題解決と発展にリーダシップを発揮できる能力を有する。

 

システム創生工学専攻

電気電子創生工学コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と深い理解力
     工学・電気電子工学の幅広い先端知識をベースに専門分野に関する深い理解と応用力を有する。
  2. コミュニケーション能力・情報収集・発信能力
     コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力、情報収集・処理・発信能力を有する。
  3. 国際的視野と高い倫理観
     電気電子工学に関する諸現象を様々な視点から考察でき、国際社会に通用する高い見識と倫理観をもって情報発信できる能力を有する。
  4. 問題解決能力
     電気電子工学に関する諸問題について分析する能力を有し、自ら、その解決のための課題設定能力及び解決能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と深い理解力
     工学・電気電子工学の幅広い先端知識をベースに専門分野に関する深い理解と応用力を有する。
  2. コミュニケーション能力・情報収集・発信能力
     コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力,情報収集・処理・発信能力を有する。
  3. 国際的視野と高い倫理観
     電気電子工学に関する諸現象を様々な視点から考察でき,国際社会に通用する高い見識と倫理観をもって情報発信できる能力を有する。
  4. 問題解決能力
     電気電子工学に関する諸問題について分析する能力を有し,自ら,その解決のための課題設定能力及び解決能力を有する。

 

知能情報システム工学コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と技能
     工学における幅広い教養と情報通信及び知能工学における専門的な知識及びスキルを備え,それらを実社会で応用する能力を有する。
  2. 問題解決能力
     問題を発見,設定,分析,解決する能力を有する。
  3. 論理的表現能力
     問題とその解決方法及び解決結果を明確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,不足している知識があれば,自発的に修得する能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を確立して,グループによる共同プロジェクトを管理運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国内のみならず国際社会に対して,情報を発信したり,吸収したりする能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と卓抜した技能
     工学における幅広い教養と情報通信及び知能工学における専門的な知識及び卓抜したスキルを備え,即戦力として実社会で応用する能力を有する。
  2. 問題解決能力と創造能力
     問題を発見,設定,分析,解決するだけでなく,それをヒントに新しいものを生み出す能力を有する。
  3. 論理的表現能力
     問題とその解決方法及び解決結果を明確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,不足している知識があれば,自発的に修得する能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を確立して,グループによる共同プロジェクトを管理運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国内のみならず国際社会に対して,情報を発信したり,吸収したりする能力を有する。

 

光システム工学コース

 

(博士前期課程)

次の能力を有すると認められた者に修士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と技能
     工学における幅広い教養と情報通信及び光応用工学における専門的な知識及びスキルを備え,それらを実社会で応用する能力を有する。
  2. 問題解決能力
     問題を発見,設定,分析,解決する能力を有する。
  3. 論理的表現能力
     問題とその解決方法及び解決結果を明確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,不足している知識があれば,自発的に修得する能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を確立して,グループによる共同プロジェクトを管理運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国内のみならず国際社会に対して,情報を発信したり,吸収したりする能力を有する。

 

(博士後期課程)

次の能力を有すると認められた者に博士の学位を授与する。

 

  1. 専門知識と卓抜した技能
     工学における幅広い教養と情報通信及び光応用工学における専門的な知識及び卓抜したスキルを備え,即戦力として実社会で応用する能力を有する。
  2. 問題解決能力と創造能力
     問題を発見,設定,分析,解決するだけでなく,それをヒントに新しいものを生み出す能力を有する。
  3. 論理的表現能力
     問題とその解決方法及び解決結果を明確かつ論理的に表現する能力を有する。
  4. 自立的学習能力
     未知の分野に対する興味を持ち,不足している知識があれば,自発的に修得する能力を有する。
  5. コミュニケーション及びリーダシップ能力
     コミュニケーション及び役割分担を確立して,グループによる共同プロジェクトを管理運営する能力を有する。
  6. 国際的なネットワーク構築及び情報発信能力
     国内のみならず国際社会に対して,情報を発信したり,吸収したりする能力を有する。

 

最終更新日:2017年4月11日