カリキュラムポリシー(大学院)

先端技術科学教育部

 先端技術科学教育部では,学位授与の方針で示す能力を持った人材を育成するために,以下の方針で教育課程を編成・実施します。

 

(博士前期課程)

  1. 教育課程の編成
    豊かな人格と教養並びに自発的意欲を育て,工学分野の広角的な基礎知識を基とした分析力や課題探求・解決能力を涵養することができる授業科目を開設するとともに,修士論文作成に係る研究指導体制を整備した教育課程を編成する。
  2. 教育方法
    国際レベルの先進的研究並びに地域企業との共同研究による技術開発を推進し,体系的な教育と研究指導を行うとともに,国際交流を活性化し,社会の変化に柔軟に対応できる自律的な応用力と創造力を育む機会を提供する。
  3. 学修成果の評価
    客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,修士論文に係る研究成果の審査及び最終試験を適切に行う。

 

(博士後期課程)

  1. 教育課程の編成
    豊かな人格と教養並びに自発的意欲を育て,工学分野の卓越した専門的知識及び能力を修得させる授業科目を開設するとともに,博士論文作成に係る研究指導体制を整備した体系的な教育課程を編成する。
  2. 教育方法
    国際レベルの先進的研究並びに地域企業との共同研究による技術開発を推進し,体系的な教育と研究指導を行うとともに,国際交流を活性化し,自立して独創的な研究を遂行できる能力と高い倫理観やリーダーシップを育む機会を提供する。
  3. 学修成果の評価
    客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,博士論文の審査及び最終試験を適切に行う。

 

知的力学システム工学専攻

建設創造システム工学コース

 

(博士前期課程)

建設創造システム工学コースでは、社会基盤を担う建造物の建設技術と自然環境の保全技術に関する高度な知識を有し、問題探求・解決能力、計画・企画力および実行力を身につけるとともに、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、建設創造システム工学の創造的展開に貢献できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に組織的・系統的なハードウェアとソフトウェア系を対象としたシステム工学に関わる能力を身につけさせる。
  4. 社会基盤を構築する各種施設・構造物の設計や施工、保全・補修に関する力学的理論と環境エネルギー工学の基礎を身につけさせるとともに、工学技術が環境に及ぼす影響を理解し、かつ最新の情報システムと環境システムを融合した高度な知的力学システムを独創的に創造できる能力を涵養させる。
  5. 社会基盤を構築する各種施設・構造物の設計・施工・維持や、人間社会が環境に及ぼす影響の評価とその緩和に関する基礎的及び実践的なテーマ設定のもとに、課題演習・調査・実験を遂行し、対象とする現象への理解を深めるとともに、問題抽出・解決能力ならびに創造性を高めさせる。さらに、修士論文の作成と公聴会を通じて、論理的表現能力と情報発信能力を高めさせる。

 

(博士後期課程)

建設創造システム工学コースでは、社会基盤を担う建造物の建設技術と自然環境の保全技術に関する高度かつ広範な知識を有し、指導的な立場から問題を解決するのみならず自ら問題を探求・設定する能力を身につけるとともに、豊かな人格と教養及び自発的意欲を模範的に示し、建設創造システム工学を独創的に創造できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深めさせる。
  5. 社会基盤を構築する各種施設・構造物の設計や施工、保全・補修に関する高度な力学的理論と専門的な研究手法と、環境エネルギー工学の基礎知識に基づき工学技術が環境に及ぼす影響を考慮しながら建設工学に関わる先駆的な学術研究を推進・展開する能力を身につけさせるとともに、最新の情報システムと環境システムを融合した高度な知的力学システムの創造を指導的な立場から推進できる能力を涵養させる。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

機械創造システム工学コース

 

(博士前期課程)

機械創造システム工学コースでは、基礎的知識である力学的理論を学習した上で、豊かな人格と教養及び自発的意欲を持ち、機械創造システム工学を独創的に創造できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に組織的・系統的なハードウェアとソフトウェア系を対象としたシステム工学に関わる能力を身につけさせる。
  4. 機械工学科に関する学部教育で培われた専門基礎能力を基に、専門性を一層向上させると同時に、職業倫理など人間性の涵養に努めるカリキュラムを編成する。また、機械工学とは異なる専門分野の学士課程を修めた大学院生に対して、必要な科目の学修を可能とするカリキュラムを編成する。
  5. 機械創造システム特別演習を通して、機械工学に関する特定分野に関する理解を深めさせ、それに基づき機械創造システム特別研究を行うことにより、創造的思考力をもって課題を深く探求する能力を養成する。

 

(博士後期課程)

機械創造システム工学コースでは、機械工学に関する高度の専門知識と研究能力を有する創造的な技術者・研究者を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深めさせる。
  5. 機械工学に関する専門性を更に深化・発展させるとともに、周辺分野との学際的な専門知識を有する創造的技術者・研究者を養成する。また、プロジェクトリーダーとして研究開発を主導できるコミュニケーション能力やリーダシップを有し、創造的に問題解決を成し遂げることで豊かで健全な社会の構築に貢献するとともに、高い倫理感を涵養する。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

物質生命システム工学専攻

化学機能創生コース

 

(博士前期課程)

化学機能創生コースでは、化学及び化学技術に関する幾つかのことを深く探求し、その成果を社会に還元させることにより産業界の要請に応えることのできる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 問題分析過程において、問題点を明確に表現し伝えるコミュニケーション能力、地域社会を含む産業界の活性化に貢献する能力、および豊かで健全な国際社会を構築するための国際交流に積極的に寄与できる能力を養成する(学習・教育目標のDおよびEに対応する総合科目および企業関連の総合科目の履修により実施)。
  2. 環境に与える化学及び化学技術の影響を具体的に把握する能力を養成する(化学環境工学特論、生物環境工学特論、環境システム工学特論の履修により実施)。さらに、環境工学履修モデルの学生には、その課程を修了させることで、高度環境工学技術者としての能力を養成する(他コースの環境関連科目の履修により実施)。
  3. 物質創生の基礎としての化学分野を、幅広くその周辺領域-物理学や生命科学等-も含め、深く理解し応用させることのできる能力を養成する(学習・教育目標のAに対応する総合科目・専門科目の履修により実施)。
  4. 化学物質の創製を、人間や自然環境への影響とそれを評価するシステムを考慮しながら進展させることのできる能力、および現代社会が直面する種々の問題を主として化学的な視点から分析し、解決する能力を養成する(学習・教育目標のBおよびCに対応する専門科目からの選択履修により実施)。
  5. 化学および化学技術に関する特定分野とそれに関連する分野を統合的に理解し、その分野に応じた研究手法を用いて、創造的思考力をもって深く探求することができる能力を養成する(化学機能創生輪講及び演習、化学機能創生特別実験1、化学機能創生特別実験2の履修により実施)。

 

(博士後期課程)

化学機能創生コースでは、化学及び化学技術に関する新しい原理、方法、現象等の探求を通じてその成果を更に高度に発展させることに興味を持ち、将来、国際的、学際的な研究プロジェクトの中核となる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 問題分析過程において、指導的立場で、問題点を明確に表現し伝えるコミュニケーション能力、地域社会を含む産業界の活性化に指導的立場で貢献する能力、および豊かで健全な国際社会を構築するための国際交流に指導的な立場で寄与できる能力を養成する(学習・教育目標のDおよびEに対応する総合科目および企業関連の総合科目の履修により実施)。
  2. 環境に与える化学及び化学技術の影響を指導的立場で具体的に把握する能力を養成する(資源エネルギー変換特論の履修により実施)。
  3. 物質創生の基礎としての化学分野を、幅広くその周辺領域-物理学や生命科学等-も含め、深く理解し応用させるだけではなく、新たな分野を構築することのできる能力を養成する(学習・教育目標のAに対応する総合科目・専門科目の履修により実施)。
  4. 化学物質の創製を、人間や自然環境への影響とそれを評価するシステムを考慮しながら指導的立場で進展させることができる能力、および現代社会が直面する種々の問題を主として化学的な視点から指導的立場で分析し、解決する能力を養成する(学習・教育目標のBおよびCに対応する専門科目からの履修により実施)。
  5. 化学および化学技術に関する高度に専門的な研究手法を用いて、新しい原理、方法、現象等の探求を行い、さらに高度に発展させる能力を養成する(化学機能創生特別演習、化学機能創生特別研究の履修により実施)。

 

生命テクノサイエンスコース

 

(博士前期課程)

生命テクノサイエンスコースでは、国際的視野と生命倫理の観点から先端的生物工学の知識を技術、製品開発に活かし、国内外で活躍できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に物質循環、化学物質、そして生物多様性の保全や環境問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。
  4. 生命の優れた機能と構造を科学的に解明し、産業に応用するための生物工学分野を周辺領域も含めて深く理解し、応用させる能力を「微生物工学特論」、「酵素学特論」、「分子生物工学」、「生化学特論」等により修得させる。
  5. 生命科学の最新の専門的研究手法を用いて社会的ニーズの解決を図るともに、その過程で開発した技術等をさらに高度に応用・発展させ、またそれを社会に発信する能力を「生物テクノサイエンス特別実験」等で培い、「修士論文」において研究成果として結実させる。

 

(博士後期課程)

生命テクノサイエンスコースでは、世界をリードする生物工学、生命科学の研究、技術開発を行い、環境、医薬、化学エネルギー、食糧生産の分野での諸問題を生物工学により解決し、国際的に活躍できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深めさせる。
  5. 生物工学領域の高度な専門的知識を理解し、それを最先端技術開発や社会・環境の保全・創造に活用する能力を養わせるとともに、学会発表・原著論文作成・特許申請等を通じて研究成果を広く世界に発信し、国際的かつ学術的な研究プロジェクトを推進できる能力を「微生物分子論」、「酵素機能工学」、「生体機能工学」、「分子病源微生物論」等により修得させる。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

システム創生工学専攻

電気電子創生工学コース

 

(博士前期課程)

電気電子創生工学コースでは、電気電子工学に関する課題を、幅広い視野と論理的な思考で解決し、地域社会、国際社会に貢献できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に組織的・系統的なハードウェアとソフトウェア系を対象としたシステム工学に関わる能力を身につけさせる。
  4. 電気電子工学に関する深い専門知識と先端技術に関する科目を設置し、専門分野の深い理解力をもつと同時に幅広い分野にわたる学識を有する高度技術者を養成する。
  5. 修士論文に関連した実験研究を学生による主体的学修と個別指導による研修方式で、『電気電子創生工学特別実験1・2』とし、課題設定能力や問題解決能力に関する高い能力を養成する。

 

(博士後期課程)

電気電子創生工学コースでは、デバイス、エネルギー、電子回路、システム等の技術を統合した電気電子システムを創生することのできる総合的な人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深めさせる。
  5. 電気電子工学に関する高度な専門知識を教授する専門科目を設置し、専攻分野において国際水準の研究を実施できる技術者を養成する。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

知能情報システム工学コース

 

(博士前期課程)

知的情報システム工学コースでは、知能情報工学の技術者としての標準的水準の能力を持ち、広い視野と自律的に行動できる能力を持つ国内外の社会に貢献できる人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に組織的・系統的なハードウェアとソフトウェア系を対象としたシステム工学に関わる能力を身につけさせる。
  4. 学部教育で培われた専門基礎能力を応用し、専門性を一層向上させることができる専門応用能力を身につけさせる。また、創造性の育成を目指したチームによるプロジェクト達成型の創成科目「知能情報システム工学輪講および演習」により、単に創造性のみならず、チームによるプロジェクト達成にとって不可欠となるコミュニケーションならびに自己学習などの能力を身につけさせる。
  5. 1年次の後半に実施している学内ポスター発表会における研究内容を発表させる。また、在学中に少なくとも一回、国内外の学会にて研究発表をさせる。修士研究においては、与えられた研究テーマについて2年間を通して研究を行い、口頭発表を最終試験として実施することで、これまで学んだ最先端の専門的知識・技術を活用し、専門性と創造性の視点を生かしながら課題解決力や研究開発力を身につけさせる。

 

(博士後期課程)

知能情報システム工学コースでは、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の技術を統合した知能情報システムを創生することのできる総合的な人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深める。
  5. 専攻分野において国際水準の研究を実施できるように、社会での実応用を意識した実践的な専門応用技術を身につけさせる。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

光システム工学コース

 

(博士前期課程)

光システム工学コースでは、光技術の専門家として国際的に通用する活力のある自立的な人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、正しい倫理感を持たせ、総合的判断力・応用力・課題探求力を身につけさせる。さらに地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 各専攻における共通的な科目群を設定し、専門性と幅広い分野にかかわる問題点の存在を認識できる能力を身につけさせる。専門性との関係を意識しながら、専攻を横断する広い視野を養わせる。特に組織的・系統的なハードウェアとソフトウェア系を対象としたシステム工学に関わる能力を身につけさせる。
  4. 光応用工学分野の基礎知識を活用しつつ、幅広く環境問題を工学的・技術的に解決できる高度サステナブル社会の構築に資する能力を身につけさせる。
  5. これまでに学んだ専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、質の高い研究論文を作成させる。

 

(博士後期課程)

光システム工学コースでは、デバイス、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の技術を統合した光応用システムを創生することのできる総合的な人材を養成することをめざし、以下のようなカリキュラムを編成している。

 

  1. 多様な分野の科目を履修させることで、学問の高度化と総合化をはかる。地域企業の活性化、ベンチャー企業の立ち上げができる能力、実践的な英語力やプレゼンテーション能力を高めさせて、国際や実社会で活躍できる能力を身につけさせる。
  2. 持続可能な社会システムの構築に向けての環境保全の分野と省エネ、再生可能エネルギー、CO2削減等の環境エネルギーの分野の知識を身につけさせる。
  3. 自身の専門領域以外に関する演習を行なうことで、他の領域からの視点や方法論などを 学ばせ、幅広い知識を身につけさせる。
  4. 博士論文に関連の深い分野の演習を行なうことで、専門性を深めさせる。
  5. 光応用工学分野の基礎知識を活用しつつ、幅広く環境問題を工学的・技術的に解決できる高度サステナブル社会の構築に資する能力を身につけさせる。
  6. これまでに学んだ2つ以上の専門性と幅広い分野にわたる知識を生かし、国内外で認められる質の高い研究論文を作成させる。

 

最終更新日:2017年4月11日